映画『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還の概要:とうとうモルドールへとたどり着いたフロド達。しかし、悪の魔の手もまた、彼らへと迫っていた。彼らの旅の行方は果たして。映画史に名を残す名作、ここに完結。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還の作品概要

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

製作年:2003年
上映時間:203分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:ピーター・ジャクソン
キャスト:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン etc

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還の登場人物(キャスト)

フロド・バキンズ(イライジャ・ウッド)
サウロンの狙う指輪を破壊する命を受けた青年。少しずつ、その魔力に感化されつつある。
サムワイズ・“サム”・ギャムジー(ショーン・アスティン)
フロドの親友で、付き人。何においてもフロドを守るべく動く。
ガンダルフ(イアン・マッケラン)
強大な力を持つ魔法使い。フロド達と共に旅をする。
アラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)
ゴンドールという国の王位継承者。今回彼に、新たな武器が手渡される。
ゴラム(アンディ・サーキス)
指輪の前の持ち主で、指輪に対して強い執着心を持っている。サムとフロドの仲を引き裂く。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還のネタバレあらすじ

映画『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還のあらすじ【起】

かつて、この世に襲いかかった強大な悪、冥王サウロン。戦いに敗れ表舞台から姿を消していたサウロンだったが、彼は未だその野望を捨ててはいなかった。強力な魔力を持つ指輪の力を用い、この世に復活を果たそうとしていたのである。

そして、フロドとサムは、その指輪を完全にこの世から消し去るため、モルドールにある滅びの山へと向かっていた。しかし、そんな彼らの仲を引き裂こうとする者がいた。かつての指輪の所有者であり、指輪を取り戻したいゴラムである。ゴラムの卑怯な策略にハマり、仲違いをした二人はここにきて別々の道を歩むことになってしまう。

一方、離れ離れになっていたメリーとピピンを探すため旅をしていたアラゴルン達は、無事彼らと再会を果たす。しかし、そんな時、彼らの耳に悪いニュースが飛び込んでくる。なんと、サウロン一味がゴンドールを狙っているというのだ。そして、ゴンドールとはアラゴルンが生まれ育ち、そして、いずれ彼が治めるべき国だったのだ。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還のあらすじ【承】

サウロンの侵攻を止めるべく、彼らは急いでゴンドールへと向かう。ゴンドールに着いた彼らを出迎えたのは、執政の地位に就くデネソールという人物だった。彼は、以前アラゴルン達と旅を共にし、そして、命を落としたボロミアの父親だった。アラゴルンはデネソールに危機を伝え、ローハンに援軍を求めるべきだと進言するが、しかし、デネソールはそれを受け入れようとはしない。彼は、王位継承者の身でありながら、長年国を不在にしていたアラゴルンに不信感を抱いていたのだ。

そんなセオデンを見て、アラゴルンは自分の力でなんとかしよう、とセオデンにかけ合い兵士を招集する。そんなアラゴルンのもとに、一人の人物がやってきた。エルフ族のエルロンドである。

エルロンドは、アラゴルンに一本の剣を差し出した。それは、『アンドゥリル』と呼ばれる伝説の剣で、王の証ともされていた。その剣に認められた者は、なんと死者の軍団を操ることができると言われているのである。アラゴルンは、国を守るため、剣を片手に死者の道へと向かうのであった。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還のあらすじ【転】

仲間と共になんとか死者の道へと辿り着いたアラゴルン。そして、剣の力を使い、死者達に呼びかけるのだった。一方、デネソールの息子、ファラミアは攻め入ってきたオークの大軍との戦いを強いられていた。実力者であるファラミアだが、オークの持つ凶悪な力に敗北してしまう。

その一報を聞いた父親であるデネソールは、もう一人の息子まで失った、と混乱状態に陥ってしまう。最早国を率いることができないデネソールに代わり、ガンダルフが指揮をとることとなる。そして、ガンダルフの指揮のもと、彼らはサウロンの軍勢と戦うことになるのだった。その戦いの最中、ガンダルフはなんとかファラミアを助け出すことに成功する。

一方、ゴラムの策略にはまっていたフロドとサムであったが、いち早くサムがその策略に気がついた。サムは慌ててフロドを追うが、その頃フロドはシェロブという大蜘蛛に襲われていた。サムは自らが傷つくことも厭わず、フロドを助け出すのだった。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還のあらすじ【結】

剣に認められたアラゴルンは、死者の軍団を引き連れゴンドールへと向かった。そして、ゴンドールに攻め入ってきたオーク軍に勝利するのだった。そのまま、アラゴルンはフロド達を助けるべくモンドールへと向かう。

一方、フロド達はとうとう滅びの山に辿り着いていた。指輪の魔力と戦いながらも、フロドは指輪を火山口に投げ捨てようとする。それを阻もうとしたのは、指輪を狙うゴラムである。そして、ゴラムは指輪を抱いたまま、満足気に火山口に沈んでいったのだった。

頼りであった指輪が破壊され、復活の術を失ったサウロンも消滅し、この世には平和が戻った。アラゴルンはゴンドールの王位を継ぎ、そして、ホビット達はホビット庄へと帰還した。しかし、指輪の魔力によって、フロドが受けた傷は大きかった。フロドは、自らの傷を癒すため、ヴァリノールという神の国へと旅立つことになる。そして、フロドは長年彼を支え続けてくれたサムに感謝を告げ、新たな冒険に出るのだった。

Amazon 映画『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』の商品を見てみる

関連作品

前作 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①フロドたちの試練と指輪の最期

    アラゴルン達の旅はオークとの直接的な戦いなのですが、フロドとサムは隠れるようにして滅びの山へと向かいます。それはアラゴルン達と比べて楽なように感じますが、ある意味もっとも過酷な旅だといえます。オークに見つからないように道なき道を歩き、夜も不安であまり寝る事ができません。さらに道案内をするゴラムは改心したように見えますが実は悪い部分が戻ってきてフロドから指輪を取り戻すために巨大なクモの巣へと迷いこませてしまいます。

    エルフのガラドリエルからもらったエアレンディルの光で何とか追い払ったと思われたクモに不意打ちをくらって毒を体内に注入されたフロドは仮死状態になってしまいます。それを見つけたオークたちに塔へと連れて行かれたフロドを決死の覚悟で助けにいくサム、どんなに辛い言葉を投げつけられてもフロドについてきて常に励まし続ける彼に何度も助けられるフロドでしたが、最後は指輪の魔力に押しつぶされて抜け殻のようになってしまいます。

    ゴラムが必死に指輪を取り戻そうとする姿をみて捨てる事を改めて決意しますが、結局魔力に負けて指輪を山に捨てる事を拒否してしまいます。だがゴラムは諦めずにフロドの指ごと指輪を齧り取り恍惚の表情のまま指輪とともに滅びの山のマグマに呑まれてしまいました。

  2. 匿名 より:

    一つの指輪をめぐる長い旅のお話はこれで終わりです、ガンダルフの人を信じる心・アラゴルンの絶対にあきらめない心、常に冷静にしかし力強く戦い続けたエルフのレゴラス・粘り強くそしてレゴラスを友と認めたドワーフのギムリ・好奇心と機転を利かせてピンチを切り抜けて来たメリーとピピン・けっしてフロドから離れず誠心誠意尽くすサム、そして冥王サウロンの魔力に浸食されながら旅をし続けたフロド。それぞれが全力で戦い中つ国の平和を勝ち取りました。

    そこでハッピーエンドのはずですがフロドだけは違いました、長くサウロンの魔力にさらされ、ナズグルに刺された傷も癒えないままだったのです。元の生活は送れないと悟ったフロドはビルボとガンダルフとともにエルフの国へと旅立っていくのです。長いお話ですがぜひ最初から通して観てほしい映画です。