映画『ライオン・キング』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ライオン・キング」のネタバレあらすじ結末

ライオン・キングの概要:1994年に公開されたディズニー長編アニメーション。動物たちを支配するライオンの王子シンバの勇気と成長を描く物語。歴代ディズニーアニメの中でも興行収入上位に入る人気作品である。

ライオン・キングの作品概要

ライオン・キング

公開日:1994年
上映時間:87分
ジャンル:ファンタジー、ミュージカル、アニメ
監督:ロジャー・アラーズ、ロブ・ミンコフ
キャスト:ジェームズ・アール・ジョーンズ、マシュー・ブロデリック、ジョナサン・テイラー・トーマス、ジェレミー・アイアンズ etc

ライオン・キングの登場人物(キャスト)

シンバ(大人:マシュー・ブロデリック / 幼少時:ジョナサン・テイラー・トーマス)
動物の王国プライド・ランドに王子として生まれた雄ライオン。好奇心旺盛な少年だったが、自分のせいで父ムファサが亡くなったと考え、プライド・ランドを逃げ出した。
ムファサ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)
プライド・ランドの威厳ある王で、シンバの父。全ての動物達から慕われる善き国王だったが、スカーの計略にはまり、シンバを助けようとして殺された。
スカー(ジェレミー・アイアンズ)
ムファサの弟。ムファサとその息子であるシンバのせいで王位に就けないと、ムファサ達を妬んでいる。ハイエナと手を組み、ムファサとシンバの殺害計画を実行した。ムファサ亡き後王位を奪ったが、その悪政によりプライド・ランドは枯れ果てた土地となる。
ナラ(大人:モイラ・ケリー / 幼少時:ニキータ・カラム)
シンバの幼馴染の雌ライオン。勝ち気でシンバに喧嘩で勝つこともしばしば。プライド・ランドの危機に、王国の外へ助けを求めに出た。オアシスでシンバと再会し、惹かれあい後に結婚する。
ティモン(ネイサン・レイン)
砂漠で死にかけていたシンバを助けたミーアキャット。兄貴気質だが気が小さい。プンバァと共に、シンバに「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」の精神を教え、楽しく暮らす。
プンバァ(アーニー・サベラ)
砂漠で死にかけていたシンバを助けたイボイノシシ。ティモンといつもペアで動いている。食べるのが大好きだが、ブタと呼ばれるのは嫌い。
ラフィキ(ロバート・ギローム)
呪術師のヒヒ。ムファサとはよき友だった。シンバが生きていることをいち早く感じ取り、悩むシンバを導く。
ザズー(ローワン・アトキンソン)
王に仕える執事のサイチョウ。口うるさく、子ども時代のシンバからは鬱陶しがられていた。ムファサを心から敬愛している。
サラビ(マッジ・シンクレア)
シンバの母。王妃としての威厳はムファサの死後も健在で、王となったスカーに対しても気丈に振る舞う。

ライオン・キングのネタバレあらすじ

映画『ライオン・キング』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ライオン・キングのあらすじ【起】

サバンナにある動物の王国「プライド・ランド」。そこを治めるライオンの王ムファサと妻サラビの間に王子が生まれた。王子はシンバと名付けられ、呪術師のヒヒ・ラフィキによって、動物達の前でお目見えの儀式が行われた。王子の誕生に動物たちは喜びの声を上げる。しかし、シンバの誕生を喜ばないものが1匹いた。ムファサの弟スカーだ。彼は王で人望厚い兄を妬み、自分の王位継承の可能性を消したシンバの存在をも疎んでいた。

ある日ムファサは、王の砦プライド・ロックの頂から、シンバが大人になったら治めることになる国全体を見せてくれた。陽の当たる土地全てがシンバの物になるのだ。しかしプライド・ランドの近くに、陰になっているところが1か所だけあった。ムファサは決してそこには行かぬようシンバに釘を刺す。国内にハイエナたちが入り込んだとの凶報が報告され、ムファサはそちらに向かった。シンバは叔父であるスカーの元を訪ねる。スカーは陰になっている場所が「象の墓場」であると教え、「勇気のある者しか行けない場所だ」とシンバをけしかけた。

シンバは母親にも内緒で、同じ年頃で親友の雌ライオン・ナラと象の墓場に出かけた。お目付け役である執事のザズーを振り切り、2匹は象の墓場に着いたが、ハイエナ達に食べられそうになってしまう。駆けつけたムファサによって2匹は助けられたが、シンバはひどく叱られてしまう。その夜ムファサはシンバに、空の星1つ1つが亡くなった王の魂であることを教えるのだった。

ライオン・キングのあらすじ【承】

スカーは王位を奪うため、ハイエナと手を組んだ。ムファサとシンバの存在を消し去りたいスカーは、2匹を殺す計画を立てる。スカーはムファサとの待ち合わせだと嘘をついてシンバを峡谷に立たせる。スカーの合図で、ハイエナ達はヌーの群れを襲った。ヌーの大群が峡谷に向かってくる。シンバはヌーに踏み殺されそうになりながら、木の枝にかろうじて縋り付いていた。スカーはムファサにシンバの危機を伝えに行き、ムファサをおびき出した。ムファサはシンバを峡谷から救い出したが、自身が助かるには谷の崖を登らなければならなかった。死に物狂いで頂上に手を掛けたムファサだったが、そこにはスカーがいた。スカーはムファサの両手に爪を立て、ムファサは崖から落ち亡くなった。

スカーがムファサを殺したことを知らないシンバは、スカーに「お前が父を殺した」と言われ、促されるままにプライド・ランドから逃げ出した。スカーの命を受けたハイエナ達がシンバを殺そうとしたが、シンバはいばらの道を潜り抜け、王国の外の砂漠へと駆けていった。ムファサはライオン達にムファサとシンバの死を伝え、自分が王位を継承し、ライオンとハイエナが共にプライド・ランドを治めることを宣言する。

乾いた土地で、シンバは力尽き死にかけていた。そこに、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァが通りかかる。シンバがライオンだと気付き恐れる2匹だったが、ライオンを味方にできると考えシンバを助ける。オアシスに連れられたシンバは元気を取り戻した。ティモンとプンバァはシンバに、辛い過去は忘れてしまえばいいと教え込んだ。シンバはプライド・ランドでの過去を捨て、2匹と共に楽しく遊び暮らすのだった。

ライオン・キングのあらすじ【転】

年月が経ち、シンバは鬣も生え立派な青年になった。一方その頃プライド・ランドでは、スカーの悪政とハイエナの恐怖から動物達は王国を去り、水も食べ物も枯渇してしまっていた。ある日プンバァに、1匹の雌ライオンが襲いかかる。シンバと雌ライオンは戦うが、そのうちにシンバは雌ライオンがかつての親友・ナラであることに気が付いた。予期せぬ再会に、2匹は喜びじゃれ合うのだった。

ナラは王国の窮乏に、助けを求めるためプライド・ランドの外に出たのだった。ナラは王国のひどい有様を伝え、シンバが王として戻ってくれるよう頼んだ。しかし自分が父を殺したと思っているシンバは、戻ろうとはしない。シンバが何か辛い秘密を抱えていることに気付きながら、ナラは彼と2匹でひと時を過ごす。2匹の間には恋が芽生えていた。

思い悩むシンバの前に、ラフィキが現れた。呪術でシンバの生存を感じ取っていたのだ。自分の名を知るラフィキに驚き、シンバは後を追う。ラフィキはムファサに会わせると言って、シンバを息のほとりに連れて行った。シンバが水を覗き込むと、次第に映った自分の姿がムファサへと変わった。空にムファサの姿が現れ、「自分が何者であるかを忘れるな」と語りかけた。ラフィキは、過去は変えられないし忘れることもできないのだと諭す。シンバは過去を受け入れ、プライド・ランドに戻ることを決意する。それを知ったナラとティモン・プンバァも後を追った。

ライオン・キングのあらすじ【結】

ティモンとプンバァがハイエナ達の注意を惹きつけ、シンバとナラはプライド・ロックの近くまで潜入した。シンバは、スカーが獲物を捕まえてこないサラビに手を挙げるのを見て、2匹の間に割って入った。シンバが生きていたことを知り驚くスカーだったが、シンバがムファサを殺したのだと皆に知らしめる。シンバは、スカーとハイエナ達にプライド・ロックの端まで追いつめられる。落ちそうになっているシンバを見て、スカーはシンバにだけ聞こえるよう「ムファサは自分が殺した」と告白し、シンバの手に爪を立てた。しかしシンバは落ちず、怒りのあまりスカーに飛びかかった。スカーを追い詰めたシンバは、真のムファサ殺しの犯人が誰かを皆の前で告白させる。ライオン達対スカー&ハイエナ達の戦いが始まり、プライド・ロック周辺が燃え始める。

シンバはこっそり逃げようとするスカーを見つけ、彼を追い詰めた。スカーは命乞いをし、真の敵はハイエナ達だと主張した。シンバはスカーを殺さず王国追放を言い渡すが、スカーはシンバに火の粉を掛け、再び戦いが始まり、シンバがスカーを投げ落とした。スカーをハイエナ達が取り囲む。「ハイエナは敵」というスカーの発言を聞いていたのだ。ハイエナ達はスカーを殺してしまった。

雨が炎を沈めていく。戦いは終わった。シンバはプライド・ロックの頂に立ち、大きく吠えた。呼応するライオン達の声がプライド・ランドに響き渡った。

時が経ち、プライド・ランドに再び緑と動物達が戻ってきた。王となったシンバとその妻・ナラの間に、子どもが生まれる。ラフィキが高く掲げた世継ぎの姿に、動物達は喜び沸き立つのだった。

Amazon 映画『ライオン・キング』の商品を見てみる

関連作品

次作 ライオン・キング2 シンバズ・プライド