映画「黒衣の刺客」スー・チー&チャン・チェン主演!愛の運命は死!

黒衣の刺客の概要:「悲情城市」(89)や「百年恋歌」(05)のホウ・シャオシェン監督のアクション時代劇。唐時代、女刺客は元婚約者を倒すべく闘いを挑みます。スー・チー&チャン・チェン主演。カンヌ最優秀監督賞受賞作。

黒衣の刺客 みどころ

黒衣の刺客
映画『黒衣の刺客』の見どころを紹介します。

時代劇アクション、ここに極まれる!

ホウ・シャオシェン監督といえば、「悲情城市」(89)や「戯夢人生」(93)といった台湾の近代史を描いた作品で有名です。まさかアクション時代劇を撮るなんてちょっと驚き!「黒衣の刺客」は、スー・チー&チャン・チェン主演の時代劇アクション。

中国・唐時代を舞台に女刺客とその元婚約者との悲しい運命を描いています。遣唐使の使者役で妻夫木聡が出演しているのも話題ですね。彼がどうこの物語に関わっていくか注目して下さい。出演は、女刺客役にスー・チー、元婚約者役をチャン・チェンが演じます。

脚本は、ホウ監督作品でおなじみのチュウ・チィエンウェン。「フンクイの少年」(83)や「珈琲時光」(03)でホウ監督と映画を作ってきました。2人が組めば、大ヒットまちがいなしではないでしょうか。前作「ホウ・シャオシェンのレッドバルーン」(07)から8年ぶりの新作とあって期待が高まります!

ホウ監督のミューズ!スー・チーの魅力

スー・チーはデビュー当時から数年、アダルト系映画に出演していたが、「夢を翔ける人/色情男女」(97)以降、ホウ監督の「ミレニアム・マンボ」等を経て、演技派女優として開眼いています。ホウ監督作の常連として、「百年恋歌」(05)では、第42回金馬賞優秀主演女優賞を受賞。

スー・チーの魅力は、ホウ監督によって花開いたのです!彼女は頭が良く、さばさばした性格。自分自身について聞かれると、「気難しくわがまま」だと語っています。また「演技は好きだけども、泣くシーンが多いとストレスになる」とも。かっこいい女性ですね。本作では、元婚約者役のチャン・チェンと息の合ったアクション・シーンを魅せています。

スー・チーの次回作は、「ベスト・フレンズ・ウェディング」(97)の中国リメイク版に出演予定です。ラブ・コメディなので、スー・チーの小悪魔的魅力がさらに深まりそう。ワイルド・ワイドに活躍する彼女から今後も目が離せない!

アジアの映画監督に愛される俳優~チャン・チェン

15才の時、エドワード・ヤン監督の「クーリンチェ少年殺人事件」(81)で映画デビューし、ウォン・カーワァイ監督の「ブエノスアイレス」(97)や「2046」(04)などで人気と実力を兼ね備えた俳優として活躍しています。イケメンであるだけでなく、繊細な演技が魅力。”ウォン・カーワァィの秘蔵っ子”だと言われています。

特におすすめなのが、「ブエノスアイレス」(97)。トニー・レオンとレスリー・チャンの2大スターにも見劣りしない存在感でいるのが、チャン・チェンです。その後、ホウ監督の「百年恋歌」(05)でスー・チーと共演しています。
またホウ監督だけでなく、ウォン・カーウァイや、アン・リー、ティエン・チュアンチュアン、キム・ギドク、行定勲などアジアの映画監督に愛されていますよ。もちろん、スー・チーとの演技の相性は抜群!2人の化学反応が見たくありませんか?

時代をみつめるまなざし~台湾映画の名匠ホウ・シャオシェン監督

「悲情城市」(89)や「戯夢人生」(93)など台湾近代史を扱った作品を描き、最近では台湾と日本の関係性を表現した「珈琲時光」(03)や台湾を舞台にした「百年恋歌」(05)を発表。常に時代をみつめる傑作を作り続けています。

脚本家チュウ・ティエンウェンと組んだ「フンクイの少年」(83)と「珈琲時光」(03)。2人の才能が、8年の時を経て再び結集されました。ホン監督は、小津安二郎作品を愛し、”細やかな人物描写と映像美”が魅力です。

「黒衣の刺客」で、第68回カンヌ国際映画祭最優秀賞を受賞しました。審査員からは、「”黒衣の使者”の詩的表現は、到底及ぶことのないレヴェルに達している」と大絶賛されました。台湾出身のエドワード・ヤン監督以来の受賞です。本作の配役もこれ以上の俳優はいないと思うので、わくわくしますね!ぜひ、映画館でご覧下さい。

まとめ

「悲情城市」(89)や「戯夢人生」(93)を描いた、ホウ・シャオシェン監督のアクション時代劇。中国、唐時代。女刺客イン・ニャンは、元婚約者を倒すべく闘いを挑みます。2人の恋が悲恋だと分かっていてももう止められない!ホウ監督作常連のスー・チーとチャン・チェンが熱く強く演じます。日本から遣唐使の使者役で妻夫木聡が出演しています。

ホウ監督次回作の出演をオファーされたとか。台湾と日本の関係が友好であり続けることを祈っています。時代をみつめるまなざし。細やかなに人物描写と映像美に定評のあるホウ・シャオシェン監督の魅力が、本作ではより一層美しく完成されました。本作で、第68回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。

審査員からは、「”黒衣の使者”の詩的表現は、到底及ぶことのできないレヴェルに達している」と大絶賛されました。ホウ監督作での中で最高傑作なのではないでしょうか。2015年秋公開予定です。

Amazon 映画『黒衣の刺客』の商品を見てみる