映画『ラスト・ボーイスカウト』あらすじとネタバレ感想

ラスト・ボーイスカウトの概要:「ラスト・ボーイスカウト」(原題:The Last Boy Scout)は、1991年のアメリカ映画。監督は「トップガン」、「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。主演は「ダイ・ハード」シリーズ、「ハドソン・ホーク」のブルース・ウィリス。共演には「ビバリーヒルズ・コップ」、「愛しのロクサーヌ」のデイモン・ウェイアンズ。ダニエル・ハリス、ノーブル・ウィリンガム、テイラー・ネグロン、ハル・ベリー、「ビリーズブートキャンプ」で時の人となったビリー・ブランクスなど。

ラスト・ボーイスカウト あらすじ

ラスト・ボーイスカウト
映画『ラスト・ボーイスカウト』のあらすじを紹介します。

とあるアメリカンフットボールの試合で、劣勢だったチームのロサンゼルス・スタリオンのスター選手ビリー(ビリー・ブランクス)に脅迫電話が掛かっていた。勝利を要求されパニックになったビリーは試合に出場し、タッチダウン寸前で銃を乱射し最後に自ら命を絶った。

私立探偵のジョー・ヘレンベック(ブルース・ウィリス)は、かつて大統領の護衛を務めるシークレット・サービスだった。今では飲んだくれでヘビースモーカーの落ちぶれ探偵であり、家庭は崩壊しかけていた。ある日ジョーに旧友のマイク(ブルース・マッギル)から連絡が入り、ストリッパーのコリー(ハル・ベリー)の護衛を依頼される。ところが家に戻ったジョーは、そのマイクと妻のサラ(チェルシー・フィールド)が浮気をしている事実を発見。マイクはジョーに追い返される際に、何者かが車に仕掛けた爆弾による事故で死んでしまう。ひとまずコリーの護衛を始めたジョーだったが、そのコリーも謎の男たちに射殺されてしまう。彼女の恋人ジミー(デイモン・ウェイアンズ)はかつてはロサンゼルス・スタリオンのクォーターバックとして活躍していたが、賭博容疑で追放されてからは鬱屈した人生を送っていた。そんな中でジョーはジミーと手を組み事件の真相を探り始める。落ち目になっていたスタリオンのオーナーであるシェリー・マルコン(ノーブル・ウィリンガム)は、収益を上げる為にフットボール賭博の合法化を狙って根回しをしていたが、それを知ったコリーにゆすられて殺害。さらに法案賛成の見返りに600万ドルを要求していたベイナード上院議員の暗殺を計画していた。スタジアムでフットボールを観戦中のベイナードを狙撃者が照明塔から狙うが、ジミーの活躍により上院議員は間一髪で救われ、ジョーは死闘の末に敵を殲滅させ、妻と娘の間にも再び家族らしさを取り戻した。

ラスト・ボーイスカウト 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1991年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:サスペンス、アクション
  • 監督:トニー・スコット
  • キャスト:ブルース・ウィリス、デイモン・ウェイアンズ、ハリー・ベリー、チェルシー・フィールド etc

ラスト・ボーイスカウト ネタバレ批評

映画『ラスト・ボーイスカウト』について、感想批評です。※ネタバレあり

作品全体のバランスに優れたアクション映画

1980年代に入り、シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネガー、メル・ギブソンという新しいヒーローが台頭し、大作アクションに多く出演し人気を博したが、本作も「ダイ・ハード」で一躍スターダムにのし上がったブルース・ウィリスの嵌り役である。オープニングからトニー・スコット監督らしい能天気なノリに、王道だった犯罪アクション映画の勢いを感じることが出来る。シニカルな表情でブラックジョークを吐き捨て、煙草を肌身離さずというところは不健康極まりないヒーローであるが、この不健康なダークスタイルがスタローンやシュワちゃんと違うところの魅力でもある。テロリストばかりを相手にしている「ダイ・ハード」と比較するのはトニー・スコット監督に気の毒な感じがするのだが、本作はサスペンスタッチでジワジワと迫ってくる緊迫感にも優れ、ハードボイルドな私立探偵という設定がどこかフィリップ・マーロウのようなイメージで悪くはない。しかしながらクライマックスではお得意の壮絶アクション連発で、爽快感は半端でない。脇役も実にいい演技をしている佳作である。

ハリウッド製バディ映画の典型

元エリートのシークレット・サービスながら落ちぶれてしまった私立探偵と、栄光から一転しドラッグ漬けの元花形アメフト選手が、自分たちに因縁のある巨悪に立ち向かうという、ハリウッド製バディムービーの典型である。主人公が刑事という設定でないところが型に嵌らずに良かったのだろうが、私立探偵という設定は何の意味も為していない。しかしながら最後まで息つく暇のない勢いはトニー・スコットの真骨頂であり、80年代から続々と作られたバディムービーの中でも上位にランクされる内容だろう。「ダイ・ハード」という金看板を背負っていたブルース・ウィリスだったので、さすがにシリーズ化とまでは行かなかったのだろうが、単品でも充分に楽しめる「ダイ・ハード」番外編と言った感じだろうか。序盤であっさり死んでしまう娼婦役が今やオスカー女優のハル・ベリーだとか、ビリーズブートキャンプのビリー隊長なんかが重要なシーンに出演しているのも感慨深い。

ラスト・ボーイスカウト 感想まとめ

下品な言葉でジョークを飛ばしまくり、娘の前だろうとお構いなしに拳銃を乱射して、平然と犯人をぶっ殺してゆくという、何ともストレートなアクションが爽快である。更に主人公ジョーの娘が父親譲りの無鉄砲さで、個人的には非常に好感が持てるキャラクターである。80年~90年に掛けて隆盛を極めた王道アクションだが、勧善懲悪ものとは言え「F・U・C・K」が合い言葉のように乱発され、このようなお下品な映画は今時まず撮られるような事はないだろう。そういった部分においては貴重な作品と言えるかも知れない。ブルース・ウィリスはこうでなくちゃ。

Amazon 映画『ラスト・ボーイスカウト』の商品を見てみる