映画『雲のむこう、約束の場所』あらすじネタバレ結末と感想

雲のむこう、約束の場所の概要:2004年製作の日本アニメーション映画。監督は新海誠で、彼の3本目の作品である。日本が戦争により南北分裂を起こした時代が舞台で、中学生3人を主人公に約束をした場所を守ろうとする物語。

雲のむこう、約束の場所 あらすじネタバレ

雲のむこう、約束の場所
映画『雲のむこう、約束の場所』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

雲のむこう、約束の場所 あらすじ【起・承】

戦争のせいで日本は津軽海峡を挟み、南北で分断された。
南側をアメリカ、北側をユニオンに占拠されている。
北側北海道は蝦夷と呼ばれ、そこには謎の巨大な塔が建てられている。
何のための物か、誰にも分かっていない。

青森に暮らす中学三年のヒロキとタクヤは、登校中の駅から見えるその塔に興味津々だった。
いつか行ってみたいという衝動に駆られる。
そしてついに飛行機を作ろうと思い立った。

彼らと仲の良かったサユリも、飛行機に興味がある。
彼女はいつも不思議な夢を見ると気にしていた。
サユリの祖父はユニオンの塔の建設者だと言う。
二人は彼女をいつかユニオンの塔にまで連れて行ってあげると約束をした。

中学3年になった頃、サユリが突然二人の前から消えてしまう。
彼女に恋をしていた彼らはサユリのために飛行機を完成させたかった。
しかしその目的が無くなってしまった今、二人は製造を止め高校に進学した。

雲のむこう、約束の場所 あらすじ【転・結】

高校でタクヤは才を表し、ユニオンの研究をしているチームに客員として入る。
このユニオンの塔は今ある世界ではない、異空間の世界にアクセス可能。
その異空間の出来事を現実化するという力を持っているとされている。
つまりあり得たはずの世界が何個も平行で存在し(劇中用語では平行世界)、それを上手く今の世界と書き換えてしまうというもの。
これはユニオンの兵器だろうと言われていた。

しかしこのユニオンからの活動は塔から少しのところで止められている。
つまり本州には流れ込んで来ていないのだ。
その原因とは何なのか。

調度そのころ、東京の病院にサユリが入院しているという連絡をもらうヒロキ。
早速上京し病室に行くとサユリは転院した後だった。
彼女は3年間眠り続けているのだという。
ユニオンの夢の書き換えが抑制されていたのは、サユリに代わりに流れ込んでいたからだった。

ヒロキはすぐに帰り、タクヤに連絡をとって飛行機を作り直すと言う。
しかしタクヤは馬鹿げているとあしらった。
それでも引かないヒロキに根負けし、二人はもう1度ユニオンまで飛べるヴェラルーシを飛ばそうとする。
しかし南北での戦争が今にも始まりそうな緊迫状態。
この混乱に便乗し出来あがった飛行機に眠り続けるサユリを乗せて出発した。

ヒロキの飛行機はついにユニオンの塔へ。
そこでサユリは夢から覚めた。
大事なものを失ってしまった気がするとサユリは言ったが、ヒロキは眠りから覚めたのだから大丈夫だと言った。
二人は約束の場所で再会するのだった。

雲のむこう、約束の場所 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:91分
  • ジャンル:SF、ラブストーリー
  • 監督:新海誠
  • キャスト:吉岡秀隆、萩原聖人、南里侑香、石塚運昇 etc

雲のむこう、約束の場所 批評・レビュー

映画『雲のむこう、約束の場所』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

小難しいアニメ

もう少しやりようがあったのではないか?と思ってしまうほど全てが小難しいアニメ。
例えば言っていることの理屈だったり、単純にシステムの名前などだ。
極端な話、何を言っているのか全く理解出来ない。

新海監督は頭脳派なのかもしれない。
自分の頭の中で作った脚本をそのままアニメ化している印象を受ける。
自身の子供の頃の夢や空想を具現化しているようなことだ。

本作品の脚本やアイデアは非常に良く、到底凡人には思いつかないようなものばかりである。
しかし発信者として自分だけわかっていれば良いというのは良くない。
全ての人が鑑賞しながら理解をし、同じ世界観に浸ることが出来なければ良い作品とは言わないのではないだろうか。

今は単館公開の映画が流行り、難しい内容を理解するとオシャレであるというような風潮があるが映画はそれではいけないような気がする。
作品の中身を理解させるのは基本中の基本。
それさえも理解しにくい作品は個人的には認めていない。

南北分断のアイデア賞

本作品の内容はわかりにくいが、発想力は素晴らしい。
日本が戦後北海道と本州で分断されるという、何とも奇抜な発想で興味を持たせてくれる。
自分的には本州をどこかで分けて欲しかったが、北海道というのも妙にリアルで良い。

ユニオンの塔という夢を置き換える兵器というアイデアは、誰にも真似出来ない。

新海監督の凄さ、らしさを強調出来た作品となっている、まさに代表作だ。
自分的には理解に苦しむ部分が多いが、彼のファンはこのパラレルワールドに惹かれていくのだろう。

雲のむこう、約束の場所 感想まとめ

新海誠、日本を代表する現代アニメーション映画界の巨匠である。
その才能は素晴らしく確かに突出している。
しかし彼の作品の短所は監督自身しか理解できないことである。

本作品の見所はリアルで美しい描写、誰にも思いつかない様な斬新なアイデア。
どれをとっても新鮮で才能が溢れている。
しかし難しすぎるのだ。
わざと難しい演出をして鑑賞者を混乱させ惹きつけようとしているのか?とさえ思ってしまうほどである。
もう少しわかりやすい製作の仕方をするか、根本的に脚本を優しくしてみて欲しい。

Amazon 映画『雲のむこう、約束の場所』の商品を見てみる