映画『神戸国際ギャング』あらすじネタバレ結末と感想

神戸国際ギャングの概要:監督は田中登。主演に高倉健。出演は菅原文太、田中邦衛、真木洋子、ガッツ石松、丹波哲郎、大滝秀治、泉ピン子。高倉健が東映を退社する前の最後の作品であり、菅原文太と高倉健の最後の共演作。戦後の闇市が立ち並ぶ神戸を舞台に米兵や中国マフィアとシノギを争うギャング団を描いた映画。

神戸国際ギャング あらすじネタバレ

神戸国際ギャング
映画『神戸国際ギャング』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

神戸国際ギャング あらすじ【起・承】

昭和22年の神戸、米兵が日本人娼婦に金を払わずに、銃で脅して逃げたところにホースから水を放射し、穴に落として身ぐるみを剥ぐ一味がいた、国際ギャングの一味だ。
リーダーの団(高倉健)達一味は、盗んだ米兵の軍服に着替え、救援物資を盗んでいた。
だが招待を米兵に見破られ、途中で逃げることに。
米兵は警察へ文句を言っていたがギャング団は正体をつかませないでいた。

ギャング団の丸山(田中邦衛)は家に帰ると、嫁と知らない男が抱き合っていたのを目撃し、嫁と大喧嘩する。
丸山は団に子供を連れて家を出ていくことを言いに来た、団は餞別に財布ごと丸山に渡した。

団の元に中国マフィアのクーロンが支払いを拒否しているとの知らせが入った、団は仲間を引き連れクーロンをアジトへ、クーロンのボス(大滝)に話をつける、だが、大滝(菅原)は団に対して密かに反抗心を燃やしていた。

闇市で団員がクーロンの手下と場所代のことでケンカになる、団とクーロンのボスが話し合い、場所代を折半することにし、手を組むことになった。

闇市をギャング団はデカい顔で歩いていると、着物を売っている女が男から絡まれていた、そこを団が助けた、団は惚れて女の家に食料を届けたり、食事に行った。
だが、唯一の女団員のマキ(真木洋子)は団に惚れていた、団が食事を楽しむ頃、マキは大滝に襲われていた、裸で雨の中に逃げだし、団と会うが、マキは黙り込み、何も言えずに団は去っていく。

神戸国際ギャング あらすじ【転・結】

団員が三国連盟に拉致された、団達は三国連盟のアジトにいき、朴(丹波哲郎)に銃を突きつける、団員を返してもらうが、殺し合いをほのめかされる。

ギャング団で中国人たちとギャンブルをしているといきなり襲われる、三国連盟のやつらだった。
クーロン、国際ギャング、三国連盟で話し合いをするが、まとまらずに抗争は泥沼化する。

団達は朴の家にいき、朴を拉致、さらに、たまたまいた酒屋も口外させないように拉致する。
団達は朴を殺し、それを見て発狂した酒屋を大滝が殺してしまった、団が大滝を殴るが、大滝は反抗し、大滝派と団派で別れた。

警察が酒を飲んでいる大滝に朴殺し事件の事を聞いてきた。
その後団は捕まり、20年の判決をくらうが、団は控訴し、2か月後に保釈、祝いの会を開いているところに丸山が妻の病死を期に戻ってきた、だが、大滝は自分に丸山から挨拶がなかったことに腹を立て、翌日ヤキを入れていた、そこに団が現れ、二人はにらみ合うが、丸山が小指をつめて事を収める。

団は懲役18年が確定し、刑務所へ入った、そこにポチという団員が刑務所へ入ったという知らせがきた、団を脱獄させるためにヤスリを持ち込んでいた、それを使い、脱獄するが、ポチは脚を撃たれる。

団達は、迎えの車に乗り込み、ポチを着物売りの女の家に連れていく、だが、女は警察へ通報していた、団は信用を失っていた。サイレンの音が聴こえるまでは女を信じていた。
ポチは車内で息を引き取る。

刑務所内でポチから団は、大滝が警察に朴殺しをチクったことを聞いていた。
団派大滝の居場所を探していた、そのころ大滝は舎弟と酒を飲んでいた、団が自分を疑っていることを気にしていて、やけくそに飲んでいた。
そこにいた舎弟の一人が、サツにチクったのは自分だと白状したときに、団達がそばまで来ていたので、大滝らは逃げた。

大滝は米兵と警察と組み、米軍が運ぶダイヤを盗む計画を立てていた、それを団が大滝の舎弟から聞だし、逆に団がダイヤを奪った。
大滝達と団達と米兵で激しい銃撃戦に、ギャング団は団と大滝とマキだけになり、大滝と団が撃ちあい、お互い倒れる、その屍の上でマキが手りゅう弾を抱えて爆死した。

神戸国際ギャング 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1975年
  • 上映時間:98分
  • ジャンル:フィルムノワール
  • 監督:田中登
  • キャスト:高倉健、菅原文太、真木洋子、磯野洋子 etc

神戸国際ギャング 批評・レビュー

映画『神戸国際ギャング』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

バッドなエンディング

最後は全滅して終わるという後味の悪さですが、散りゆく花の美学というか、任侠映画ではよくあることだ。
大滝の舎弟がサツにチクったのだが、団は大滝が犯人だと聞いて、大滝を狙い、大滝も舎弟をかばうために団に舎弟を突き出すことなく、殺し合いに、おとこのプライドという間違った歯車が修正も効かず、火花を散らしながら最後にむかって転がり落ちていく様が、本当のエンディングだ。

健さん文太の最強タッグ最後の作品

この二人はやはり最強最高のタッグだと思う。健さんが静なら文太が動、まあキャラが被らず補い合っているということだ。
いつも任侠映画だったイメージだが、ヤクザではなく、今作はハットを被ったギャングである、だが泥臭く血なまぐさい作品に仕上がっているのは二人の好演があってこそのことだと思う。

さらに健さんが事務所を移る前の作品で、東映の俳優として最後の作品でもある、最後はだいぶ派手に暴れてくれた。

国際ギャング

国際ギャングは実際いたらしく、実はそれをモデルにしているという、神戸と言えば有名な山口組であるが、若頭補佐を務めていた通称「ボンノ」と呼ばれるヤクザの若かりし頃だ。
ちなみにこの映画のテーマソングは、ボンノ自身が選んだ好きな曲であるという。
そこも含めて鑑賞すると、また面白くなる。
それに神戸の訛りもまたカッコいい、「このダボォ!」とか健さんがいうと、渋い。
だが、所々で聞き取れない部分もある、そこが欠点だ。

神戸国際ギャング 感想まとめ

この映画は、高倉健や菅原文太が好きな方にはもってこいだと思う、彼らの魅力が存分に味わえるからだ。
そして彼らが演じる国際ギャング団という設定も、ただでさえおもしろいのに実在のモデルがいたということでさらに楽しめた。

そして実は泉ピン子のベッドシーンやガッツ石松の演技も観られる、二人とも個性の光る演技ですごくよかった。
たしかガッツ石松のシーンは、バラエティー番組で取り上げられていたこともあったはず。

聞き取りにくいセリフが多々あります。
そこのネイティブさも演出上必要なのだろうが、気になる。

だが、カッコいい映画だと最終的に思えた、異色のギャング映画、ぜひご覧ください。

Amazon 映画『神戸国際ギャング』の商品を見てみる