映画『婚前特急』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「婚前特急」のネタバレあらすじ結末

婚前特急の概要:複数の男性と付き合っていたOLが、結婚を意識しその中の1人と結婚するまでを描いたラブコメ作品。主演の吉高由里子と、その恋人たちを演じる5人の俳優の個性が光る。特にミュージシャンである浜野謙太の好演が話題となった。

婚前特急の作品情報

婚前特急

製作年:2011年
上映時間:107分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:前田弘二
キャスト:吉高由里子、浜野謙太、杏、石橋杏奈 etc

婚前特急の登場人物(キャスト)

池下チエ(吉高由里子)
地域情報誌の編集会社で働くOL。華やかな美人で有能。私生活では5人の男性と同時に付き合っている。
田無タクミ(浜野謙太)
チエが付き合う男の一人。だらしない性格。パン工場で働いている。
西尾みのる(加瀬亮)
チエが付き合う男の一人。バツイチで子持ち。チエの仕事の相談にのっている。チエが複数の男と付き合っていることを知っている。
浜口トシコ(杏)
チエの親友。長年付き合ってきた彼氏がいる。チエと頻繁に会っている。
奥田ミカ(石橋アンナ)
タクミが働くパン工場の社長の娘。タクミが思いを寄せている。

婚前特急のネタバレあらすじ

映画『婚前特急』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

婚前特急のあらすじ【起】

仕事を要領よくこなしながら、5人の男と付き合うチエ。付き合っている相手は、年下の学生、既婚の美容師、バイク屋の若社長、パン工場で働くタクミ、バツイチの西尾の5人。
手帳に5人との付き合いを書き込みながら、並行して交際している。5人の家の合鍵には、手帳の書き込みと同じ番号が振られている。

チエが複数の男性と付き合っていることは、西尾と親友のトシコだけが知っている。
トシコは一人に絞ることを勧めてきたが、チエは時間の有効利用といってやめようとはしない。チエは限られた時間の中で、色々な人と色々な体験をすることが大切だと信じている。

ある日、チエはトシコから妊娠と結婚を伝えられる。チエとは異なり、一人の恋人と長く交際してきたトシコ。結婚するために計画して妊娠したことを明かす。
トシコはチエにも結婚を勧める。

トシコの結婚式でチエは、周囲に祝福され幸せそうな新郎新婦の姿に感動する。トシコの投げたブーケは、涙を流すチエの元に飛んできた。

婚前特急のあらすじ【承】

トシコの結婚に影響され、付き合っている5人を整理し始めるチエ。「査定」と称してそれぞれのメリット・デメリットをまとめる。
トシコのアドバイスも受けて、「査定」の低いタクミから別れることにする。

仕事中のタクミを呼び出し、別れを告げるチエ。しかし、タクミは付き合っている自覚がなく、これからも体だけの関係を継続すると告げる。あっけにとられ言い返せないチエだが、プライドを傷つけられ憤慨していた。

チエは新婚のトシコの家に押しかけ、タクミとの一件を話し復讐を誓う。

復讐のためタクミの日常を観察し始めるチエ。そこでタクミが思いを寄せるミカの存在に気付く。
チエは工場の周りで、ミカの評判の聞きこみをする。そこで聞いた悪い評判をタクミに伝えるが、それが逆にタクミのミカへの気持ちに火をつけてしまう。

チエはタクミの恋に協力するふりをしながら、ミカに近付き、タクミの恋が破れるよう画策する。
嘘も織り交ぜながらタクミにミカを諦めさせようとするが、それも逆効果となる。

婚前特急のあらすじ【転】

タクミはついに、ミカに告白する。ミカはタクミの告白を受け入れ、二人は付き合い始める。

チエの協力で恋が叶ったと勘違いしているタクミは、ミカの家での食事会に招待する。
西尾を連れてミカの家を訪ねるチエ。その場でタクミのミカへのプロポーズを見せつけられ、西尾も含めた3人が盛り上がる中、チエは不愉快そうに過ごしていた。

チエは苛立つあまり、タクミにキスをして逃げ帰ってしまう。キスされたタクミはミカをおいてチエを追いかける。

原付で走るチエを、自転車で追いかけるタクミ。二人は運転しながら言い合いを始める。言い合いに夢中になった二人は、生垣に衝突するが、それでも口喧嘩をやめない。通報され、警察に連れていかれても、それは収まらない。
その中で、チエはタクミに5人と付き合っていること、復讐のためタクミに優しくしていたことを告げる。

警察では痴話げんかとして処理され、チエは夜のうちにトシコに迎えに来てもらい釈放された。タクミは誰にも迎えに来てもらえず、朝になってミカが引き取りに来る。警察からの帰り、タクミはミカに振られる。

チエはトシコの家で、幸せなトシコとその夫を見て、改めて結婚に憧れる。“本当の相手”のいる二人を、羨ましそうに見つめている。

婚前特急のあらすじ【結】

ミカに振られたタクミと、トシコの家から帰ったチエは互いに互いの家を訪ねる。タクミはチエの家に入れず帰宅し、合鍵で侵入していたチエを見つける。

タクミは“本当の相手”はチエだったと告白するが、再び喧嘩になってしまう。口喧嘩から次第に手が出るようになり、タクミの安アパートの壁を突き破ってしまう。

隣の部屋に住む老婆に、生きているうちにたくさん喧嘩しろと助言される二人。老婆と話したことで少し冷静になった二人は、話し始める。チエに他に男がいても頑張ると、タクミは宣言する。チエには万に一つの可能性もないと言われるが、必ず最後の一人になると繰り返し宣言する。

場面は一転し、チエとタクミの結婚式。二人は幸せそうな笑顔をしている。参列者にはトシコ夫婦とその子供だけでなく、ミカやチエの元恋人たちもいる。みんなに祝福される二人。
チエのブーケはミカに投げられる。
電車に乗り込むチエとタクミ。チエのお腹は大きく膨らみ、妊娠中であることがわかる。

この記事をシェアする