映画『岸辺の旅』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「岸辺の旅」のネタバレあらすじ結末

岸辺の旅の概要:3年前、不意に失踪した夫がある日突然、妻の元に戻って来る。自分はもう死んでいると言う夫に誘われ、妻は彼と旅に出る。優しく穏やかな生活を続け、夫が旅をする理由を次第に理解して行く妻。さよならを言う為の旅を描くヒューマンドラマ。

岸辺の旅の作品概要

岸辺の旅

公開日:2015年
上映時間:128分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:黒沢清
キャスト:深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美 etc

岸辺の旅の登場人物(キャスト)

薮内優介(浅野忠信)
歯科医師。3年前、不意に失踪。ある日突然、戻って来て自分はもう死んでいると話し、妻を旅に誘う。穏やかな性格であるが、どこか神経質な面も垣間見える。
薮内瑞希(深津絵里)
子供向けのピアノ講師をしている。清楚で穏やかな性格であるが、一生懸命で可愛らしい面もある。夫に誘われて旅に出る。
島影(小松政夫)
とある町で新聞配達を営む男性。自分が死んでいる事を自覚しておらず、生前と同じ生活を続けている。
星谷薫(奥貫薫)
死者である夫に付き添って町でフラフラ彷徨っていたところを、優介に助けられて家へ戻る。夫を見捨てられずにいる。

岸辺の旅のネタバレあらすじ

映画『岸辺の旅』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

岸辺の旅のあらすじ【起】

薮内瑞希は子供にピアノを教えて細々と暮らしていた。3年前、歯科医師であった夫の優介は不意に姿を消して行方知れず、どんなに探しても見つからなかった。ある日の夜、夫が好きだったゴマ団子を作った。ふと、気付いて振り向くとそこには優介の姿が。3年間、ずっと探していた彼は、何の違和感もなくそこに立っていた。優介にゴマ団子をご馳走する。彼は瑞希に、自分が富山の海に沈んで死んだ事を話した。死体は海底で、蟹に食われてもうなくなっている。ずっと旅をして、ようやく戻って来たと話す。俄かには信じられない話だった。

次の日の朝、瑞希は昨日の出来事が夢だったのだろうと思う。だが、キッチンには彼が食べた後の皿が残っていたし、振り向くと夫が床に座っていた。夢ではなかったのだ。優介は突然、旅に出ようと言う。瑞希が稲荷神社に奉納すべく書いた100枚の祈願書を持って、2人は旅に出る。帰りたくなったら、祈願書を焼けばいい。そう言って。

電車でとある町へ到着。そこで優介が世話になった島影という人物を見つける。島影は新聞配達を生業としていたが、優介と同じ死者らしい。しかも、自分が死んだ事を理解しておらず、今までと変わらない生活をずっと続けていた。夫婦は気のいい島影の手伝いをしながら、再びお世話になる事になった。

事務所には古めかしいPCがあった。近頃調子が悪いらしく、優介はPCの修理を始める。瑞希は彼らの食事の世話をしながら、島影と親しくなった。島影には花の写真を切り抜く趣味があり、瑞希もそれを手伝う。PCは修理しても、もう使えないらしい。優介の言葉に島影は深く頷き、送別会のようなものをしようという事になった。

その日の夕方、すき焼きの準備をしていると、島影がやって来て鍋を指さし、急に嘆き始める。島影は昔、この鍋を投げて妻の頭に当てた事があるらしい。思わぬ告白に瑞希はやめようかと聞くが、優介は首を横に振って走り去った島影を追いかけた。

岸辺の旅のあらすじ【承】

公園のベンチで酒を煽る島影を見つけた優介。島影は近頃、呼ばれている気がすると言う。酔っ払った彼を背負い、帰路につく。ベッドに寝せて、壁を見上げた途端。夫婦は感嘆の声を上げた。部屋の壁一面に、切り抜いた花がぎっしりと貼りつけられていたのだ。それはとても、美しい光景だった。

次の日の朝、建物の様子が一変している事に気付く瑞希。何年もの間、放置されていたかのように、降り積もった埃と荒れ果てた室内。窓は割れ、枯れ葉が舞う廊下を進み、島影の部屋へ。そこも同じような様子で、彼の姿はもうどこにもなかった。

電車で次の場所へ向かう夫婦。食堂を営む夫婦の元で、手伝いをしながらお世話になる。家では一切やらなかった料理をする、優介の意外な一面を見た瑞希。ここの夫婦は死者ではないらしいが、金のない優介を働かせてくれた優しい人達だった。

瑞希はこの町に2人で住みたいと思ったが、叶わない願いなのだろう。食堂の2階で宴会をする事になり、食堂の奥さんに連れられて、瑞希は2階の片づけを手伝う。広い大部屋には古いピアノがあった。瑞希はそこで『天使の合唱』という楽譜を発見し、弾いてみる事にした。すると、ピアノを聞いて飛んで来た奥さんに酷く叱られる。奥さんには8つも歳が離れた妹がいた。妹は病気ですでに亡くなっているらしいが、よくピアノを弾いていたと言う。妹に酷い事をしたと泣く奥さんの前に、その妹が姿を現す。瑞希は妹にピアノを弾くよう促した。アドバイスをすると、妹は滑らかにピアノを弾いて笑顔を見せた。そうして気付くと、妹は姿を消していた。

荷物をまとめ、食堂の夫婦の元を笑顔で去る。次の場所へ向かう優介と瑞希。瑞希はこの旅の意味を少しずつ理解し始めていた。バスの中で優介が瑞希の鞄から1通の葉書を見つける。差出人は優介の浮気相手だった。2人は口論となり、瑞希は怒って夫を置き去りにし、家に帰った。

岸辺の旅のあらすじ【転】

瑞希は優介の浮気相手を訪ねる。同じ病院の事務をしている女性だった。病院での登録更新について話した後、優介の事について話をする。すると、事務員の女性は自分も既婚者なので、瑞希の気持ちが分かると言う。笑顔を見せた女性に衝撃を受けた瑞希。自宅へ戻りむしゃくしゃしたまま、家の片づけをする。急に思い立って優介が好きな団子を作って待った。

しばらくして、優介が姿を現す。瑞希は彼が自分の元へ戻って来た理由が分かった気がした。熱い抱擁を交わし、旅を再開する。次の場所は山奥の農家だった。優介はこの村で村人に授業を行っていたようだ。農家である星谷の家でお世話になる。

早速、集まった村人に対し授業を始めた優介。今回は光の質量についてだった。熱心に話を聞く村人達。そんなある日、ススキの原っぱで星谷の嫁である薫を見つける。ウズラを探していたらしい。彼女の息子の弁当を代わりに渡す事にした瑞希。息子はよく夫婦滝という滝を見に行っていると言う。意味深な笑みを見せる薫。

息子はやはり、滝を見に来ていた。滝つぼには洞窟があって、そこは死者の通り道になっているらしい。あの世と繋がっていると言うのだ。それなら、優介もここから来たのかと呟く瑞希に、優介は薫と町から来たと息子が話した。

星谷の家の手伝いをしながら、瑞希は星谷の祖父から話を聞く。薫の夫は祖父と口論になり、家を出て行ったまま風邪をこじらせて亡くなったらしい。薫は子供を置いて、1人で夫の骨を拾いに向かったが、それっきり戻って来なかった。それがある日、優介とひょっこり帰って来た。それが2年前の話。薫はそれ以来、すっかり腑抜けてしまった。

優介は薫と出会った時の事を瑞希に語る。薫よりも問題は死んだ夫の方だと話す。優介が会った時、死者である夫はすでに存在が崩れかけていたと言う。妻である薫に執着する夫から助ける為に、優介は薫を連れて帰ったのだった。

岸辺の旅のあらすじ【結】

瑞希は日々、優介を見守り続けた。手に力が入らなくなったら、彼も消えてしまう。島影もそうだった。少しずつ、優介の手が動かなくなる。瑞希は最愛の夫との別れを意識し始める。長閑な農村を眺めて、穏やかな日々を送っていく。

そんなある日、息子から薫が知らない男と歩いていたと聞いた優介と瑞希。山へ向かう。そこには薫と死者の夫がいた。薫を追って来たのだろう。もう自分の故郷ですら覚えていない。目も見えなくなり、性根も腐ってしまった男の末路は酷いものだった。黒ずんでいく体。耳も聞こえなくなり、男は死にたくないと叫びながら消滅した。

身体中が痛いと話す優介はその後、村人達に最後の授業を行う。最後の授業は宇宙の始まりについてだった。生まれて来て本当に良かったと語る優介。身体に力の入らなくなった夫を献身的に支える瑞希。その夜、夫婦は熱く体を重ねる。

朝、瑞希が書いた祈願書を眺めていた優介から、瑞希はマッチを受け取る。帰る時はこれを燃やす約束だった。夫婦はバスを乗り継いで、海へ向かう。2人で転んだ拍子に笑い合った。そこから見える景色を眺め、ここよりも綺麗な場所に行くと言う優介。瑞希は泣きながら引き止めるが、優介は黙したまま。ちゃんと謝りたかったと言う夫を、瑞希は笑顔で許して再会を誓い合った。そうして、最愛の夫優介は姿を消した。

瑞希は約束通り、泣きながら100枚の祈願書を燃やし、荷物を持って元の生活へ帰って行った。

Amazon 映画『岸辺の旅』の商品を見てみる