映画『木屋町DARUMA』あらすじネタバレ結末と感想

木屋町DARUMAの概要:その過激すぎる内容から各出版社から刊行を断られた丸野裕行氏の「捨てがたき人々」。結局は、紙面よりも自由度の高いと言われる電子書籍として刊行された本著に惚れ込んだ榊英雄監督が映像化しました。

木屋町DARUMA あらすじネタバレ

木屋町DARUMA
映画『木屋町DARUMA』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

木屋町DARUMA あらすじ【起・承】

金城工業の坂本は、後部座席に先輩の勝浦を乗せ、車を走らせます。向かうのは、債務者の家。彼らの仕事は、なかなか金を返さない債務者からの取り立てです。
勝浦には四肢がありません。足も腕もないその姿は「ダルマ」と呼ばれ、観る者に不気味なインパクトを与えます。その姿で債務者の家に居座り、無理矢理世話をさせるのがダルマ流の嫌がらせです。恫喝し、不気味な姿でにらみつけ、食事や下の世話から、性的な奉仕までを強要し、債務者に「金を返すから帰ってくれ」と言わせるのが、彼らのやり方です。
坂本はそんな勝浦とコンビを組み、私生活の世話も任されていました。大の男の介護同然の世話に不満を募らせる坂本でしたが、彼にも父親の借金という、仕事を続けなければならない理由がありました。

その日訪れたのは、会社経営に失敗し多額の債務を背負った新井の家でした。
新井は嫌がらせの数々に根を上げ、「強縮屋」と呼ばれる計画倒産を手伝う仕事を始めます。会社の倒産の際、幹部のふりをして、取引先相手に謝る仕事です。酷ければ命にかかわる暴力を受け、恨みを買うその仕事は、連日続きます。折れた歯を見つめて、新井は泣き崩れます。
また、負債額の多額な新井の娘は、酷い客ばかりを相手にする高級風俗で働かされることになりました。ただの女子高生だった友里は、「スピッツ」という名前で春を売り、薬物まで使われ、廃人寸前まで壊れかけてしまいます。

次の客は、ろうの娘を持つ、消費者金融の常連の男でした。いつもの手はずで勝浦はその家に居座りますが、動転した男にゴルフクラブで殴り倒されてしまいます。助けに入るものの娘の必死な抵抗に、坂本は怒り狂いますが、娘は坂本に一枚のメモを渡します。
それは、勝浦が今のような「ダルマ」姿になる原因を作った三下、サトウサトシの情報でした。

木屋町DARUMA あらすじ【転・結】

数年前、勝浦は圧倒的な力を持つヤクザでした。あらゆる手を使い利益を生み出す彼は、同期の古澤とコンビを組んで、中国マフィア相手の大きな仕事も任されていました。
しかし、すんでのところで信用していた手下のサトウサトシに多額の金を持ち逃げされてしまいます。そして、その落とし前のために、勝浦は四肢を失い重度の障がい者となったのです。

坂本は、サトウサトシについて調べるうち、メモの筆跡からある事実に気付いてしまいます。サトウサトシの裏で手を引いていたのは、自分の親父分であり勝浦とコンビを組んでいた古澤だったのです。坂本は怒り狂い、勝浦に事実をぶちまけますが、勝浦の反応は意外にも冷めたものでした。
「ほっとけ」
そう繰り返す勝浦に納得できない坂本は、勝浦を無理やり車いすに乗せ、古澤の事務所に押しかけます。すべてを悟った古澤はふたりを部屋に通し、人払いをして、何もかもをぶちまけます。
勝浦の嫉妬からしでかしてしまったこと、そして、もう良心の呵責に耐えられないこと。
制止する勝浦の声も虚しく、勝浦は銃で自らの頭を撃ち抜くのでした。

古澤のあと、仕事の責任者となった金内は、あっけなくそのあこぎな手法を暴かれ、逮捕されてしまいます。
足を洗えと勝浦から促された坂本でしたが、勝浦の人間性に触れ、これからも世話をさせてくれと車いすを押します。
歩き出した木屋町の街角で、ふたりに走り寄る影がありました。新井でした。坂本がすんでのところで新井を殴り飛ばしますが、死角にもうひとつの影があることに気付いていませんでした。
新井の娘、友里でした。
一度は勝浦の手引きで風俗から助け出された友里でしたが、もはや手遅れなほど、薬に侵されていたのです。

深く刺された二人は、倒れ込みます。消え入る意識の中で勝浦は繰り返します。
「まだまだや、転んだだけや、まだまだやで。」

木屋町DARUMA 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、フィルムノワール
  • 監督:榊英雄
  • キャスト:遠藤憲一、三浦誠己、武田梨奈、木下ほうか etc

木屋町DARUMA 批評・レビュー

映画『木屋町DARUMA』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

DARUMA

驚きました。
ダルマ姿が前提の映画なので、どうなることかと思っていたのですが、見事です。
裸同然のシーンがあるので、当然素肌で四肢の無い勝浦の姿がスクリーンに映るのですが、まるで嘘っぽくないのです。
映像技術の進歩もありますが、おそらく数々の工夫により成り立っているシーンなのだと思います。この、特撮技術がすごい。
もちろん、勝浦を演じた遠藤憲一さんの演技力も素晴らしかったです。食事にも当然手が使えないのですが、犬のように這いつくばるシーンは圧巻でした。

過激すぎる内容

その過激すぎる内容から紙面での出版はかなわなかった、との前ふりの通り、まさに過激に次ぐ過激の内容です。債務者の返済がメインの内容ですが、次々登場する聞いたことのない仕事内容に、観客は度肝を抜かれっぱなしです。
「強縮屋」「マルチ商法の聾唖者向け通訳」「過激な風俗」「障がい者向けの保険金詐欺」…etc。思わず目をそむけたくなる単語やシーンの連続に、心は疲労しますが、なぜか見てしまうのは、坂本の実直な人間性と、勝浦が時折見せる菩薩のような表情のせいかもしれません。

さらに、このような過激な役柄に挑戦したキャスト、特に友里役の武田梨奈さんには驚かされました。今後、幅のある役柄を任されるきっかけになる作品ではないでしょうか。

芸人の起用

いわゆるお笑い芸人さんを俳優として起用した作品は多いのですが、失敗しがちですよね。しかし、今作は、木村祐一さんはじめ、特にキングコングの梶原さんのチンピラ役がぴったりでした。
木屋町、関西が舞台の今作は、当然関西弁がメインの共通言語です。ですから、ネイティブの芸人さんは当然有利です。
しかし一方で、普段笑わせる立場の彼らにとって、シリアスなシーンの連続である映画は、なかなかハンデのある現場だと思います。
その中になじむお二人の存在感は、見ものですよ。

木屋町DARUMA 感想まとめ

内容が過激ですから、当然、言葉も映像も過激です。間違っても誰かと一緒に観てはいけない映画です。ですが、なぜか、観終わったあと、勝浦さんに手を合わせたくなるような気持になるのです。

勝浦の部屋にひっそりと貼られた達磨の肖像画。今作はフィルム・ノワールのようでありながら、実のところは、人生の教訓や哲学について描いた、優れたヒューマン・ドラマのように思うのです。
恨まず、諦めるでもなく、ただ生きろ。
そう言っているような、勝浦の視線が、いつまでも頭から離れません。

Amazon 映画『木屋町DARUMA』の商品を見てみる

コメント

  1. oobaa より:

    四肢を切断される刑は、かつての中国でもっと酷く行われた事実があります。中国のマフィアを怒らせた結果に関連した話にもなっていますが、中国の歴史から見れば、それで済んだというところでしょうか。

    手足が無い。手足が出ない。勝浦にとって、いまさら四肢は戻って来ようがありません。明るく前向きに生きている訳ではありませんが、抱いている想いは復讐ではないようです。自分を不具者に至らせた黒幕を前にしても、弟分に対する思いは何一つ変わりませんでした。むしろ、裏切り者本人が抱えてしまった胸の痛みを取ろうとすら苦心しています。そもそも勝浦には、弟分古澤の気持ちが分かっていたようです。裏切ったことも分かっていただけでなく、自分の優れた能力で古澤の嫉妬心を引き起こしただろうところまでにも素直に受け止めた印象です。四肢を失わせるほどのことなのに、怨みに心が支配されないことは驚くべきことです。

    登場人物はほとんどが悪行に手を染めています。だれもが悲惨な結末を迎えています。因果応報という言葉を借りるのなら、起こるべくして起こったと一笑に附されそうな状況ばかりです。でも、誰もがその悪い環境に流される以外に活路が見えません。悪を止めることが出来そうにありません。

    勝浦と古澤、二人の悪人。兄貴分が弟分の気持ちを完全に分かっているとき、そこには弟分に対する純粋な思いがありました。ダルマは禅宗です。禅とは単を示すのだそうです。悪人がちょっと良いことをすると当たり前のことでも、褒められるものです。しかし、勝浦が起こした温かな思いは、当たり前には出来ません。その温もりに触れれば多くの人が勝浦に良い感情を抱くと思いますが、目撃したのは坂本のみです。

    不本意でしていた勝浦の介護ですが、その縁で目撃することができました。坂本にとって、いったいどのような思いで死へ赴いたのでしょうか。とっても個性的な作品でした。

  2. より:

    文章を読んでいて分からない点が幾つか…。
    ・助けに入るものの娘の必死な抵抗に、坂本は怒り狂いますが、娘は坂本に一枚のメモを渡します。
    これは勝浦を助けに入るが、娘がそれを阻止しようと抵抗しているという意味でしょうか。

    ・制止する勝浦の声も虚しく、勝浦は銃で自らの頭を撃ち抜くのでし
    静止したのは勝浦、撃ち抜いたのも勝浦ですか?