映画『黒執事』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「黒執事」のネタバレあらすじ結末

黒執事の概要:2014年公開の日本映画。原作は世界で人気の同名コミックで、両親を殺され悪魔に魂を売った少女が、女王の番犬と呼ばれるまでになり男性の姿に変わって復讐をしようとするサスペンススリラー。

黒執事の作品概要

黒執事

公開日:2014年
上映時間:119分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:大谷健太郎、さとうけいいち
キャスト:水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月 etc

黒執事の登場人物(キャスト)

セバスチャン(水嶋ヒロ)
清玄と魂の契約を結んだ悪魔。魂をもらうまで執事として清玄に仕えている。
幻蜂清玄/汐璃(剛力彩芽)
両親の死をきっかけに女性をやめ、悪魔に魂を売って復讐を誓う。賢く冷淡な人間。
岩槻華恵(優香)
清玄の叔母で会社の共同経営者。優しく面倒見が良い女性。

黒執事のネタバレあらすじ

映画『黒執事』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

黒執事のあらすじ【起】

幻蜂清玄は女性であることを隠し、幻蜂家の4代目当主として生きている。
その清玄は今、白い女物のワンピースを着て人身売買の現場に忍び込んでいた。
ヤクザから暴力を受けながらも、何のために女性ばかりを狙う人身売買をしているのか探るためであった。

立場が危うくなったその時、黒い燕尾服の男がナイフを持って倉庫に入ってくる。
大勢のヤクザを1人で相手にする彼の名はセバスチャン。
その人間とは思えない異常な強さの彼は、清玄の「悪魔で執事」であった。
幼い時両親を目の前で殺害された清玄は、悪魔と魂の契約を結びセバスチャンを執事として傍においているのだった。
清玄の目的が達成されたその時、清玄の魂をくらう契約だった。

世界が東西に分断された世の中。
名門貴族幻蜂家の家業を当主として務める一方で、清玄は西の女王の番犬として裏家業も持っていた。
その能力は東側でも恐れられているほど。

今回調べていた人身売買も実は裏家業。
女王から謎のミイラ化死体事件を追うように言われていた清玄は、女性ばかり狙う人身売買の組織に関連性を見いだす。
ミイラ化した遺体は大使館の人間ばかり。
しかも生前そのヤクザと共通して会い、白い封筒のようなものをもらっていたのだ。
セバスチャンがやってきて残りのヤクザを蹴散らしても、往生際の悪いリーダーは口を割ろうとしない。
そのためセバスチャンに殺されてしまった。

黒執事のあらすじ【承】

叔母との食事会を開く。
そこで何かの薬を飲んでいる叔母だったが、メイドのリンが足を引っかけてしまい薬の瓶を落っことしそうになった。
それをすかさず疲労セバスチャン。
薬は無事だった。

セバスチャンと清玄は、この組織の裏に製薬会社の社長が関連していることを知る。
そしてその社長が開いているという秘密のパーティーの存在を知ると、どうやって中に入れるのか調べた。
それは完全招待制のパーティーで、大物政治家などが通うものである。
清玄はぴんときた。
死んだ人間が渡されていたのは、この封筒だったのである。

叔母の華恵に頼み込み、何とか招待状を手にした清玄はメイドのリンを連れてパーティーに参加。
そこでこっそり会場を抜け出しリンを連れて中を探索する。
そこでばったり社長と遭遇してしまった清玄は。製薬会社の社長に挨拶をする。
だが突然暴行を受け拉致されてしまった清玄とリン。
その頃セバスチャンは清玄の命令により、製薬会社の工場を調べていた。

黒執事のあらすじ【転】

そのパーティーはドラッグ中毒者をターゲットにしたものだった。
清玄が気がついた時、顔に麻袋がかけられていたが、はっきりではないものの袋の隙間から外の様子が確認できた。
すると目の前に2人の人間が話している。
1人は社長、もう1人の顔は見えない。
2人はガラス張りの部屋を見つめ、これから始まるショーを待っているようだった。
そのショーとはネクローシスという新薬のドラッグを試せるというものである。
ネクローシスを楽しみに集まった中毒者達にネクローシスを与えるスタッフ。
そのドラッグは吸い込んだり注射をするものではなく、潰して出た液が空中に撒かれるという。
それを吸った人間は鼻血が出て、次は耳、最後に目から血が出るともうまもなく死へ向かうという恐ろしいものだった。

目の前の2人はネクローシスを撒いたガラス部屋の様子を楽しんでいる。
しかし突然製薬会社の社長がもう一人の人間に殺害される。
清玄は何が起こったのかわからず驚いていると、麻袋の向こうで銃をこちらに向けている人間がいることに気がついた。

その後、何も無かった清玄はリンを連れて逃げだそうとするが、捕まってしまい他の人間が殺害されている現場に連れて行かれる。
リンと2人殺されそうになったその時、リンがおもむろに銃を抜き撃ち始めた。
その強さは目を見張る物がある。
いつもは失敗ばかりのリンだったが、実は代々幻蜂家をお守りする一族なのだと言った。

黒執事のあらすじ【結】

リンが敵を引きつけている間に逃げ出した清玄は、パーティー会場の入り口で叔母に車にのせてもらう。
そしてその新薬ネクローシスが今夜行われる除霊祭で撒かれることを知った清玄は、叔母に会場になる大聖堂まで急ぐよう頼んだ。
そしてセバスチャンにリンを助け、除霊祭に来るよう命令する。

しかし清玄が連れて行かれたのは除霊祭では無かった。
助けてくれたはずの叔母は、味方では無かったのである。
リンを助けた後、清玄の元に来たセバスチャンに驚く叔母達をよそに、彼は淡々と話す。
セバスチャンが言うには新薬は偶然の産物で、本当は叔母が不老不死の薬を頼み作らせていたという事実。

叔母は話始める。
昔清玄の母と姉妹だった叔母は、最初に父から選ばれた結婚相手は自分だったのだと。
そして結婚をしお腹に子供も出来幸せにくらしていたのだが、父に恨みを持っている何者かから襲われ流産した叔母。
その後子供が産めない身体になり、お払い箱にされたと言う。
次に選ばれたのが清玄の母だったのだ。
叔母はどうしても許せなくて、2人を殺害したのである。

しかしその後何度も過去の傷から発作が起こり、製薬会社に薬を頼んだのだった。
もうこの先自分に幸せが訪れることが無いのなら、永遠の命を持って生きてやろうという
魂胆だったのである。

無事にセバスチャンにより助かった清玄は、ベッドに寝ている。
傍に居るセバスチャンに「おまえだけは僕を裏切るな」と言うと、悪魔の彼は言った。
「命がつきるまでおそばにいます」と。

Amazon 映画『黒執事』の商品を見てみる