映画『心が叫びたがってるんだ。』あらすじネタバレ結末と感想

心が叫びたがってるんだ。の概要:少年少女の揺れる感情を捕らえた青春ドラマ。声の出演は水瀬いのり、内山昴輝、雨宮天。「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の長井龍雪監督の2015年日本アニメ。

心が叫びたがってるんだ。 あらすじネタバレ

心が叫びたがってるんだ。
映画『心が叫びたがってるんだ。』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

心が叫びたがってるんだ。 あらすじ【起・承】

桜の季節だった。おしゃべりで夢見がちな少女、成瀬順(水瀬いのり)は、山の上にあるお城(実はラブホテル)に憧れていた。

ある日、お城(ラブホテル)から出ていく車に順の父(野島裕史)が知らない女性と乗っているところを目撃してしまう。何も知らない順が、母親にその話をしたために、家族は崩壊。

ほどなくして、父は不倫相手と暮らすため、家を出て行ってしまった。それからは、保険のセールスレディをする母親(吉田羊)と2人暮らしをすることに。

別れた父から、“お前は本当におしゃべりだな!”と言われ、両親の離婚原因となった自分の行動を責め続けた。
そんな成瀬の前に、玉子の妖精(内山昇輝)が現れ、“おしゃべりを封印しないと、大変なことになるぞ!”と脅され、しゃべるとお腹が痛くなる呪いがかけられてしまう。

そんな順も高校生になった。相変わらず、何もしゃべらない暗い少女と学校で思われていた。2年2組では、毎年行われる“地域交流会”について中心となって動いてくれる実行委員を決めることに。

その朝、坂上拓実(内山昇輝)は、玉子を拾った。イースターエッグのように絵付けされた玉子を神社に奉納して祈るらしい。その玉子の神様は、おしゃべり好きな神様だという。

2年2組では、担任で音楽教師の三島樹(村田太志)が、実行委員の人選を勝手に決めてしまう。選ばれたのは、坂上拓実、成瀬順、仁藤菜月、田崎大樹の4人。

成瀬は、必死に声を出そうとするが、言葉にならない。そのため、放課後、音楽室にいた三島先生にメモで“実行委員を辞退させて下さい。”と直訴するのだった。

偶然にも、音楽室でアコーディオンを弾きながら歌っていた坂上は、“俺も実行委員無理です”と先生に言うが、逆に先生から、“ミュージカルをするのはどうだ?”と提案されるのだった。

ファミレスで実行委員の3人は会うが、偶然、居合わせた野球部に後輩たちの悪口を聞いてしまう。

その悪口を聞き、実行委員の1人、仁藤菜月(雨宮天)は、“言いたいことがあれば言えばいいのに・・”と呟く。

心が叫びたがってるんだ。 あらすじ【転・結】

家の近くの神社で、坂上は、しゃべらない女の子、成瀬から携帯のメールを通じて、“私、おしゃべりするとお腹が痛くなるんです!”と言われた。

“それなら、歌ってみるのはどう?”という、坂上の提案を受け入れた成瀬は、自分の想いを文章にし、歌を綴ってゆく。
実際に唄ってみると、お腹の痛みはなく大丈夫なようだ。

実行委員会のメンバーが中心となり、出し物を決める話し合いが行われた。前回の会議にも欠席した野球部の主将でもある田崎大樹(細谷佳正)は、相変わらずやる気がない。

そんな態度を見て、坂上は、ファミレスで野球部の後輩が言った悪口をばらしてしまう。そのため、2人はケンカになってしまう。

帰り道。怪我で休部中の田崎と仁崎は駅で会った。田崎に、“お前も付き合えよ。あの山のお城に行かないか?”と誘われた仁崎は、“何を言っているの!”と怒った。

そのラブホテルは既に潰れてしまっていたのだが、田崎が本当に聞きたかったのは、仁崎と坂上の関係だった。2人は中学の時に付き合っていたという。

一方、成瀬は自宅に独りでいた。帰りが遅い母親の代わりに町内会費を払ったのだが、母親から勝手なことはしないでほしいと言われてしまう。

成瀬は、自分の想いを歌に込めて作った詞をメールで、坂上に送った。
“私の言葉を歌にして下さい”と。

坂上はピアノが上手で、父親の音楽コレクションを聴いて育ったためにクラシックやジャズの音楽センスもあった。

坂上の家に遊びに行った成瀬は、ピアノを弾く坂上の姿に感動するのだった。
そして、彼もまた親の離婚で悩み、祖父母のもとで暮らしていることを知った。(父親は年に数回、帰ってくるらしい。)

DTM研究会。坂上の友人2人も、音楽について協力してくれると言う。その後、4人はファミレスで、ミュージカルの内容について話し合う。

ところが、ファミレスにまた野球部の後輩部員が来て練習をサボっていたのだ。坂上たちが偶然、野球部主将の田崎に不満を漏らすのを聞く。
“消えろ!なんて簡単に言うな!”と坂上は怒り、成瀬も声を出してしまう。

成瀬はしゃべったため、お腹が痛くなり病院へ。母親は駆けつけるが、娘に失望しているせいか、“もう疲れた・・”と頭を抱えてしまう。
そんな母親の姿に、坂上は、“成瀬も頑張っているんです!”と伝えるのだった。

帰り道。坂上と仁藤は中学時代に付き合っていた頃の話をした。
“中学の時、坂上君が大変なのに、私は何も出来なかった・・”と悔やむ仁藤。
“俺は、つまらない自分に納得していたんだ!”と坂上も振り返った。

実行委員を中心とした話し合いの2回目。田崎も参加をし、クラスを巻き込んでミュージカルをすることに決定した。物語は、ヒロインが罪を犯し処刑台で殺されるシーンもあるブラックファンタジーだ。坂上は王子役を演じることに。

ベートベンの「悲愴」に乗せて、♪心が叫ぶ・・伝えたいことあった気がする~とちょっと寂しいメロディで歌ってみた。なかなか良い。

またラストシーンは、♪虹の彼方にともう1つ別のメロディを乗せるという2種類の演出で歌うことに決まった。
ピアノを弾く坂上を見て、田崎は“みんな得意な分野があって羨ましいよ”と呟く。

地域交流会の前日。「青春の向こうすね」と題されたミュージカルの最終リハーサルも無事終わった。野球部のみんなも片付けを手伝ってくれ、その合間に坂上と仁藤は2人っきりになった。

“仁藤って、付き合って奴いるんだってな?”
“来ないで・・(なぜか泣いている?)成瀬さんの事、好きなんでしょ?”
“気にかけているから・・応援したいだけ”
“ピアノ、また聴けてうれしかった”

だが、この2人の会話を成瀬に聞かれて、誤解されてしまう。この時、成瀬は、お腹ではなく胸の痛みを感じていた。

やがて、成瀬の前に玉子の妖精が現れて、“心がおしゃべりすぎるんだ!そんなお前はスクランブルエッグだ!”と呪いの言葉を言い放つ。

地域交流会当日。雪が降り始めていた。もうすぐ、2年2組のミュージカルが開演するというのに成瀬は学校を休み、連絡も取れない。
坂上にメールで、“ヒロインはできません”というメッセージが送信されただけだった。
坂上は、成瀬を救うため、みんなに“俺に探させてほしい”と頼む。
2人が舞台に戻るため、ヒロインは仁藤が務めることに。

廃墟になった、丘の上のラブホテル。坂上への恋心に揺れる成瀬は気持ちを表現することができなくて、独りの世界に沈んでいた。

ラブホテルの1室で、成瀬を見つけた坂上は彼女の思いを受け止めてようと話を聞いた。
“もう戻れない・・私の王子様はいないから”という成瀬に、“玉子なんて、最初からいないだろ!”と反論するのだった。

互いに本音を吐き出す、2人。ついに成瀬は坂上に好きだという気持ちを打ち明けるが、坂上は“俺、好きな人がいるから”と断るのだった。

ミュージカルの最終場面。坂上と成瀬は学校に戻ってきた。舞台では、“私の声、さようなら”と言い、罪を犯したために声を失う場面が仁藤によって演じられていた。

“心の声”が舞台に出てきて、一緒に歌うという演出にして、ようやく“心の声”役として成瀬が登場した。
♪あなたの名前・・叫び出す~と2部合唱で2人はハモッて歌うのだ!

娘の成長した姿に涙する、成瀬の母親。舞台は大成功した。その後、実行委員で玉子役を好演した田崎が、成瀬に告白すると言う。

そんな田崎を見守る、坂上と仁藤。坂上は、仁藤にもう一度想いを告白しょうとするのだが、“田崎君に便乗しょうとしているみたいで・・嫌。今度、聞くから”と恥ずかしがるのだった。

心が叫びたがってるんだ。 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:青春、ミュージカル、ラブストーリー、アニメ
  • 監督:長井龍雪
  • キャスト:水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正 etc

心が叫びたがってるんだ。 批評・レビュー

映画『心が叫びたがってるんだ。』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

青春アニメの傑作!ミュージカルに託す想いを聞け!

王子様を夢見るけど、ある事をきっかけに話すことを封印した少女と、本音を話すことを諦めてしまった少年の出会いが、ミュージカルという作品で輝くストーリーです!

高校生だからまだメルヘラ少女でも許せるけど、これが大人の女性だったらと思うと怖い設定ですが、本音も嘘も紙一重。危うい糸でつながっている感じや青春特有の恋愛模様なども織り交ぜて語られてゆくのがたまらない。

特に、王子様役である少年坂上拓実が、ピアノを弾くシーンとミュージカルシーンがいい。音楽を通して、心が解放されてゆく過程を楽しむことができます。

心を閉ざすと周囲も冷たくなってしまう。主人公の成瀬順と母親の関係にも注目です。
それぞれの関係が繊細に語られているので、どの子にも共感できると思います。

反対に玉子の神様という設定が心のかせになっていますが、安易な設定だなと思いつつも坂上拓実と声の出演が同じ点にドキリとします。この映画を観れば、いつもは退屈な文化祭や地域の行事に対しても、真剣にやってみようかという気持ちになるかもしれません。

声優、水瀬いのりに恋する時間

本作のヒロインを演じている、水瀬いのりは20才。2010年に「世紀末オカルト学院」でデビューをした新人声優です!

NHKドラマ「あまちゃん」に成田りな役で出演したこともあり、声優以外の活動(歌手)でもよく知られています。

彼女を一躍人気にした作品が「ご注文はうさぎですか?」のチノ役です!私も大好きな作品なのですが、幼い女の子役がよく似合います。ツンデレな性格の中学生を演じているのもポイント!

また代表作には、「4月は君の嘘」や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」等があり、これからも活躍が期待できそうです。
最新アニメ作品は、2015年4月に放映された「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のヘスティア役です。大森藤ノ原作の人気作品でもあり、見逃せない!

心が叫びたがってるんだ。 感想まとめ

青春アニメを観て、“心が叫びたくなる”のは本作だけだと思います。人間関係に悩み、過去の行動に縛られて、私達は本当に伝えたいことを伝えることができない。
そんな、誰しもが抱える悩みに答えと勇気を与えてくれるのではないでしょうか。

特に主役を演じる水瀬いのりや王子様、坂上拓実役の内山昇輝など主要人物の好演が光っていて、こんな高校生活を送りたかったなぁと憧れも抱きます。

また成瀬の母親役で、吉田羊が出演しています。エンドロールを観ないと彼女が演じていたと分かりませんでしたが、さばさばした彼女の性格とは人物が合っておらず残念な感じがしました。

Amazon 映画『心が叫びたがってるんだ。』の商品を見てみる