映画『薬指の標本』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「薬指の標本」のネタバレあらすじ結末

薬指の標本の概要:事故で薬指の先を失った若い女は、ある港町の外れの洋館で働く標本技術士と出会う。その洋館では、様々な人の思い出が標本となり保管されていた。小川洋子原作の短編小説をフランス人女性監督が映画化。

薬指の標本の作品概要

薬指の標本

公開日:2004年
上映時間:100分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ディアーヌ・ベルトラン
キャスト:オルガ・キュリレンコ、マルク・バルベ、スタイプ・エルツェッグ、エディット・スコブ etc

薬指の標本の登場人物(キャスト)

イリス(オルガ・キュルレンコ)
工場での作業中の切断事故で、左手の薬指の先を失った女性。21歳。
標本技術士(マルク・バルべ)
標本製作所で働く標本技術士。
コスタ(スタイプ・エルツェッグ)
港町の港湾ドッグで働く船員。イリスと部屋をシェアする。
ホテルの主人(ハンス・ジシュラー)
港町で宿屋を営む男性。行き場のないイリスに部屋を提供する。
223号室の婦人(エディット・スコブ)
洋館の一室に住む老女。元電話交換手。
309号室の婦人(アンヌ・ブノワ)
洋館の一室に住む老女。元ピアニスト。
靴磨きの男(ソチグイ・クヤテ)
街の中央駅で靴磨きをしている男性。標本製作所に依頼を持ってくる。
依頼人の少女(ドリア・アカー)
標本作製を依頼する少女。火事で全てを失っている。

薬指の標本のネタバレあらすじ

映画『薬指の標本』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

薬指の標本のあらすじ【起】

若く美しいイリスは、炭酸工場での作業中の事故で左手の薬指を切断する。悲嘆にくれるイリスは、生活を一新しようとある港町へ越す。イリスは部屋を探し始める。イリスが飛び込んだ宿屋の主人は、行き倒れそうなイリスを不憫に思う。主人は、夜勤の船員コスタと時間割で交代して使うという条件で、イリスに一室を貸す。

イリスは職探しを続け、近くの小島へ向かうフェリーに乗り込む。イリスは、小島の森の中で一軒の古びた洋館を見つける。洋館の入り口には標本製作助手を募集する張り紙がある。イリスが呼び鈴を鳴らすと、白衣を纏った男が出る。男は標本技術士で、その洋館で人々の思い出を標本にして保管している。技術士はイリスを雇う。

翌日、イリスは技術士から業務内容の説明を受ける。技術士は、依頼人を安心させることが一番重要だと話す。

ある朝、イリスは寝過ごし急いで部屋を出る。少し遅れて洋館に到着すると、入り口で一人の少女とすれ違う。

技術士は、イリスに先程の少女が依頼した標本を見せる。それは、火事で全焼した少女の家の焼け跡に生えたキノコだった。技術士は、この洋館では人々の悲しい思い出を標本にして保管しており、依頼主はいつでも標本を見に来ることができる、と話す。技術士はイリスに、標本にすることで人は辛い思い出から解放される、と言う。

昼間、部屋に戻っているコスタが、窓にかけてあるイリスのドレスを眺めている。夕方にイリスが宿へ帰ったちょうどその時、コスタは仕事へ出るところだった。二人はすれ違いざまに目が合う。イリスは、コスタに関心に持ち始める。

薬指の標本のあらすじ【承】

ある日、楽譜を標本にしたいという一人の女性が製作所にやって来る。イリスは手続きをして楽譜を受け取る。

技術士は、イリスを地下へ案内する。この洋館はもとは女子寮で、地下の一角は広い浴室だった。浴室で、技術者はイリスに一足の美しい靴をプレゼントする。技術者は手づからイリスに靴を履かせる。靴は、イリスの足にぴったり合う。技術士は、イリスに、この靴を毎日履いて欲しいと頼む。靴を受け取ってから、イリスの服装は大人っぽいものへと次第に変化していく。

翌日は大雨で、イリスはずぶ濡れで出勤する。地下の浴室で、技術士はイリスの体をタオルで拭う。洋館内の223号室に住む婦人にアイロンをかけてもらうため、技術者はイリスに服を脱ぐように言う。イリスは下着姿になる。技術士はイリスの肢体を眺めた後、浴室から出て行く。

乾いた服を着て、イリスは技術者とともに309号室に住む婦人を訪ねる。技術者は309号室の婦人に、前日に依頼人から受け取った楽譜をピアノで弾くように頼む。技術者が、233号室の婦人を309号室に連れてくる。

309号室の婦人の演奏を聞く間、イリスは一枚の写真に目を留める。それは女子寮生の集合写真で、技術士も一緒に写っていた。イリスは、技術士と223号室の婦人が意味ありげな視線を交わしていることに気づく。演奏が終わった後、技術士は楽譜を丸めてシリンダーに詰める。

ある日、靴磨きの男が死んだ文鳥の骨を持って依頼に訪れる。男はイリスの靴を褒めるが、あまりにぴったりと足に合う靴は危険だと言う。

翌日の出勤時のフェリーで、イリスはドッグの船の上からこちらを眺めているコスタに気づく。部屋に戻ったコスタは、イリスのドレスを眺める。

薬指の標本のあらすじ【転】

技術士は、イリスに保管室の整理を頼む。イリスと技術士は、地下室へ降りる。技術士はこの洋館が女子寮だった時の様子を語る。223号室の婦人と309号室の婦人は、洋館が女子寮だった時からの住人であった。

技術士は、イリスの服を脱がせて裸体を眺める。イリスは床に横たわり、技術士を受け入れる。体を重ねながら、技術士は、イリスが標本にしたいものは何かを尋ねる。イリスは、自分の失くした薬指を標本にしたい、と答える。

イリスが宿へ帰ると、コスタからの書き置きがあった。コスタは、港での仕事を終えて町を去る前に、イリスと会って話したいと考えている。イリスは、コスタが待ち合わせに指定したバーへ向かう。イリスは、コスタが酔った女にからまれている姿を偶然見てしまい、コスタに失望して部屋へ帰る。バーからイリスを追ってきたコスタは、窓の外からイリスに合図しようとするが、イリスは窓を閉めて答えない。

翌日、イリスが仕事から部屋へ帰ると、コスタは荷物をまとめて去っていた。

イリスと技術士は、浴室で逢瀬を重ねる。イリスは次第に技術士に固執していく。

薬指の標本のあらすじ【結】

ある雨の日、キノコの標本を依頼した少女が、二つ目の依頼のために訪ねてくる。少女は、今回は自分の顔に残るヤケド跡を標本にしたいと言う。技術士は、少女を地下にある自分の作業場へ連れていく。技術士と少女は、作業場からなかなか出て来ない。イリスは不安に駆られる。

翌日、イリスは少女の依頼した新しい標本を探しまわるが、見つからない。イリスは保管室で、標本にされていた一枚の写真を見つける。それは、自分と同じような靴を履いた若い女性の写真だった。イリスは嫉妬を覚える。

一人の中国人が、標本にして欲しいと高価な麻雀牌を持ち込む。イリスは、麻雀牌の木箱を移動させようとして床に落としてしまう。牌は床に散らばり、技術士は翌日までにすべて元通りにするようイリスに言いつける。

イリスは、一晩かけて麻雀牌を元通りに木箱に納める。朝方、床でうたた寝しようとしているイリスを技術士が抱きしめる。イリスは、技術士と少女と間に何かあったのか尋ねる。技術士は、すべては標本のためだ、とだけ答える。イリスは、技術士から離れられなくなっている。

ある日、イリスは靴磨きの男に靴を手入れしてもらうため、町の中央駅を訪れる。靴磨きの男は、イリスが靴の贈り主に執心していることに気づく。男はイリスを心配し、靴を脱がない限り自由になれない、と言う。イリスは、離れたくない、と答える。

イリスは製作所へ戻る。イリスは、標本ラベルに自分の名前を書き込む。イリスはラベルを持って地下へ降り、靴を脱ぎ捨てて作業場に入っていく。

Amazon 映画『薬指の標本』の商品を見てみる