映画『リリイ・シュシュのすべて』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『リリイ・シュシュのすべて』のネタバレあらすじ結末

リリイ・シュシュのすべての概要:いじめや援助交際などをテーマに、思春期の子供達の心の闇を描く。中学生の主人公は優等生の生徒会長と親しくなるが、次第に変貌していく友人に困惑する。それぞれに鬱屈した気持ちを発散出来ず、苦悩する様が美しい音楽と共に描かれている。

リリイ・シュシュのすべての作品概要

リリイ・シュシュのすべて

公開日:2001年
上映時間:146分
ジャンル:ラブストーリー、青春
監督:岩井俊二
キャスト:市原隼人、忍成修吾、伊藤歩、蒼井優 etc

リリイ・シュシュのすべての登場人物(キャスト)

蓮見雄一(市原隼人)
男子中学生。リリイ・シュシュのファンで、リリフォリアという掲示板の管理人をしている。中学2年の夏休みまでは何事もなく学生生活を楽しんでいた。剣道部。
星野修介(忍成修吾)
優等生で生徒会長を務める男子中学生。剣道部。中学2年の夏休みをきっかけに突然、豹変。不良達を束ねる存在へと成り上がる。雄一を徹底的に追い詰める。
津田詩織(蒼井優)
雄一のクラスメイト。星野の命令で援助交際をやらされている。明るい性格だが、内に抱え込むタイプで、闇から抜け出せずに自殺してしまう。
久野陽子(伊藤歩)
雄一のクラスメイト。清楚で可憐。ピアノが上手でアレンジしたりもするが、女子内でいじめられている。やり返す賢さと、強さを兼ね備えた女の子。

リリイ・シュシュのすべてのネタバレあらすじ

映画『リリイ・シュシュのすべて』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

リリイ・シュシュのすべてのあらすじ【起】

蓮見雄一は悪友2人と見知らぬ大人の鞄を盗んだり、CDショップでCDを盗んで売り捌いたりして、小遣い稼ぎをしている。CDを売りに来た店で、リリイ・シュシュのポスターを見つけた雄一は、店員からそのポスターを貰い受けた。自分の身長程もあるポスターを眺めては悦に入る。リリイ・シュシュとはシンガーソングライターで、彼は彼女の熱狂的なファン。否、信奉者だった。リリイファンなら一様に発する言葉。それが“エーテル”という言葉だ。彼らに言わせればエーテルとは、精神や心を満たすエネルギー、或いはオーラのようなものらしい。

雄一の母親は妊娠しつつも美容院を営んでおり、再婚しようとしていた。相手は1児の子持ちだが、悪い人ではなく雄一にも優しい。母親は夜間に息子が出歩いても、怒ったりするような人ではなかった。

雄一はリリイ・シュシュのファンが、書き込みをする掲示板『リリフィリア』を持っている。管理人としてのハンドルネームはフィリア。ある日、そこに青猫という人物がやって来た。彼は青猫を歓迎する。その後、リリイの新譜が発売し、掲示板は新譜の話題で賑わった。

そんなある日、雄一はリリイの新譜を万引きして、店員に捕まってしまう。呼び出されたのは中学校の女性教師。彼女は雄一の代わりに謝罪し、そのCDを購入。帰りの電車で聞かせてくれた。万引きのせいで、学校に母親が呼び出される。教師たちが擁護する中、母親は雄一を厳しく叱った。母子の間には会話というほどの会話はなかった。

その日の夜、友人の呼び出しで廃車場へと出掛けた雄一は、優等生で生徒会長の星野修介率いる不良少年達にいじめられる。2人の友人達は助ける事もせず、後方でそれを見ているだけだった。雄一は現実世界から逃亡するかのように、掲示板へ言葉を書き続ける。

リリイ・シュシュのすべてのあらすじ【承】

星野と雄一は同じ剣道部だった。彼らは少しずつ仲良くなり、自宅へも遊びに行ったり泊まったりするような間柄になる。剣道部の1年生部員は全部で5人。彼らは青春を謳歌。友情を育み1年が経ち、3年生の先輩を見送った。そして、2年生へと進級。ようやく剣道着を着る事が許されてより一層、仲間意識を強めていく。

夏、仲間達と沖縄へ旅行に行こうと計画。だが、資金がない。他校の不良共が大人を脅して大金を奪っている場面に遭遇し、星野が機転を利かせて、それを盗む事に成功。5人は晴れて沖縄へ向かった。

島の案内をしてくれる女性4名の迎えと島の説明をしてくれるおじさん。移動の為に車へ乗り込むと、そこへ島巡りをしているという男性が相乗りして来る。途中で下車した男性とは、川下りの途中で再び遭遇。彼は島の事や動物、植物の事などを詳細に語り去って行く。不思議な男性だ。

その日の夜、花火を楽しんだ後、亀の産卵を見に行った一行。しかし、いつまで待っても亀は現れず、待ちきれなくなった星野が帰ると言い出し、懐中電灯を灯してさっさと行ってしまう。追いかけた友人だったが突然、何かが飛んで来る。よく見るとそれはトビウオのような魚だ。この魚は明かりに反応して飛んで来るらしい。下手をしたら星野に刺さり、命を落としていたかもしれないと言われる。

次の日は海で泳いだ。そこへも島巡りの男性が現れ、魚の事などを笑って語って行く。そうしていると星野が溺れる。発見したのは島巡りの男性だった。星野は人工呼吸で復活。帰りに島のおじさんが言う。沖縄では人の魂は7つまであって、星野は2つ落としたから、あと5つしかない。だから、命は大切にしないといけないよと。帰路の途中で道路に人だかりがあった。行ってみると島巡りの男性が、頭から血を流して倒れている。どうやら飛び出して車に轢かれたらしい。皆で意識のない男性を抱えて、救急ヘリで病院へ搬送した。男を轢いた現地の夫婦は、しきりに自分達は悪くないと言っていた。

旅行中の雰囲気は一変。海からの帰り、星野が突然立ち上がってお金を海へ投げ捨てた。仲間達が呆気に取られている中、1人で笑みを浮かべる星野。

リリイ・シュシュのすべてのあらすじ【転】

雄一はリリフォリアに書き込む。1999年の夏休みで、もしも地球が滅亡していたら、その方が幸せだったかもしれない。その書き込みに青猫が返信した。人類は滅亡した。今の世界はマトリックスなのだと。

新学期。あの日を境に雄一の世界は灰色になった。星野が突如豹変し、同じクラスの不良をやりこめてしまったのだ。彼の様子がどこかおかしかった。部活にも来なくなり、不良達を配下に収めてやりたい放題。荒んでいくばかり。

星野の命令で、同じクラスの津田詩織を尾行する事になった雄一と悪友2人。津田詩織は援助交際をしていると、専らの噂だった。スーツを来たおじさんと待ち合わせ、触らせてお金を貰う詩織。貰ったお金は星野へ。分け前はちゃんとあったが、彼女の表情は暗い。同じクラスだからと、雄一が彼女を送って行く事になった。田園風景の中を黙々と歩く。詩織は現状の鬱憤を晴らすかのように、雄一へと暴力を働く。分け前で貰った金を踏み躙る彼女。そして突然、川へと飛び込む。詩織はずぶ濡れになりながら泣いていた。

雄一にとって今やリリイだけが現実。彼にとって、彼女が醸し出すエーテルだけが、生きている証だった。だが、それも徐々に間に合わなくなっている。雄一は掲示板で青猫にリリイの話を願い出る。

世界が灰色のまま、季節は秋へと移り変わる。クラスで合唱コンクールの練習をする事になった。ピアノを弾く女子が辞退。代わりに久野陽子が弾く事になったが、クラスの優位に立つ女子達が、陽子がピアノを弾くなら歌わないと練習をボイコット。女子内でもいじめがあるようだ。陽子はピアノを弾かなくてもいいように、曲をピアノ無しでアレンジした。生徒が歌う中、陽子はピアノの横に立ったままで合唱は終わった。

いじめていた女子を通して雄一に星野から命令があった。久野陽子を廃工場へ連れて来いと言うのだ。雄一は逆らう事が出来ず、彼女を連れて行った。1人で工場へ入って行く陽子を、沈んだ表情で見送る雄一。そこでいじめ女子から、夏休みに星野の父親の会社が倒産した事を知る。彼が荒れた理由は、それだったのかもしれない。陽子は必死の抵抗を試みるも、レイプされてしまう。雄一は何も出来ない自分が情けなく、悔しくて泣いた。

リリイ・シュシュのすべてのあらすじ【結】

詩織とはあの一件以来、仲良くしていた。星野の支配は未だ続いており、2人は言わば同志のような関係だった。彼女は雄一が陽子へと、恋心を寄せている事を知っており、雄一を励ます。陽子はあれ以来、学校を休んでいた。そんなある日、丸刈りになった久野陽子が登校。クラスメイト達はそんな彼女を、唖然として見つめるだけだった。

雄一は掲示板で息が詰まる思いを吐露。何度も何度も、死のうと思ったと書き込む彼に、青猫はエーテルの素晴らしさを、一番分かっているのは君だと励ます。自分も君と同じだと。リリイを通して、2人は意気投合して励まし合った。

12月。詩織が自殺した。雄一はどうにもならなくなり、授業中に嘔吐。教師に星野からいじめられている事を白状した。
そんな中、リリイ・シュシュのライブが開催。雄一もライブへ向かった。そこで星野を見つける。彼も雄一を見つけて寄って来る。星野の言いなりになる雄一。彼は青林檎を持っていた。掲示板で青猫がライブで会う為の目印にと、青林檎を指定していたのだ。林檎には青猫のアドレスが書いてあった。青猫は星野だったのだ。人でごった返す中、星野は雄一のチケットを捨ててしまう。雄一は結局、リリイのライブを見る事が出来なかった。ライブが終わるまで会場前に立ち尽くす雄一。ライブが終わって星野が出て来る。だが、彼の態度はそっけないものだった。私生活だけではなく、掲示板にまで入り込んで自分をいじめるのか。もう、どこにも行き場がない。雄一は大声でリリイがいたと叫ぶ。ファンでごった返す中、星野の背後についた雄一は彼を刺した。そうして、星野は死んだ。

後日、騒動のせいでリリイには、不吉な女というレッテルが貼られてしまった。あの日の犯人は、まだ捕まっていない。
中学3年。雄一の日々は代わり映えもなく、過ぎて行く。もう掲示板には、書き込まなかった。

Amazon 映画『リリイ・シュシュのすべて』の商品を見てみる