「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」のネタバレあらすじ結末

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの概要:ジャーナリストのビッツィーは、レイプ殺人の罪で死刑判決を受けたゲイルをインタビューするうちに、事件の裏側に隠された真実に近づいていく。ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット主演による、社会派サスペンス。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの作品概要

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

製作年:2003年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:アラン・パーカー
キャスト:ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー、ガブリエル・マン etc

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの登場人物(キャスト)

デビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)
テキサス大学の哲学科教授。ハーバード大卒のエリートで、講義は大人気で常に満席である。美しい妻との間に息子がいるが、夫婦仲は冷え切っている。同僚のハラウェイと共に、死刑廃止論支持団体を主催し活動している。ハラウェイを暴行殺人した罪で逮捕され、死刑を目前に控えている。
ビッツィー・ブルーム(ケイト・ウィンスレット)
ニューヨークを拠点とする『ニューズ』誌のジャーナリスト。異常性愛者についての記事を発表した際、犯人の人権を擁護し、情報源を明かさなかった罪で投獄された経験がある。ゲイルから直接指名され、死刑直前のゲイルにインタビューする。単独行動を好む勇敢な美女。
コンスタンス・ハラウェイ(ローラ・リニー)
ゲイルの同僚の大学講師。ゲイルと共に死刑廃止論支持団体を結成し、死刑廃止のために奮闘している。活動に没頭するあまりに、女性らしい楽しみを享受することを諦めている。ゲイルの良き理解者で、性別を超えた親友。
ザック(ガブリエル・マン)
ニューズ誌の見習いライター。上司の指令を受け、ビッツィーのゲイル取材を手伝う。ビッツィーの厳しい扱いにもめげず、意欲的に行動する好青年。
ダスティ・ライト(マット・クレイヴン)
ゲイルとハラウェイが主催する団体のメンバー。常にカウボーイハットを被っている寡黙な男性。死刑廃止論の過激派。暴力行為で逮捕されたところをハラウェイに助けられ、以降、ハラウェイを崇拝している。
ブラクストン・ベリュー(レオン・リッピー)
ゲイルの弁護士。ゲイルとは旧知の仲。敗訴がかさんでおり、無能な弁護士と思われている。
バーリン(ローナ・ミトラ)
ゲイルの授業を受けている女学生。成績が悪く、単位を得るためにゲイルを誘惑する。
デューク・グローヴァー(ジム・ビーヴァー)
ゲイルが入所しているエリス刑務所の広報官。威丈高な態度でビッツィー達を迎える。
ニコ(メリッサ・マッカーシー)
ゴスファッションの女性。殺人現場となったハラウェイの自宅に住み、ゲイルの事件の博物館として経営している。
シャロン・ゲイル(エリザベス・ガスト)
ゲイルの美しい妻。夫婦関係が上手くいかず、スペインの愛人のもとへ通っている。ゲイルに離婚を切り出し、息子を引き取る。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのネタバレあらすじ

映画『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ【起】

死刑廃止論者で元大学教授のデビッド・ゲイルは、同僚ハラウェイに対するレイプ殺害の罪で6年間投獄されている。控訴が取り下げられ、ゲイルの死刑決行が4日後に決まる。

ゲイルは、自身の半生を語るため、ジャーナリストのビッツィーをインタビュアーに指名する。ビッツィーは上司から見習いライターのザックの同行を義務付けられ、二人はテキサスへ向かう。

途中でレンタカーが故障し、ビッツィー達は足止めされる。カウボーイハットの不審な男が乗ったトラックが近くに停まり、ビッツィー達を観察した後去っていく。

翌日、死刑まで残り三日。モーテルで一泊した後、ビッツィーとザックはエリス刑務所へ向かう。広報担当のグローヴァーに案内され、ビッツィー達は面会室に入る。先に来ていたゲイルの弁護士ベリューと挨拶を交わし、ビッツィーはザックを退席させて一人でゲイルへのインタビューを開始する。

ビッツィーは、これから三日間、毎日午後3時から2時間の面会を許可されている。ビッツィーには、異常性愛者の記事を書いた際に情報源を明かさずに投獄された経験があり、ゲイルはその点を信用してビッツィーをインタビュアーに指名した。ゲイルは、事件の経緯を話し始める。

数年前、ゲイルは成績不良の女生徒バーリンを落第させる。ゲイルはあるパーティーでバーリンに誘惑され、酒の勢いで関係を持つ。バーリンはゲイルにレイプされたと訴え、証拠も揃っていたことからゲイルは逮捕される。ゲイルは2週間後に保釈され、その後、サンフランシスコから、バーリンの謝罪の手紙が届く。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ【承】

死刑まで残り二日。ビッツィーとザックの車を、カウボーイハットの男が追ってくる。ビッツィー達はオースティンへ行き、殺人現場であるハラウェイの自宅を訪れる。現在ハラウェイの家はゲイルの事件の博物館になっており、ゴス趣味の女性ニコが住み込んで営業している。ビッツィー達は、事件現場の詳細をニコから聞き出す。

ビッツィーは二回目のインタビューを開始する。ゲイルは、ハラウェイの殺害方法はゲイルが以前に書いた記事の内容に則られている、とビッツィーに説明する。ゲイルは、この事件は何者かによって仕組まれたものだと訴え、真実を暴くようビッツィーに懇願する。

6年前、保釈されたゲイルは、妻シャロンから一方的に離婚を言い渡される。シャロンは自宅を売り、息子を連れて海外へ渡る。起訴が取り下げられ、大学からも解雇されたゲイルは、酒に溺れて乱れた生活を送る。

ベリューのアドバイスを受け、ゲイルは生活を立て直すために断酒して職を得る。ある日、ゲイルは久しぶりにハラウェイに会いに行く。ハラウェイは、警官を殺した17歳の少女の死刑を止めようと奔走している。ゲイル達が主催する死刑廃止論支持団体の一員のダスティが、ハラウェイを支えている。

ゲイルは再び死刑廃止論支持活動を始めるが、バーリンの事件が原因で協会から除名される。フラストレーションが溜まったゲイルは再び酒を飲み、酔ってハラウェイの自宅へ向かう。ゲイルは目の前で倒れたハラウェイを病院に運び込み、ハラウェイが長年白血病を患っていることを初めて知る。

涙ながらに語るゲイルに、ビッツィーは心を動かされる。ザックの調査から、ベリューは二流の弁護士で、ベリューのミスによってゲイルが終身刑から死刑に判決が変更されたことが明らかになる。

ビッツィーとザックは、ゲイルへの報酬を本社から受け取るためにヒューストンへ行く。留守中に、ビッツィーの部屋に何者か侵入する。モーテルに戻った二人は、天井から吊り下げられているビッツィー宛のビデオテープを発見する。

二人がビデオテープを再生すると、手錠をかけられた裸のハラウェイが、頭にビニール袋を被せられて窒息死する様子の一部が映し出される。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ【転】

死刑まで残り一日。ビッツィー達はベリューの事務所へ向かう。ビッツィーは、ベリューにゲイルへの報酬を渡した後にビデオテープを見せるが、ベリューはテープが本物だと信じない。

ビッツィーは、カウボーイハットの男がすぐ近くまで来ていることに気付く。ザックは車で男のトラックを追うが、途中で見失う。

ビッツィーは、三回目にして最後のインタビューを開始する。ゲイルの話から、ビッツィーは、カウボーイハットの男はダスティだと知る。

6年前、ハラウェイ達の尽力も虚しく、少女の死刑が実行される。ある夜、ゲイルとハラウェイは死について語り合う。ゲイルは、ハラウェイが死を前にして男性を求めていることに気づき、二人はベッドを共にする。数日後、車中泊を続けるゲイルのもとに警察官が現れ、ゲイルはハラウェイ殺害の罪で逮捕される。

インタビュー終了後、ビッツィーは、ゲイルが無実だと確信する。モーテルへ戻ったビッツィーは、ビデオテープを何度も見返して徹夜で検証を重ねる。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ【結】

翌日、ゲイルの死刑当日。テープの映像が作為的であると感じたビッツィーは、ザックと共にハラウェイの自宅へ行き、ニコに手伝わせて事件現場を再現する。ビッツィーは自らビニール袋を被って両手を拘束し、窒息間際の行動を検証する。ビッツィーは自分の肉体的反応から、ハラウェイは殺されたのではなく、自主的にカメラの前で死んだのだと確信する。

ビッツィーは、ハラウェイは、無実の人が命を奪われるという死刑の危険性を、ゲイルに罪を着せることで示そうとした、と考える。ビッツィーとザックは、ハラウェイの遺志を汲んだダスティが、ゲイルの処刑後まで原本のビデオテープを温存しているだろう、と予測する。

ザックがダスティに電話をかけて呼び出し、ビッツィーは留守になったダスティの家に侵入してテープを発見する。その場でビッツィーがテープを再生すると、ハラウェイが自ら命を絶つ様子の一部始終が映し出される。

ダスティが待ち合わせ場所に現れず、不安になったザックはダスティの家へ急ぎ、ビッツィーを連れ出す。ダスティは隠れて二人の様子を見ている。

処刑実行の数分前、ザックはゲイルの死刑を止めるために司法機関に電話をかけ、ビッツィーは刑務所へ車を飛ばす。途中で車が故障し、ビッツィーは証拠のテープを手に全速力で走って刑務所を目指す。

刑務所の前には、大勢の報道陣や、死刑廃止論賛成派と反対派のそれぞれの団体が集まっている。ビッツィーが刑務所の前に到着する直前に、ゲイルの死刑が遂行されたことが公表され、ビッツィーはその場で泣き崩れる。

ニューヨークへ戻ったビッツィーは、ビデオテープを公開する。ゲイルの冤罪について注目が集まり、死刑廃止についての議論が活発化する。ダスティは、ベリューからビッツィーが払ったゲイル宛の報酬を受け取ってイタリアへ渡り、匿名でシャロンに届ける。

ある日、ビッツィーはベリューから小包を受け取る。中にはゲイルの息子の愛用のぬいぐるみが入っており、ゲイルは離婚後はそれを肌身離さず持っていた。ぬいぐるみの中に、一本のビデオテープを隠されている。

ビッツィーがテープを再生すると、ハラウェイの自死のシーンと、その後にハラウェイの遺体に寄り添うゲイルが映し出される。ゲイルはハラウェイ達と協力し、死刑廃止論者である自身が無実の罪で処刑されることで、死刑廃止を世に訴えようとしたのだった。

Amazon 映画『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』の商品を見てみる