『リーサル・ウェポン2 炎の約束』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

リーサル・ウェポン2 炎の約束の概要:「リーサル・ウェポン2/炎の約束」(原題:Lethal Weapon 2)は、1989年のアメリカ映画。監督は前作の「リーサル・ウェポン」、「3人のゴースト」のリチャード・ドナー。主演も前作と同じ「マッドマックス」シリーズ、「テキーラ・サンライズ」のメル・ギブソン。共演も前作と同じ「刑事ジョン・ブック 目撃者」、「シルバラード」のダニー・グローヴァー。本作より重要なサブキャラクターとして参加した「レイジング・ブル」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のジョー・ペシ。他にジョス・アクランド、デリック・オコナー、パッツィ・ケンジットなど。

リーサル・ウェポン2 炎の約束 あらすじ

リーサル・ウェポン2 炎の約束
映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のあらすじを紹介します。

ある夜ロサンゼルスのダウンタウンで、リッグス(メル・ギブソン)とロジャー(ダニー・グローヴァー)の二人は、壮絶なカーチェイスの末に犯人を追い詰め、横転したBMWのトランクに大量のクルーガーランド金貨を発見する。取り逃がして逃亡した運転手はやがて死体で発見される。その後、ロジャーは覆面の3人組に寝込みを襲われ、事件の捜査を中止するように脅迫される。そこから二人は麻薬組織が儲けた裏金を合法化させてきた銀行員レオ(ジョー・ペシ)の護衛を命じられる。組織にとって邪魔な存在となり命を狙われたレオは、かつて一度連れて行かれた組織の影のボスの家を思い出し二人を案内するが、激しい銃撃戦とカーチェイスの末に捕えた人物は、南アフリカの外交官ラッド(ジョス・アックランド)であり、治外法権に守られていることにより彼を釈放せざるを得なかった。自らの企てを感づかれたラッドは、麻薬取引で儲けた莫大な金を国外へ運び出す準備を始めると同時に、自分の正体を知ったリッグスたちを殺そうと企んだ。マータフは自宅のトイレに仕掛けられた爆弾で、危うく命を失いそうになり、何も知らずにラッドの秘書をしていたジル(パッツィ・ケンジット)を自分のトレーラーハウスに招いたリッグスは、一夜を共にした後ヘリコプターから激しい銃撃を受ける。そんな中でジルも殺され、かつて車の運転を誤って亡くなったと思われていた妻もラッドに命を奪われたことを知ったリッグスは、怒りが頂点に達し復讐を決意する。ロジャーと共にラッドのアジトを襲撃し破壊の限りを尽くすが、すでに彼は逃亡した後だった。ラッドのベンツに取りつけておいた探知器によってロサンゼルス港に向かった二人は、大量の現金が積み込まれたコンテナを破壊し、札束が舞い散る中でラッドを見事に倒し、南アフリカに通じる国際巨大麻薬組織の壊滅を成功させた。

リーサル・ウェポン2 炎の約束 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1989年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:リチャード・ドナー
  • キャスト:メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、パッツィ・ケンジット、ジョー・ペシ etc

リーサル・ウェポン2 炎の約束 批評 ※ネタバレ

映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』について、感想批評です。※ネタバレあり

メル・ギブソンのノリノリの演技が堪能できる

冒頭のカーチェイスシーンからメル・ギブソンの悪ノリのような演技が絶好調で、高速道路に逃げた車を走って追いかけ、相棒のロジャーにわめき散らすところや、自分の方の関節を入れたり外したりと、いけない薬でもやっているかのように超ハイテンションである。リッグスの相方のロジャーが爆薬の仕掛けられたトイレに座ったまま動けないというシーンが印象的である。ジョー・ペシの狂言も前作になかったコミカルな部分をフューチャーさせ、ハードなアクションの中にアクセントを付ける中和剤みたいな役回りを演じている。恋人を殺されキレまくったリッグスの暴れっ振りも凄まじく、敵のアジトを車で崖から引きずり落とすという規格外のアクションが、マッド・マックス以上の暴走ぶりに行き過ぎ感も見られるものの、徹底した破壊シーンは爽快極まりなく、クライマックスの敵のボスを倒すシーンもそこまでやるかという迫力には目を見張るものがある。メル・ギブソンも脂がのりきっている時期であり、アクションのスケールが半端なく楽しめる作品である。必死でついてこようとしているダニー・グローバーが気の毒に思ってしまうほどだ。

ダニー・グローバーの気の毒さもパワーアップ

1980年代後半のアパルトヘイト問題で世界が揺れる中、汚職にまみれた南アフリカの政治家が登場するというところも時代を色濃く反映しており、悪人を徹底的な悪人として扱っているところが展開の面白さに繋がっている。ジョー・ペシの登場でコミカルな部分が強調されるようにはなったが、アクションやシナリオなども並行してパワーアップしており、当時隆盛を極めたハリウッドのアクション映画の勢いが感じさせられる。リッグスとレオの手前勝手な行動に振り回されるマータフの哀愁もパワーアップしており、娘がTVのCMに出演しているのを喜んでいたらコンドームのCMだったり、トイレに爆弾を仕掛けられたりと、定年後の楽しい生活を夢見ながら、何とも気の毒な状況に追いやられる運命であるが、この役回りもなくてはならないシチュエーションとしてお約束になってしまった。それをニヤニヤ笑いながら他人事のように眺めているリッグスとの掛け合いは実に楽しい演出である。

リーサル・ウェポン2 炎の約束 感想まとめ

アメリカの警察という設定でのヒーローは映画の中で多く採り上げられているが、「ダーティハリー」の次に登場した「リーサル・ウェポン」と「ダイ・ハード」シリーズはアクション映画としてのスケールも大きく特別な存在だろう。ブルース・ウィリスは定まった相棒がいないが、メル・ギブソンはダニー・グローバーという相棒を持ち、その絡みがなくてはならないシーンとして見る側を期待させる大きな要因となっている。スケールの大きさでは「ダイ・ハード」に一歩譲った感があるが、コメディ的要素を含んだエンターテインメント的な部分では、本シリーズに愛着を感じる部分が多いところだ。何よりメル・ギブソンのアメリカらしいクレイジーでワイルドな部分の魅力は大きく、シナリオ云々よりキャスティングだけで観に行ける希な役者の一人だろう。ぜひ最後にシリーズ5作目を観てみたいものである。

Amazon 映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の商品を見てみる

関連作品