映画『ラ・ジュテ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ラ・ジュテ」のネタバレあらすじ結末

ラ・ジュテの概要:フランス人監督、クリス・マルケルによる短編SF映画。舞台は近未来の荒廃したパリ。ある男が、過去の記憶と未来のイメージの間を彷徨う。モノクロ写真を連続して映し出す技法「フォトロマン」が使われている。

ラ・ジュテの作品概要

ラ・ジュテ

公開日:1962年
上映時間:29分
ジャンル:SF
監督:クリス・マルケル
キャスト:エレーヌ・シャトラン、ジャック・ルドー、ダフォ・アニシ etc

ラ・ジュテの登場人物(キャスト)

男(ダヴォス・ハニッヒ)
第3次世界大戦後のパリで、ある恐ろしい実験の被験者となる人物。装置に繋がれ、脳内で過去と未来を行き来する。
女(エレーヌ・シャトラン)
男の記憶のイメージに現れる女性。
科学者(ジャッカス・ルドー)
大戦後の人類救済計画に関わっている人物。男に実験を施す。

ラ・ジュテのネタバレあらすじ

映画『ラ・ジュテ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ラ・ジュテのあらすじ【起】

第三次世界大戦でフランスは敗戦国となり、パリは荒廃する。世界は放射能に覆われている。

ある男は、少年期のイメージに取り憑かれている。少年の頃に見た暴力的な光景が、大人になった今も彼の心を圧迫し続けている。

男は少年時代の回想に浸っている。大戦前の平和なパリ。少年はオルリー空港の送迎台で飛行機を眺めている。少年はある一人の女の顔に目を留める。戦争中には決して見られない穏やかな表情。女の顔は少年の心に強烈な印象を残した。

突然、少年の前で一人の男が射殺される。男は生涯この光景に取り憑かれている。

戦後、パリは勝利者の支配下に置かれる。生存者の多数は捕虜となり、逃げのびた者たちは地下へ潜伏する。

勝利者は人類の滅亡を防ぐため、ある計画を立てる。それは、時の流れに穴を開け、捕虜の記憶やイメージを介して過去や未来に接触し、物資や技術を入手する、というものである。移動するのは意識のみで、捕虜の体は移動することはない。

計画のための実験が開始され、多くの捕虜達が実験台に送られる。これまでの全ての被験者は、錯乱するか死亡するという末路を辿っている。

実験を成功させるには、想像力の強い人間が必要である。警察は捕虜達の夢を監視し、過去の映像に執着する男を被験者に選ぶ。

ラ・ジュテのあらすじ【承】

科学者は男を奇妙な装置に繋ぎ、薬品を注射する。長い苦しみの末、男の意識は過去の記憶へ向かう。

男の過去に関する記憶の描写が鮮明になっていく。平和時の朝やベッド、本物の子供、猫や鳥などのイメージが次々と浮き上がってくる。

実験開始から16日が経過する。記憶のイメージの中、男はオルリー空港の無人の送迎台にいる。男は、過去に同じ送迎台で目撃した女を再び目にする。

実験開始から30日後。再び記憶の中。市場で、男は送迎台にいた女に初めて声をかける。女は男に反応を返す。男が記憶から戻ると、女の姿は消える。

実験を重ねるうちに、科学者は過去の決まった時間へ男を送ることが可能になる。男は記憶の中で何度も女に会い、二人は親しくなる。男が自分が未来から来たことを女に打ち明けると、女は男が違う時系列からやってくることを既に理解していた。

男の意識が現実に戻っている間、女は止まった時間の中で死んでいる。男が女の前に姿を現わすと、女は生き返る。男は、女が息を吹き返す瞬間を、恋人の目覚めを待つかのように見つめている。

ラ・ジュテのあらすじ【転】

今や男と女は強い信頼で結ばれている。男の意識が現実へ戻ろうとすると、二人の間にはガラスのような障壁が出現する。

ある日、科学者は男に第一段階は終わったと告げる。実験の第二段階では、男は一層直接的に女に関わることが可能になる。

女は男に対してすっかり打ち解けており、甘えたり拗ねたりしてみせる。男は、目の前で展開する映像が自分の意志で見ているものなのか、もしくは強制的に見せられているものなのか、そして、これが夢か現実かの区別がつかなくなる。

実験開始から50日が経過する。実験は成功を重ね、科学者は男を思い通りの過去の時間帯へ送ることが可能になる。

イメージの中で、男と女は剥製博物館を訪れる。女は男の出現を自然現象のように受け止めるようになっている。女は男の前では終始笑顔である。二人は、今までで一番楽しい逢瀬を過ごす。男にはこの信頼関係が永遠のものだと思える。

突如、男の意識が強制的に現実へ引き戻される。過去への実験は成功を収め、科学者は男の意識を未来へ飛ばす実験を開始する。男は、博物館でのデートが女に会える最後の機会だったと気付く。

ラ・ジュテのあらすじ【結】

科学者は男に注射する。男は未来のイメージをなかなか明確にすることができず、実験は難航する。苦痛を超えて、男は未来へ意識を向けることができるようになる。

未来の地球は大きく変貌しており、パリは再建されている。男は未来人に接触し、現在の地球への援助を要請する。現在の人類とは全く異なった思考回路を持っている未来人は、過去の人類を拒絶する。

男は、このまま現在の人類が滅んでしまうと、未来も存在しなくなる、と未来人を説得する。納得した未来人は、男に全産業を復活させるエネルギーを渡して未来との回路を閉じる。

エネルギーを持って帰ってきた後、男は監視付きの部屋と少年期の映像を与えられて快適に過ごす。男が死ぬと未来のイメージも消滅してしまうため、科学者は男の抹殺を先延ばしにしているが、いずれは殺す予定である。

ある日、男は時間旅行をして現在にやってきた未来人からメッセージを受け取る。未来人は、男を助けて仲間に加えようとする。男は、平和な未来よりも少年期に戻りたいと望む。

未来人は、男の意識を少年期に戻してやる。再び男は過去の記憶の中にいる。男はオルリー空港の送迎台に女の姿を認め、駆け寄ろうとする。

男を監視していた科学者は、脱走した男を抹殺するために追跡者を送り込んでいた。女のもとに辿り着こうとしたその瞬間、追跡者は男を射殺する。

男は倒れる。少年期の男が見た強烈な殺人現場は、大人になった男が殺されたまさにこの光景であった。

Amazon 映画『ラ・ジュテ』の商品を見てみる