映画『ライアーライアー』あらすじとネタバレ感想

ライアーライアーの概要:「ライアーライアー」(原題:Liar Liar)は、1997年のアメリカ映画。監督は「エース・ベンチュラ」、「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」などのトム・シャドヤック。主演は「エース・ベンチュラ」、「マスク」などのコメディで人気を博したジム・キャリー。共演にはモーラ・ティアニー、ジャスティン・クーパー、ケイリー・エルウィス、アン・ヘイニー、アマンダ・ドノホー、ジェニファー・ティリーなど。

ライアーライアー あらすじ

ライアーライアー
映画『ライアーライアー』のあらすじを紹介します。

敏腕弁護士のフレッチャー(ジム・キャリー)は詭弁を弄した駆け引きに長けていた。彼の女性上司ミランダ(アマンダ・ドノホー)は、他の弁護士が断った依頼人の裁判に勝てば昇進させると、不利な条件を突きつけてきた。その依頼人であるサマンサ(ジェニファー・ティリー)は、自らの浮気が原因で夫から離婚訴訟を起こされ、浮気による離婚が発生すれば、財産分与の権利を失効させるという条件で結婚前の契約書にサインしており、サマンサが勝訴に持ち込める見込みは全くなかった。ところがフレッチャーは根拠のない自信に満ち溢れており、不利な条件を承知の上で弁護を引き受ける。あまり物事を深く考えず仕事に打ち込むフレッチャーは、離婚したオードリー(モーラ・ティアニー)と暮らしている、ひとり息子のマックス(ジャスティン・クーパー)の誕生パーティーをすっぽかしてしまう。何かと理由を付けて約束を守らない父にマックスは失望し、バースデーケーキのろうそくを消す際に、父親が一日でいいから嘘をつかないようにと願を掛けた。翌朝からフレッチャーは嘘が全くつけない状態になっており、オフィスの中でも心に思う事を口が勝手に言葉にしてしまいパニックに陥る。裁判が始まっても思ってもいない事を勝手に喋る自分を持て余し、どうにか午後まで引き延ばしたもののサマンサの敗訴は目に見えていた。しかしサマンサが夫と結婚した時に年齢を詐称しており、当時は17歳だったことを突き止めたフレッチャーは、未成年の結婚前の契約は無効という法律から勝訴を獲得した。サマンサは莫大な財産を勝ち取ったが、フレッチャーは子供をダシに使ったサマンサを見て失望し、裁判長の裁定に不服を申し立て法廷侮辱罪で拘留される。フレッチャーは元秘書の計らいで釈放されるが、オードリーはマックスを伴い、予てより求婚されていたジェリー(ケイリー・エルウェス)と共にボストン行きの飛行機へ乗り込んでいた。フレッチャーが空港に着いた時に飛行機は離陸直前だったが、彼はタラップ車に乗って飛行機を追いかけ、離陸寸前に停止させてしまった。マックスの祈りが溶けた後にも、息子への愛を誓うフレッチャーに心を動かされたオードリーはボストン行きを思い留まる。それから一年が経ったある日、一つ屋根の下で幸せそうにマックスのバースデーパーティーを過ごす三人の仲むつまじい姿があった。

ライアーライアー 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:87分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:トム・シャドヤック
  • キャスト:ジム・キャリー、モーラ・ティアニー、ジャスティン・クーパー、ジェニファー・ティリー etc

ライアーライアー ネタバレ批評

映画『ライアーライアー』について、感想批評です。※ネタバレあり

ジム・キャリーのクレイジーな演技が爆発

弁護士の父親に嘘を止めさせようとする子供の純粋な祈りが届き、父親が一日限定で全く嘘をつけなくなってしまうと言うファンタジー的な展開であるが、その切なる子供の願いが届いた後に真実の人となった主人公が、嘘で固めた人間の醜態を撒き散らすという何とも滑稽な設定の映画である。大人の世界というものは詭弁で成り立つような建前的なものに満ち溢れているが、嘘というものではなく、建前というものの面倒臭さから解放された人間が、醜態をさらすという演技において見事な壊れ方が爽快である。「エース・ベンチュラ」や「マスク」での演技も痛快だったが、ここでは弁護士というエリートを演じながら、その仮面の下に隠されている本性がむき出しにされるところで、ジム・キャリーのクレイジーさが水を得た魚のように輝いている作品である。

ホームコメディ+調停物というユニークな設定

親と子のすれ違いを描く作品ながら、その一方で裁判という舞台が展開されるというコメディならではのシナリオもユニークである。子供が全く知らない世界で生きる父親の世界は、ドロドロした愛憎劇が渦巻く醜い社会。司法という人を裁く立場に携わりながらも、道徳的に反する人間の弁護もしなくてはならないという不条理な立場にも立たされる。正義という概念も様々に解釈しなくてはならない複雑な世界で、フレッチャーのように詭弁を弄するという事もやむを得ないだろう。しかしながらその複雑な世界だからこそ、コメディに仕立てると面白さが倍増するのは本作を観れば一目瞭然であり、人の不幸は蜜の味といった下世話な部分を垣間見ることが出来る。シリアスな設定なら辟易とするような調停の話でも、コメディ的な展開にすれば人の愚かさを笑い飛ばせる反面を持っている事に気づかされるのだ。

ライアーライアー 感想まとめ

コメディ映画の魅力の一つとして、エディ・マーフィーやジャッキー・チェンの映画でお馴染みのエンディングミスカット集があるが、本作のミスカットも秀逸であり、食後のデザートみたいな後味として大いに笑えるオマケが楽しい。サブキャラクターとも実に上手く絡んでおり、ジム・キャリーのアドリブに改めてその実力の凄さを窺うことが出来る。デビュー当時からその大袈裟すぎる芸風にとっつきにくいところもあったが、大きな特徴である顔芸や小物を使った細かな芸も次第に洗練されており、セリフ無しでも充分に笑いが取れる変態的な芸風が病みつきになる役者である。

Amazon 映画『ライアーライアー』の商品を見てみる