『ジュリエットからの手紙』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ジュリエットからの手紙の概要:2010年のアメリカ映画(原題:letters To Juliet)。マンマ・ミーアでその人気を不動のものとしたアマンダ・サイフリッドをヒロインに起用したロマンティック・ラブストーリー。

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙 あらすじ

映画『ジュリエットからの手紙』のあらすじを紹介します。

ニューヨーカー誌の諜報員であるソフィ(アマンダ・サイフリッド)には婚約者がいる。
彼の名はヴィクターと言い、イタリアン・レストランのオーナーとして出店の準備に追われていた。
開店すると益々ハネムーンに行きにくくなると、2人はイタリアのヴェローナでプレハネムーンをすることにした。

しかしヴェローナに着いてもヴィクターの頭の中はレストランのことばかり。
観光のことは頭にも無く、店に置くワインや食べ物の仕入れ関係の場所を回っていく。
付き合いきれないソフィーは別行動をし、1人観光することに。
その時、建物の中庭に多くの手紙を貼る女性の姿を見つける。

するとしばらくして手紙を回収する女性たちの姿があった。
疑問を持ったソフィーは後をついて行き調べると、恋愛問題や人生問題などでジュリエットに手紙を書いた女性たちへ返事を書いている姿が。
興味を持ったソフィーは返事を英語で書く手伝いをしてみないかと薦められる。
そして今すでに亡くなっているかもしれない50年前のクレアという女性への返事を頼まれたのであった。

あるときチャーリーと名乗る青年がソフィーの元を訪ねた。
彼の祖母はソフィーが返事を書いたクレアであり、一緒にイタリアまで旅をしにきたと言う。
その理由はソフィーが書いた返事に関係しているという。
半世紀も前シエナという街でロレンツォという男性と恋に落ちたクレアは彼と結ばれることなくイギリスに帰国。
それをずっと後悔していたところに突然今さらになってソフィーからの返事が。
前向きで聡明なクレアは最後にもう1度彼を探しにシエナに戻ってきたのであった。
ロレンツォを探す旅にでることにした3人。

紆余曲折を経て捜索最後の日、無事にロレンツォと再会を果たしたクレアを残しソフィーはヴィクターの元へ帰った。
ニューヨークに戻ったソフィーはチャーリーのことを思いながら鬱々と過ごしていた。
そんな彼女のもとに、クレアから結婚式の招待状が届く。
このことで踏ん切りがついたソフィーはヴィクターに別れを告げ、結婚式へ出席。
チャーリーとも再会し思いを伝え合うのであった。

ジュリエットからの手紙 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2010年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:ゲイリー・ウィニック
  • キャスト:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ etc

ジュリエットからの手紙 批評 ※ネタバレ

映画『ジュリエットからの手紙』について、感想批評です。※ネタバレあり

イタリアの美しい風景を堪能できるロードームービー

舞台がイタリアということだけで映画の彩が変わる。
ぶどう畑やワイナリー1つとっても雰囲気も抜群、3人でロレンツォを探しているシーンなどは絵画を見ているような描写の映画に引き込まれてしまった。
ソフィーが一人で観光している観光地も、ロマンティックなレンガ造りの道でありいかにも素敵な出会いがありそうなワクワク感が堪らない。

女性が好みそうなストーリー構成

ジュリエットに書いた手紙の返事が来るというテーマも素敵であるが、昔恋に落ちた男性を勇気を持って探しにいくという物語が胸を打つ。
それを手伝う孫のチャーリーとソフィーに恋心が芽生えるのはわかりきっていることなのだが、ただ芽生えていくよりももっと奥が深くロマンティックなのである。
ロードムービーは途中で飽きたりすることが多く特に女性には好かれないタイプの映画であるが、本作はどうなるのか先が気になり最後のシーンまで目が離せないトキメキを与えてくれる演出が素晴らしい。

ロレンツォが生きていて良かった

純粋にロレンツォが生きていて本当に良かったと思えるピュア映画。
途中人間違えを繰り返し、亡くなっているのではなどヤキモキさせられるが無事に再会できた。
その仕方も憎い演出で、ワイナリーの前で若い頃のロレンツォにそっくりの彼の孫をみつけるというものであった。
何から何まで考え抜かれ演出や細かな設定は今後名作として残る匂いがする。

ヴィクターの奔放っぷりが本当に腹立たしい

最初に一緒に訪れるのに観光もせずソフィーをほっぽり放し、その横暴すぎる態度が本当に腹だたしくなる。
しかしそのおかげで、後々出会うチャーリーとの関係性を素直に応援させてくれる。
ここでも映画の演出にまんまと乗せられてしまうのである。

ジュリエットからの手紙 感想まとめ

「素敵な映画」という表現は人それぞれで非常に難しい。
しかしあえてこの映画ではこの言葉を選んでみたいと思う。
出だし30分で美しいイタリアの風景に出会え、全く飽きもしない感動的なロードムービーを見せてもらい、こうなって欲しいという展開で恋愛物語が同時に進んでいく。
予想しやすいといえばその通りだが、恋愛映画に大不幸などんでん返しなどやめてほしい自分としては全てにおいて納得の行く内容であった。

また主人公のアマンダのチャーミングな役柄も女性には共感を呼ぶであろうが、やはりクレアの存在感の大きさがこの映画を一際良いものとしている。
聡明で上品なクレアがいなかったらこの映画は素敵なものとなっていないかもしれない。

Amazon 映画『ジュリエットからの手紙』の商品を見てみる