映画『ライト/オフ』のネタバレあらすじ結末

ライト/オフの概要:動画サイトで1億5000万回以上再生された、短編動画をもとにしたホラー映画。暗闇の中に存在する“ダイアナ”に父親を殺された幼い弟と、助けを求められた姉が遭遇する恐怖を描いた。

ライト/オフの作品概要

ライト/オフ

公開日:2016年
上映時間:81分
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
キャスト:テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン、ビリー・バーク、マリア・ベロ etc

ライト/オフの登場人物(キャスト)

レベッカ(テリーサ・パーマー)
実の父が10歳の時に失踪し、うつ病の母から逃げて一人暮らしをしている。マーティンの事を大切に思っている。
マーティン(ガブリエル・ベイトマン)
レベッカの弟。小学校に通っている。
ブレット(アレクサンダー・ディペルシア)
レベッカの彼氏。
ソフィー(マリア・ベロ)
レベッカとマーティンの母。うつ病を患っていて、感情の起伏が激しい。

ライト/オフのネタバレあらすじ

映画『ライト/オフ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ライト/オフのあらすじ【起】

実業家のポールが、会社の倉庫の中で死んだ。
ポールは妻ソフィーの病気を治そうと必死になっていて、息子マーティンに悪影響が出ていることを心配していた。
マーティンは、誰もいない暗闇に話しかける母と、その隣にいる何かの影を見た。

その後、実家を出て一人暮らしをしている姉レベッカに呼び出しがかかる。
弟のマーティンが寝不足で、授業中に何度も居眠りを繰り返しているのだという。

不審に思った児童福祉局員エマが、レベッカに家の事情を尋ねる。
レベッカの実の父は彼女が10歳の時に失踪。
レベッカも実家を出ていて、家の中のことはわからない。

一晩だけでもレベッカの家に泊めてほしいと言うマーティン。
母の友達ダイアナが怖いのだという。
抗うつ剤を飲んでおらず、感情的になってレベッカが悪いと責めるソフィー。
ソフィーが落ち着くまで、マーティンはレベッカが預かることにした。

その日の夜、奇妙な物音で目覚めたレベッカ。
暗闇の中で動く影が彼女に襲い掛かるが、ライトをつけるとそれは消えた。
マーティンは懐中電灯を持って眠っていた。

ライト/オフのあらすじ【承】

翌日、ソフィーから連絡を受けたエマが、マーティンを迎えに来る。

一人になったレベッカは、謎の影を見た場所に「ダイアナ」と書かれているのを見つける。
レベッカが幼い頃、絵を描いていた紙が消え「ダイアナ」と書き足されて戻ってきたことがあった。
それを思い出したレベッカは、ブレットを呼び出して再び実家に戻る。

合鍵を使って家に入り、ポールの部屋を覗いたレベッカ。
そこにはソフィーが子供の頃に精神病院に入院していた記録と、ダイアナに関しての資料があった。
光に対して過敏反応を示す皮膚疾患を持つ少女ダイアナは、ソフィーに執着し、暴力をふるっていた。
だが、光を当てる実験的な治療の中で、光に当たりすぎて死んでしまった。

ダイアナに襲われたレベッカだったが、ブレットに助けられる。
そして資料を持ち出し、家から逃げた。

帰宅したソフィーは、マーティンにダイアナの存在を認めさせようとする。
しかしマーティンは逃げ出し、レベッカに助けを求めた。

ライト/オフのあらすじ【転】

レベッカはマーティンから話を聞き、ダイアナとソフィーの過去を話す。

ダイアナは13歳の時、自殺した父の遺体と共に地下室で発見された。
特殊な皮膚の病気とは別に、他人の頭に入り込んで操るという噂話があった。
同じ病院に入院していたソフィーも操っていたが、ダイアナは死んでしまった。
そして今、ダイアナを存在させているのは、心が弱ったソフィーだった。

レベッカはマーティンに、自分も子供の頃にダイアナに会ったと打ち明ける。
そしてソフィーの心を強くさせればいいと考えるが、マーティンはそれが原因でポールは死んだと言う。

マーティンとブレットと一緒に、実家に戻ったレベッカ。
ソフィーにダイアナの話を聞くが、ダイアナは生きていると言い張り、レベッカの話には聞く耳を持たない。

マーティンは、ソフィーから逃げないと強い意志を持っていた。
そしてレベッカとブレットも一緒に、一晩過ごす事になる。
ソフィーにおやすみの挨拶をしたレベッカは、ソフィーから「助けて」というメモを渡される。

やがて家は停電する。

ライト/オフのあらすじ【結】

マーティンと一緒に寝ていたレベッカは、懐中電灯を持って地下の配電盤を操作するが動かない。
目覚めたマーティンは、キャンドルを持ってレベッカのもとへ急ぐ。
しかし2人はダイアナに閉じ込められる。
ブレットが助けに来るが、ダイアナに襲われ怪我を負い、家の外へと逃げる。

そして子供たちの異変に気付き、心を強く持つために抗うつ剤を飲もうとするソフィー。
しかしダイアナに阻止され、ソフィーは気を失う。

地下で紙くずを燃やしながら、打開策を考えるレベッカとマーティン。
ブラックライトを見つけ、別のライトを探していると、ダイアナが襲ってくる。
ブラックライトはダイアナに効かなかったのだ。
マーティンの持っていた懐中電灯で助かったレベッカ。

そこにブレットが呼んだ警官がやって来て、レベッカとマーティンは救出される。
しかし何も知らない警官たちは、ダイアナに殺されてしまった。

マーティンを外に逃がし、ソフィーを助けに向かうレベッカ。
するとダイアナの声が聞こえ、レベッカの父を殺したのだと言う。
子供たちを守るため、ソフィーは自殺する。

そしてダイアナは消えた。

Amazon 映画『ライト/オフ』の商品を見てみる