映画『恋の罪』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『恋の罪』のネタバレあらすじ結末

恋の罪の概要:2011年の日本のサスペンス映画です。本作は園子温が監督した映画で、人間の持つ欲望について色濃く描かれています。水野美紀や富樫真や神楽坂恵の三人の女優が、惜しげもなく裸体を晒して濡れ場に挑戦した映画です。

恋の罪の作品概要

恋の罪

公開日:2011年
上映時間:144分
ジャンル:サスペンス
監督:園子温
キャスト:水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉 etc

恋の罪の登場人物(キャスト)

吉田和子(水野美紀)
連続殺人事件を追う女刑事です。夫がいますが他の男と浮気しており、度々ラブホテルや自宅でその男との交わり合いに励んでいます。
尾沢美津子(富樫真)
安い金額で自分を売りまくっている謎の女です。化粧も気持ち悪く化け物みたいな風貌から、街でも有名人で変わり者と思われています。
菊池いずみ(神楽坂恵)
清楚で真面目な女性でいい妻を演じています。しかし内なる欲望があり、尾沢に誑かされて身体を売る娼婦の世界に巻き込まれます。

恋の罪のネタバレあらすじ

映画『恋の罪』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

恋の罪のあらすじ【起】

この街では連続殺人事件が起きていました。その事件を追う女刑事が本作の一人目の主人公です。主人公の吉田和子は優秀な刑事ですが、性に関しては奔放であり、だらしない女でした。夫がいる和子ですが、今日も出勤中に男と会っていました。会っていた場所はラブホテルで、和子は男とシャワー室で熱く絡み合っていました。和子は激しく後ろから男に突かれており、大きな声で喘いでいました。和子と男はスッキリするとホテルから出て行き、お互いの生活に戻って行きました。

そして和子は殺人事件現場に向かいました。この街では原因不明の連続殺人事件が起きており、和子はその事件の担当刑事でした。しかし一向に証拠も出ない事件にイラ立っていました。

一方、菊地いずみという女性がいました。彼女は清楚な女性で有名な官能小説家の妻でした。しかしその官能小説家は、酷く潔癖な完璧主義者であり、いずみの事をいつも苦しめておりました。いずみはそんな夫のいじめにも負ける事は無く、静かな態度で夫の言う事を聞いていました。

恋の罪のあらすじ【承】

いずみは夫を送り出すといつもホッとしていました。夫がいる家の空気は酷く息苦しい物であり、いつもいずみは緊張感を持って生活していました。しかし夫を送り出した後もいずみは気の抜く暇があまりありません。夫は重度の潔癖症なので、家中の掃除を毎日しなければならないのです。玄関から始まり、家の隅々まで毎日掃除しなくてはなりません。一度疲れていて掃除をサボってしまった時の夫の怒り様は、それはもう鬼の様な怒り方でした。

そんな夫の恐怖を知っているいずみは、毎日恐怖に脅えながら家の掃除をする毎日でした。今日も掃除を終わらせて夫の帰りを待っていると、夫はニコニコしながら帰ってきました。帰ってきた夫は辺りを見回しニッコリとしました。掃除の出来に満足したらしく、夫はいずみの頭を撫でました。頭を撫でられたいずみは嬉しそうに微笑み、夫の手をぎゅっと握りました。しかしその瞬間に夫は険しい顔になり、いずみの手を跳ね除けました。潔癖症の夫の手を握る事は厳禁だったのです。

恋の罪のあらすじ【転】

そんな夫の態度を見て、いずみはいつも深く傷付いていました。しかし夫はそんないずみの事をいつも疎ましく思っており、嫌そうな顔をしながら部屋に戻って行きました。そして性交渉すら無い夫婦の一日は毎日終わるのでした。いずみは毎日そんな日々の事を日記に書いていました。今日会った嫌な事や思った事をつらつらと書き連ねるのです。しかし大体は毎日同じ事の繰り返しなので、日記は短い物になってしまいます。いずみの一日は毎日その繰り返しでした。

そんなある日、いずみは何か違う事がしたくなりました。変装をして街に出かけてみようと思ったのです。いずみはキツい化粧をして、普段着ない様な服装で街に出かけました。街に出ると様々な男達がジロジロといずみを見てきました。それもその筈で、いずみは胸元を大きく開いた色気の凄い服装をしていたのです。胸の谷間を強調したその服装は、男を引き寄せるにはあまりにも簡単な格好でした。しかし見知らぬ男と交わる気の無いいずみは、男達の誘いには一切乗りませんでした。

恋の罪のあらすじ【結】

そんな風に毎日の様にセクシーな格好をして街に繰り出していたいずみは、尾沢美津子と言う女性に出会いました。その女性は、昼間は大学の教授をしていますが、夜は街に繰り出し身体を売っている自由奔放な女性でした。いずみはそんな生き方に感動し、美津子と共に身体を売りに夜な夜な街に繰り出すようになります。しかし美津子には秘密があり、実はいずみですら身体を交わらせた事の無いいずみの夫と、度々身体を交わらせていたのです。いずみはその事実を知り、怒り狂いました。

いずみは美津子を絞め殺し、身体をバラバラに切り刻み廃棄しました。そして、そのままいずみは蒸発しました。いずみの夫も帰ってこない妻に無関心で、そのまま時は過ぎていきました。和子は夫との暮らしにも愛人との暮らしにも疲れ、全て投げ出しました。事件の事も調べる気の無くなった和子はなんとなくガムシャラに街を走り始め、走り疲れるとそのまま立ち止まり大きく溜め息を吐きました。

Amazon 映画『恋の罪』の商品を見てみる