映画『清須会議』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「清須会議」のネタバレあらすじ結末

清須会議の概要:数々の名作を世に送り出してきた三谷幸喜が、今回も超豪華俳優陣を引き連れてスクリーンに帰ってきた!今度三谷幸喜が手がけるのは時代劇!?監督が新たな視点から描く戦乱の時代とは。三谷幸喜ワールド再び。

清須会議の作品概要

清須会議

公開日:2013年
上映時間:138分
ジャンル:時代劇、コメディ
監督:三谷幸喜
キャスト:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市 etc

清須会議の登場人物(キャスト)

柴田勝家(役所広司)
非常に強大な権力を持つ重鎮。秀吉にとって最も危険な相手。
羽柴秀吉(大泉洋)
その類稀なる頭脳で大出世を果たした男。信長に代わり天下を狙う。
織田信雄(妻夫木聡)
信長の次男。周りから「大うつけ」と称される。
織田信孝(坂東巳之助)
信長の三男。身分の低い母を持つことが足かせとなっている。
三法師(津島美羽)
亡き信忠の息子。とあることから秀吉に目をつけられる。
お市(鈴木京香)
信長の妹。夫と息子を殺した秀吉を憎んでいる。
松姫(剛力彩芽)
武田信玄の子供で、三法師の母。
織田信長(篠井英介)
かつて第六天魔王として世を震撼させた人物。
織田信忠(中村勘九郎)
信長の長男。本能寺で最後まで戦い抜いた。

清須会議のネタバレあらすじ

映画『清須会議』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

清須会議のあらすじ【起】

日本全土にその名を知らしめ、天下統一に最も近いとされていた男、第六天魔王織田信長。しかし、その織田信長も家臣であった明智光秀の裏切りにあい道半ばでその生涯を終えたのだった。さらに明智光秀を織田の部下であった羽柴秀吉に討たれる…という世は混乱の真っ最中。

そんな中、織田信長の後継者を選ぶための評定が開かれることとなる。本来後継者の筆頭にあがる筈である長男の信忠は、本能寺の変で信長と共にその短い生涯を終えていた。そのため、候補に挙がっているのは柴田勝家が推薦する信長の三男、信孝、そして羽柴秀吉が推す次男、信雄である。

しかし彼らにはそれぞれ大きな弱点があった。次男の信雄は周りから「大うつけ」と称されている人物で、人をまとめていく器、人柄に問題があるとされていた。一方の信孝は信雄と比べると人間のできた人物であったが、しかし彼の母親は身分の低い女性だった。つまり、家柄に問題があったのである。

清須会議のあらすじ【承】

いがみ合っている勝家と秀吉であったが、実は彼らは同じ人物に心を寄せていた。その女性の名前はお市、信長の妹にあたる人物である。しかし、お市はそのどちらからのアプローチにもふりむくことはなかった。お市は以前浅井政長という人物と結婚していたが、息子の万福丸と共に夫を秀吉に殺された過去があった。お市はそのことを決して忘れず、長年秀吉に恨みを抱いていたのだった。

そこでお市は、此度の評定で田舎者と馬鹿にしているものの、勝家側につくことを決意する。しかし、秀吉はその類稀なる頭脳でこの地位まで登りつめてきた人物である。秀吉は黒田官兵衛や信長の弟など次々と味方をつけ、評定に臨むのであった。

そしてとうとう、評定、通称「清洲会議」が始まった。するとなんと、秀吉はその場で信雄ではなく、三法師という子供を後継者に推すのであった。三法師とは、信長の今は亡き長男、信忠とかの有名な武将、武田信玄の五女にあたる松姫との間に生まれた子供である。

清須会議のあらすじ【転】

秀吉が信雄ではなく三法師を後継者に選んだことには理由があった。実は織田信長はその死の前に、長男である信忠に家督を継いでいたのだった。そして家督を継いだ信忠が亡くなった今、ならわしではその家督は信忠の血を引く三法師に引き継がれることが道理なのである。そしてさらに、信忠の後見人を信孝に定めることで、信忠が家督を継ぐことは実質不可能になったのである。

全ては秀吉の思惑通りに進み、清洲会議は幕を閉じるのであった。しかし、この結果に納得がいかない人物がいた。秀吉のことを誰よりも憎んでいるお市である。お市は、同じく秀吉のことを敵視している勝家に「秀吉を暗殺するように」と命を出す。

お市の命を受けた勝家はすぐさま手下の忍びに秀吉暗殺を言い渡すが、秀吉は一筋縄ではいかない人物である。いち早く自分が狙われていることを悟った秀吉は、なんと大胆不敵にも勝家の屋敷に忍び込み、灯台元暗し、見事暗殺から逃れてみせたのだった。

清須会議のあらすじ【結】

そして歴史に名を残す清洲会議が幕を閉じた翌日、会議に参加した参加者たちは次々と自分の国へ帰っていく。秀吉は想い人であるお市に挨拶に向かうが、そこで衝撃の事実を知ることとなる。なんと、お市と勝家が祝言を挙げるというのだ。決して、お市が勝家のことを好きになったからではない。ただ、秀吉にとって最も目の上のたんこぶである勝家と結婚することで、秀吉への復讐を果たそうと考えたのだった。

秀吉はお市と勝家を憎く思うが、それを表情に出さないのが秀吉である。秀吉は強い権力を持つ勝家を敵に回すことは得策ではないと考え、妻と共に勝家に土下座をする。そして、「これからもご指導ください」と下手に出るのだった。そんな秀吉の様子に、勝家も満足したように去っていく。

しかし、内心は勝家に対して良からぬ感情を持っている秀吉は、1年以内に勝家を打ち倒すことを決意するのだった。そして史実上、1年後の賤ヶ岳の戦いにて、決意通り秀吉はお市と勝家を死に追いやるのだった。

Amazon 映画『清須会議』の商品を見てみる