映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ラスト・アクション・ヒーロー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・アクション・ヒーローの概要:少年ダニーがもらったチケットは、映画の世界へ入り込める力を持っていた。大好きなアクション映画に入り込んでしまったダニーは、あこがれの主人公と事件解決に挑むが……。A・シュワルツェネッガー主演のアクション・ムービー。

ラスト・アクション・ヒーローの作品概要

ラスト・アクション・ヒーロー

公開日:1993年
上映時間:131分
ジャンル:アクション
監督:ジョン・マクティアナン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、オースティン・オブライエン、アンソニー・クイン、F・マーレイ・エイブラハム etc

ラスト・アクション・ヒーローの登場人物(キャスト)

ダニー(オースティン・オブライエン)
映画『ジャック・スレイター』シリーズが大好きな小学生。アクション映画好きだが自身は強いものに立ち向かう勇気を出せずにいる。父親を早くに亡くし、母親と2人暮らし。
ジャック・スレイター / アーノルド・シュワルツェネッガー(アーノルド・シュワルツェネッガー)
ジャック・スレイターは映画『ジャック・スレイター』の主人公。命知らずで無敵、映画の主人公なため、映画の中では痛みを感じず死ぬこともない。ロックとくだらないジョークが好き。
ベネディクト(チャールズ・ダンス)
『ジャック・スレイター4』に登場する悪役。片目の義眼が特徴のスナイパー。ルーニーの右腕として働いているが、慣用句を間違えてばかりのルーニーに内心イライラしている。
トニー・ビバルディ(アンソニー・クイン)
『ジャック・スレイター4』に登場する悪役。ベネディクトのボスで、2大マフィアの1つを牛耳っている。慣用句やことわざを多用するが、毎回間違っている。
リッパー(トム・ヌーナン)
『ジャック・スレイター3』に登場するジャックと因縁のある切り裂き魔。斧を武器にし、ジャックの息子を道連れにして死んだ。
ニック(ロバート・プロスキー)
年老いた映写技師。ダニーと仲良しで、『ジャック・スレイター4』の試映にダニーを招待した。昔は魔術師になるのが夢だった。

ラスト・アクション・ヒーローのネタバレあらすじ

映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ラスト・アクション・ヒーローのあらすじ【起】

小学校で立てこもり事件が発生、命知らずで無敵の刑事、ジャック・スレイターが単独突入する。屋上にいたのはジャックと因縁の殺人鬼と人質たち。殺人鬼の横にはジャックの息子が捕まっていた。ジャックは武器を捨てると見せかけて反撃に出るが……。

そこで映像がピンボケになる。そう、ここはアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『ジャック・スレイター3』を上映中の、古ぼけた映画館。ダニーはこの映画が大好きでもう何度も見ている。今日も学校をさぼって映画館に来ていたのだ。ダニーは仲良しの映写技師ニックに、明日公開の映画『ジャック・スレイター4』の試写に招いてもらい、夜中、母親が仕事に出ているすきに映画館へやってくる。

ニックはダニーに魔法のチケットを見せてくれる。かの有名な魔術師フーディーニからもらったものだそうだ。ニックは魔法のチケットをちぎって、その半券をダニーに手渡す。人気のない映画館、『ジャック・スレイター4』の試写が始まった。

ラスト・アクション・ヒーローのあらすじ【承】

マフィアのボス・ルーニーの屋敷。ジャック・スレイターのまたいとこがルーニーに半殺しの目にあわされる。ルーニーがTと手を組むと言う偽の情報をつかまされ自宅に戻されたまたいとこは、ジャックにその情報を伝え事切れた。直後家は爆発、ジャックは住んでのところで爆発を逃れ、ルーニーの追手とカーチェイスとなる。

その時ダニーのポケットの中のチケットが光り出した。するとジャックが跳ね返したダイナマイトが、スクリーンを飛び出して映画館に転がってきた。ダイナマイトが爆発し、気がつくとダニーはジャックの車の中にいた。ダニーは映画の中に入り込んでしまったのだ。

ジャックも警察署長も、「これは映画の世界だ」というダニーを信じない。仕方なく署長は、事情に詳しそうなダニーをジャックの相棒にする。ダニーはジャックに信じてもらうため、映画で見たルーニーのアジトに案内する。左目が義眼の男・ベネディクトに応対されジャックとダニーはその場を退くが、ダニーが義眼の男本人しか知らないようなことを口走ったため、ベネディクトはダニーを危険視する。

ジャックとダニーは自宅に帰る。ジャックは息子の事を思い出し、1人ドライブに出る。ジャックは切り裂き魔と戦った時に息子を亡くしていた。ベネディクトと手下が、ジャックの自宅を襲いに来る。ダニーとジャックの娘は捕まってしまうが、そこへジャックが帰ってきた。ジャックは圧倒的な強さで手下どもをやっつけ、ベネディクトだけがその場を逃げ出した。

ベネディクトは、ダニーからあの魔法のチケットを押収していた。ふとチケットを手に取ると、急に手が壁を通り抜ける。ベネディクトはこのチケットが異次元とつながるかけ橋だと気づいてしまう。

ラスト・アクション・ヒーローのあらすじ【転】

ベネディクトの爆弾によってジャックは警察をクビになってしまった。ダニーはレオの葬式に行こうと提案する。ジャックもレオは間違って撃たれたのではなくルーニーの策略のうちだったのではと気付く。ルーニーたちはレオの体内に時限爆弾式の毒ガスを仕込んだのだ。2人は葬儀に駆け付けたが、逆にボスたちに捕まってしまった。絶体絶命かと思ったその時、同僚のアニメ猫ウィスカーが見張りを射殺し逃がしてくれる。

ジャックはレオの遺体のそばまで潜入、遺体を運びさろうとするが、会場のマフィアたちは皆銃を手に彼を追いかける。ダニーがクレーンを運転し、レオの遺体をキャッチ。ヘリコプターがジャックを狙い、ジャックはビルから落ちてしまうが、ダニーがクレーンで救い出す。しかしそのクレーンにはレオもつり下がったままだ。ジャックはタールの池にレオを落とし、惨事を防ぐことができた。

ベネディクトはルーニーを射殺した。そこへジャック達が到着、ベネディクトを投げ飛ばす。するとベネディクトは壁を通り抜け、ダニーの元いた世界にワープしてしまった。このままでは現実世界が危ない。まだ開いたままの異次元の扉から、2人は現実世界へワープしベネディクトたちを追う。

現実世界ではジャックも映画と違ってけがをする。自分が想像の産物にすぎないと知ったジャックは落ち込んでしまう。一方ベネディクトは、この世界では人が死んでも誰も気にしない様子なのに驚いていた。理想の世界にやってきたと感じたベネディクトは、邪魔者を消すため、ジャックの息子を殺した切り裂き魔を映画の世界から連れてくる。ベネディクトは彼にアーノルド・シュワルツェネッガー殺害を依頼する。ジャックとダニーはベネディクトを追い、彼の狙いを知る。

ラスト・アクション・ヒーローのあらすじ【結】

シュワルツェネッガーは新作映画「ジャック・スレイター4」のプレミア上映に登場していた。切り裂き魔もプレミア上映に現れるが、周りは「切り裂き魔を演じた俳優」だと思い通してしまう。ジャックは切り裂き魔からシュワルツェネッガーを救う。しかし切り裂き魔は、ダニーを人質にし、ビルの屋上にジャックを誘い込む。切り裂き魔はダニーをビルから突き落とすが、ジャックは発電機を壊し、切り裂き魔を感電死させた。

ジャックは落ちず、隣のビルに引っかかっていた。ダニーはジャックに励まされ、勇気を出して飛び無事救出された。その時、ベネディクトが魔法のチケットを手に現れた。ベネディクトの銃がジャックの胸を貫く。だがダニーの手助けにより、ジャックはベネディクトを撃ち殺した。

チケットがベネディクトの手をはなれビルの下に落ちる。チケットの力で、映画から死神が抜けだしてきてしまった。ダニーは瀕死のジャックを救うため、映画館へ運び込む。死神は死の気配に呼び寄せられジャックの元へ来た。だが死神はジャックを殺さず、映画館で回収されたチケットの半券を探せとアドバイスする。ダニーは半券を見つけ、ジャックを元の世界に戻し命を救った。

Amazon 映画『ラスト・アクション・ヒーロー』の商品を見てみる