映画『コロニア』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『コロニア』のネタバレあらすじ結末

コロニアの概要:一度入ったら二度と出られないと言われる教団コロニアに、恋人を助け出すために潜入した女性の姿を描いた。史実を基にしている。「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役で有名な、エマ・ワトソンが主演。

コロニアの作品概要

コロニア

公開日:2015年
上映時間:110分
ジャンル:サスペンス
監督:フロリアン・ガレンベルガー
キャスト:エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクヴィスト、リチェンダ・ケアリー etc

コロニアの登場人物(キャスト)

レナ(エマ・ワトソン)
ダニエルの彼女。客室乗務員をしている。サンディエゴ便のフライトでダニエルに会いに行った後、軍のクーデターに巻き込まれる。コロニアに連行されたダニエルを助けるため、信者のふりをしてコロニアに入所する。
ダニエル(ダニエル・ブリュール)
ドイツ人で、チリに長期滞在中のレナの彼氏。写真家。チリの大統領支持派の集会に参加し、ポスターを作るなどの手伝いもしている。コロニアでは、ハンスという名前で呼ばれる。
シェーファー(ミカエル・ニクヴィスト)
カルト教団コロニア・ディグニダのリーダーで、教皇と呼ばれている。大統領や政府とつながりを持ち、秘密警察に協力しているという噂もある。
ギゼラ(リチェンダ・ケアリー)
コロニア・ディグニダの女性地区のリーダー的存在の中年女性。レナに対し、きつい言葉や精神的圧力をかける。シェーファーに心酔しているが、理不尽な暴力を受けることもある。
ドロ(ジャンヌ・ヴェルナー)
コロニアの女性住民。外から来たレナに興味を持ち、すぐに親しくなる。3年前の混合行進で知り合ったディータと、結婚の約束をしている。
ウルセル(ヴィッキー・クリープス)
コロニア内で、看護師のようなことをしている女性住民。ダニエルのように、拷問を受けた後に運ばれてくる人々の世話をしている。

コロニアのネタバレあらすじ

映画『コロニア』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

コロニアのあらすじ【起】

1973年。
チリでは、大統領支持派と反支持派の活動が活発に行われ、内戦寸前の状態だった。

客室乗務員をしているレナは、サンティアゴ行きの便に乗っていた。
4日後に同僚たちと再会する約束をして、彼氏のダニエルの元へ向かう。
チリに長期滞在中の写真家のダニエルは、大統領支持派のデモに参加し、ポスターも作った。

ある朝、軍がクーデターを起こし、大統領支持派は捕まっていると連絡が入る。
カメラを手にしたダニエルとレナは、慌てて部屋を出る。
しかし軍に捕まり、ポスターを作ったダニエルは連行されてしまう。
解放されたレナは、大統領支持派のダニエルの友人たちに助けを求めるが、協力を断られてしまう。

ダニエルが連れていかれたのは、コロニア・ディグニダだった。
表向きは慈善団体だが、真の姿はカルト教団だというコロニア・ディグニダの情報を手に入れたレナ。
機長のローマンにチリに残ると手紙を送り、ダニエルを救出するためコロニアへ向かう。

ダニエルは拷問を受け、知っている情報を言うよう迫られていた。

コロニアのあらすじ【承】

レナは、出られないと覚悟したうえで、コロニアへに入所する。
コロニアでは、男女と子供は別々に暮らしていていた。
厳しい労働と自由の無い生活に、謎の薬を飲まされる日々が始まる。

レナと親しくなったドロは、3年前に行われた混合行進で出会ったディータと、結婚の約束をしていると打ち明けた。

その頃ダニエルは、拷問の電気ショックのせいで、障害が残る可能性があると言われていた。
回復したダニエルは、正気を失ったハンスとして、鍛冶場の仕事をするよう命じられた。
そこで、カメラや暗室を見つける。

レナはギゼラに誘導され、ドロの婚約者の名前を告げてしまった。
その日の晩、ドロは男の集会に参加させられた。
ドロを尾行したレナは、自分が迂闊に話したせいで、ドロが殴られる様子を見てしまう。
そしてドロは、戻ってこなかった。

夜中、抜け出した事に気付いていたウルセルに聞き、男の集会に呼び出されるため、違反行為を起こすレナ。
しかし、そうまでして会おうとしたダニエルは、脱走を試みて失敗していた。

コロニアのあらすじ【転】

130日目。
大統領がコロニアを訪問することになり、混合行進が行われる。
そこでようやく再会した、レナとダニエル。
夜に貯蔵庫で会う約束をした。
大統領はシェーファーに、毒ガスを求めていた。

貯蔵庫で会ったレナとダニエル。
何もわからないふりをして情報収集をしていたダニエルだったが、脱出は不可能だと思っていた。
しかし、貯蔵庫の地面に隠し扉を見つけ、地下通路を発見する。
地下通路を調べたダニエルは、自分が拷問を受けた場所がそこだったと気付く。

翌日、レナは教皇に呼び出され、ウルセルの監視役を任される。
そして、ウルセルと行動させられるようになる。
ウルセルは、9歳の時に母ギゼラに連れられ、コロニアに来たらしい。

病院設備の手伝いをしているウルセルは、ダニエルとレナの関係に気付く。

そして毒ガス実験の被験者に、ダニエルが任命される。
助かる見込みは無いと知るダニエルは、レナに脱出の計画を打ち明ける。
そして、鍛冶場のカメラで撮った地下の写真の中の1枚を、レナに渡した。

コロニアのあらすじ【結】

貯蔵庫当番のレナの元に、ウルセルがやって来る。
レナが自分の監視役だと知るウルセルだったが、ダニエルとレナの仲を知っている事、自分が妊娠している事を打ち明ける。
相手は、ダニエルのように連行されてきた男性だったが、助からなかった。
そしてウルセルも、子供と一緒に殺される運命にあった。

ダニエルから渡された写真が、ギゼラに見つかってしまう。
ダニエルは、鍛冶場の担当バーンドの写真だとねつ造し、レナを助ける。
そしてウルセルを連れて、地下通路を通って脱出した。

高圧電流が流れる鉄線の外に出て、喜びを分かち合う3人。
しかし、仕掛けられていた罠で、ウルセルは命を落としてしまう。

ドイツ大使館に逃げ込んだレナとダニエル。
レナは、フライトでチリに来ているローマンに連絡し、飛行機の席を取ってもらう。
だが、大使はシェーファーとつながっていて、レナとダニエルの出国を止めようとする。

一度は空港の中に閉じ込められてしまうが、間一髪のところで飛行機に乗り込んだ、レナとダニエル。
ローマンは2人を助けるため、離陸停止命令を無視して飛行機を動かした。

Amazon 映画『コロニア』の商品を見てみる