映画『氷の微笑』のネタバレあらすじ結末

氷の微笑の概要:元ロックスターがアイスピックで殺害される事件が発生し、魔性の魅力を持つ女流作家が容疑者として疑われる。刑事のニックはこの危険な女と恋に落ち、不可解な殺人事件に巻き込まれていく。シャロン・ストーンの際どいシーンが話題となったサスペンス。

氷の微笑の作品概要

氷の微笑

公開日:1992年
上映時間:128分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
キャスト:マイケル・ダグラス、シャロン・ストーン、ジョージ・ズンザ、ジーン・トリプルホーン etc

氷の微笑の登場人物(キャスト)

ニック・カラン(マイケル・ダグラス)
サンフランシスコ市警の殺人課の刑事。麻薬捜査課にいた頃、観光客を撃ち殺してしまった過去があり、警察の内務調査を受けている。定期的にベスのカウンセリングを受けて禁酒禁煙を続けていたが、キャサリンと出会って変わっていく。
キャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)
作家。頭の切れる魔性の女で、多くの人の運命を狂わせていく。事故で死亡した両親から多額の遺産を受け継いだセレブ。愛した人が次々と死んでいく。バイセクシャル。
ベス・ガーナー(ジーン・トリプルホーン)
サンフランシスコ市警に常駐する精神科医。ニックとは恋人同士だったが、最近別れた。キャサリンと大学の同窓生だった。
ガス・モラン(ジョージ・ズンザ)
ニックの同僚刑事で親友。ニックのことを心から心配している優しい男。
ロキシー(レイラニ・サレル)
キャサリンとレズビアンの関係にあった女性。
ニールセン(ダニエル・フォンバーゲン)
サンフランシスコ市警の内務調査員。ニックと対立関係にある。

氷の微笑のネタバレあらすじ

映画『氷の微笑』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

氷の微笑のあらすじ【起】

アメリカ・サンフランシスコ。元ロックスターで現在は人気クラブの経営者であるジョニーが自宅で殺害される。ジョニーは全裸でベッドに縛られ、アイスピックで滅多刺しにされていた。現場の状況から、女性と性交渉を終えた直後に殺されたものと判断される。ジョニーの恋人と噂されている作家のキャサリンは昨夜ジョニーの店を訪れており、ニックと相棒のガスはキャサリンに話を聞きにいく。

キャサリンはジョニーとはセックスだけの関係で、昨夜はその気にならなかったので店から直接帰ったと主張する。ニックとガスは彼女のふてぶてしさに驚く。

その後キャサリンがこの事件そっくりの小説を書いていることがわかり、彼女は警察署に呼ばれる。キャサリンは全く動じることなく取り調べに応じ、ノーパンにミニスカートでやたらと足を組み替える。嘘発見器も反応を示さず、彼女はすぐに釈放される。キャサリンはなぜかニックに挑発的だった。モヤモヤしたニックは禁酒をやめて酒を飲み、別れたベスを抱く。ベスは自分とキャサリンが大学の同窓生だったことをニックに話す。

翌日。キャサリンの在学中に大学の教授がアイスピックで殺されていたことがわかる。ガスたちはキャサリンの過去を洗い始め、ニックはキャサリンの尾行を開始する。

氷の微笑のあらすじ【承】

キャサリンが訪れた家の女性は3人の子供と夫を衝動的に殺害した前科があった。さらに殺された大学教授は彼女のゼミの教授だったこともわかり、キャサリンへの疑惑はますます深まる。

キャサリンはニックをモデルにして危ない女に恋をした刑事が最後に殺される小説を書こうとしていた。キャサリンはニックの過去を根掘り葉掘り調べており、ニックはベスにしか話していない事実までキャサリン知っていることに激昂する。ベスを問いつめると、極秘の資料は内務捜査部のニールセンだけに見せたと白状し、ニックは署内でニールセンに殴りかかる。ニックは休職処分となり、その夜ニールセンは何者かに頭を撃ち抜かれて殺害される。

容疑者として取り調べを受けていたニックをベスが救ってくれる。キャサリンはニックの自宅にまで姿を見せ、ニックをクラブへ誘う。ガスはキャサリンに個人的興味を示しているニックのことを心配していた。

クラブでキャサリンはニックを官能的に誘惑し、ニックの我慢も限界に達する。その夜2人は激しく愛し合い、その様子をずっとロキシーが覗き見ていた。バイセクシャルのキャサリンはロキシーともレズビアンの関係にあった。

氷の微笑のあらすじ【転】

次の日の夜、ニックは何者かに車でひき殺されそうになる。ニックは自分をひき殺そうとした黒い車と激しいカーチェイスを繰り広げ、黒い車はクラッシュする。運転していたのはロキシーだった。第一発見者のニックは、ますます上司や同僚から怪しまれることになる。

キャサリンはロキシーの死にショックを受けて泣いていた。ニックはそんなキャサリンを優しく慰める。ロキシーにも衝動的に幼い2人の弟を殺害した前科があった。

キャサリンが大学時代に一度だけ寝た女が、彼女を執拗に追い回していたことがわかり、ニックはその女について調べてみる。その後の調べでリサ・ホーバマンというその女性が、改名前のベスだったことがわかる。ベスは“キャサリンが私を追い回していた”と全く逆のことを言う。キャサリンからそのことはバークレイの警察に話してあると聞き、ニックは真実を確かめに行く。しかし当時の資料は1年前からニールセンに貸し出されたままだった。ニックは一連の事件の犯人がベスではないかと疑い始める。

その後、ベスの離婚した夫が数年前に銃で撃たれて死亡していたことがわかり、その情報をニールセンが握っていたことも判明する。ベスの夫とニールセンは同種の銃で撃ち殺されており、ニックの疑惑は確信に変わる。

氷の微笑のあらすじ【結】

キャサリンはニックをモデルにした新しい小説を書き上げニックに別れを告げる。印刷中の原稿には“相棒の刑事はエレベーターの中で息絶え、女が彼を殺す”という一文があった。

ガスはキャサリンの昔のルームメイトを見つけたと言って、ニックとその女性が住むビルへ向かう。ガスは休職中のニックを車に残して、1人で建物内へ入って行く。しばらくしてニックはキャサリンの小説のあの一文を思い出し、急いで建物内へ入る。4階で停止していたエレベーターの中にはアイスピックで滅多刺しにされた血まみれのガスがいた。

ニックはすぐに犯人を追う。すると廊下にはベスが立っていた。銃口を向けるニックを見て、ベスは“留守電にここへ来るようガスのメッセージが入っていた”と言う。しかしポケットに手を入れたベスを見て、ニックはベスを撃つ。ベスは“愛していたのに”と言い残して息絶える。ポケットにはニックの部屋の合鍵が入っていた。

その後非常階段からブロンドのかつらや凶器のアイスピックが発見され、ベスの部屋からはキャサリンの写真や小説が見つかる。警察は一連の事件の犯人をベスと断定した。

ニックが家に帰るとキャサリンが来ていた。愛する人を次々と失ってきたキャサリンは、ニックまで失うことが怖くて別れを告げたのだった。そのまま2人は激しく愛し合う。しかしベッドの下にはアイスピックが隠されていた。

Amazon 映画『氷の微笑』の商品を見てみる