『LOST シーズン4』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

『LOST シーズン4』のネタバレあらすじ結末

LOST シーズン4の概要:ようやくベンの不意をつき外部との連絡が取れる状態になった生存者達。島を出られる希望がやっと見えてきた彼らは希望に胸を踊らせるが、中には島に残りたいと考える者も出てきた。結果として、ジャック派閥とロック派閥と完全に二分してしまうのだった。

LOST シーズン4の作品概要

LOST シーズン4

公開日:2008年
話数:全14話
ジャンル:ミステリー、SF

LOST シーズン4の登場人物(キャスト)

ジャック・シェパード(マシュー・フォックス)
ロックとベンの警告を無視して、外部との連絡を強行する。それによって派閥を生むことになってしまう。
キャサリン・アン・オースティン / ケイト(エヴァンジェリン・リリー)
ジャックとソーヤーの間で心が揺れ動く。
ジェームズ・フォード / ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)
島に残ることを望み、ロック派閥の中でも中心的な役割を持つ。
ジョン・ロック(テリー・オクゥイン)
ジャックとの対立が本格化してしまう。
ヒューゴ・レイエス / ハーリー(ホルヘ・ガルシア)
チャーリーの死を受けて島に残りことを決意する。
サイード・ジャラー(ナヴィーン・アンドリュース)
ジャックについていくことを決意する。
チャーリー・ペース(ドミニク・モナハン)
生存者を守るためにも自分を犠牲にして絶命してしまった。
デズモンド・ヒューム(ヘンリー・イアン・キュージック)
チャーリーとの友情を築き、生存者の一員として迎えられる。
ベンジャミン・ライナス(マイケル・エマーソン)
外部との連絡手段など、まだまだ隠している情報があると考えられている。
ジュリエット・バーク(エリザベス・ミッチェル)
ベンの元で活動していたが、いまはジャックに力を貸している。
ペネロピ・ウィドモア / ペニー(ソーニャ・ヴァンゲル)
デズモンドの恋人。
ダニエル・ファラデー(ジェレミー・デイビス)
イギリス出身の物理学者。
マイルズ・ストローメ(ケン・レオン)
アジア系の霊媒師。
シャーロット・ルイス(レベッカ・メイダー)
イギリス出身の考古学者。

LOST シーズン4のネタバレあらすじ

海外ドラマ『LOST シーズン4』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

第1話 選択

ペニー(ソーニャ・ヴァンゲル)と連絡が取れたチャーリー(ドミニク・モナハン)はボートがペニーのものではないと知り、溺死してしまう。ジャック(マシュー・フォックス)はロック(テリー・オクゥイン)とベン(マイケル・エマーソン)の抑止を振り切り外部との連絡に成功したジャックは周囲にそれを伝えると、生存者達はそれぞれ喜びに浸ると共に家に帰れる未来への希望を抱いていた。しかしデズモンド(ヘンリー・イアン・キュージック)が戻ってくると、チャーリーの死を伝える。生存者達は一転、彼の死を悲しむ。

ジャックの未来の記憶で、彼は朝食と共に酒を飲んでいた。テレビでは暴走している車が警察に追われている状況が中継されていた。車は闘争の最中にクラッシュし、警察に包囲された中からはハーリー(ホルヘ・ガルシア)が出てくる。拘束された彼は自分をオーシャニック6の一員だと叫んでいた。取り調べを受けるハーリーに刑事は車の暴走は何者から逃げるためのものだったと推察するが、ハーリーは何かの幻覚に襲われているようだった。精神病院に自ら頼み込んで入院すると、彼の元に死んだはずのチャーリーが訪れる。チャーリーこそが車で逃走した理由だったのだ。彼はハーリーに「彼らは君が必要なのだ」と伝えると去ってしまう。

一方現在のハーリーも不思議な体験をしていた。灯りの灯った家を見つけ、逃げてもその家は彼の正面に現れる。何もないと言い聞かせて目を開けてみると家はない。するとロックと合流する。ジャックは外部から連絡を再度受け取ると、ナオミ(マーシャ・トマソン)と代わるように伝えられるが、もちろんロックがナイフで彼女を刺してしまっていたので電話に受け応えることができない。すると重傷を負って動けないはずのナオミの姿は消えてしまっていたのだ。ケイトは彼女を見つけ出し、ナオミは救助を要請するが、そこで絶命してしまう。ジャックはロックに再開するや否や彼に殴りかかる。ロックは彼の信念があり、ナオミは救助ではなく脅威になる人間を誘き寄せるだけだというのだ。ロックの信念を信じる者とジャックに付いて行くと決めた者とで二分してしまったのだった。

話は未来の記憶へと戻り、ハーリーの元にジャックが面会に訪れていた。彼はジャックにロックに付いて行ってしまったことを謝罪すると、島に戻らなくてはいけないと感じている節を伝える。

救助を待つジャック達はヘリコプターから誰かがパラシュートで飛び降りるところを目撃すると、ファラデー(ジェレミー・デイビス)という男に出会うのだった。

第2話 訪問者たち

島に墜落したはずのオーシャニック815便が何故か深海で見つかり、全米でニュースとなっていた。そのニュースを見てファラデーは何故か涙が止まらない。

するとファラデーは叫び声と激しい雨の音が聞こえるヘリコプターの中に居て、パラシュートで飛び降りる。そこでジャックとケイト(エヴァンジェリン・リリー)に出会い、彼は生存者達の救助に来たと伝える。救助に来たはずのファラデーだったが、いきなり色々と疑うべき点が浮かび上がってくる。ジャックはロックがナオミを殺害したことを気づかれているのではないかと心配するが、ケイトは大丈夫だと断言する。

ファラデーに対する疑いが晴れないジャックは彼に質問の投げかけ続けると、彼は生存者の湧出は最優先事項ではないと白状する。具体的な彼らの目的を聞き出そうとすると、他の乗組員の存在を知らせる信号がなり、彼らは急行する。そこにはマイルズ(ケン・レオン)という男がいた。島に来る前は霊媒師として働いていたマイルズはナオミの死の真相を知るために彼女の遺体まで連れて行くようにジャックに要求する。彼はナオミの死はジャックによる者ではないと断定すると、シャーロット(レベッカ・メイダー)という考古学者の隊員の信号をキャッチする。しかし彼女はジャック達と合流する前にロック達によって発見されてしまう。ベン(マイケル・エマーソン)は彼女を殺そうと試みるが失敗する。そして、彼らが何故この島にやってきたのか、誰なのかを知っていると言うのだった。

第3話 雇われた男

マイルズは彼らの島への目的がベンの拘束だと告げる。しかしベンはロック達が連れ去り、すぐに彼らの目的は遂行できそうになかった。サイードはベンロックに拘束されているシャーロットを救出する代わりに貨物船へヘリコプターを出すように交換条件を出す。サイード(ナヴィーン・アンドリュース)はマイルズを連れてシャーロットの救出作戦を決行することに決める。

サイードの未来の記憶では彼は誰かに雇われ暗殺者として生還の後は生きていた。彼はターゲットを次々と殺していくと、次の標的であるエルサという女性に近づく。エルサとサイードは恋仲になり、彼女の命を守るためにサイードは彼女のボスを殺害するために近づいたことを告白する。しかしエルサもまたサイードを暗殺するために送られた刺客であったために、サイードは彼女を殺害してしまう。

サイードはマイルズとケイトと共にシャーロットの救出に向かうが、彼らの住処は空っぽで、なんとロックについて行ったはずのハーリーが縛られて残されていた。ハーリーはロックに意見に反対したために取り残されてしまったと説明する。一応何かの手がかりがないかと詮索するサイードは謎の隠し扉を見つけ、ベンの各国の偽造パスポートと紙幣を見つける。そこに現れたのはロックとソーヤーで、ハーリーの拘束はロックの考案した罠であった。彼らは彼らを拘束する。サイードはロックと交渉をし、マイルズとシャーロットを交換する。シャーロットを救出したことには代わりないので彼はヘリに乗り込むことを許される。

未来のサイードはエルサを始末したあと、負傷を負ったために彼の雇い主のところに戻っていた。彼の雇い主はなんとベンだったのだ。

関連作品

次作 LOST シーズン5
前作 LOST シーズン3