『LOST シーズン6』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「LOST シーズン6」のネタバレあらすじ結末

LOST シーズン6の概要:物語もついにクライマックスを迎える。今までに描かれてきたオーシャニック815便の生存者達とダーマの生き残り達の過去、未来、現在が一つにつながるシーズン6。

LOST シーズン6の作品概要

LOST シーズン6

公開日:2010年
話数:全18話
ジャンル:ミステリー、SF

LOST シーズン6の登場人物(キャスト)

ジャック・シェパード(マシュー・フォックス)
島に戻ったあともリーダーとして仲間を率先する。
キャサリン・アン・オースティン / ケイト(エヴァンジェリン・リリー)
ジャックとテンプルで行動をともにする。
ジェームズ・フォード / ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)
ジュリエットと交際しており、ジャック達と対立することも。
ジョン・ロック(テリー・オクゥイン)
ジャックに遺体として島に運び込まれる。
ヒューゴ・レイエス / ハーリー(ホルヘ・ガルシア)
サイードの負傷を受けて彼が島からのメッセージを受け取る。
ジンスー・クオン / ジン(ダニエル・デイ・キム)
死んだように思われていたが、実は過去に飛ばされ生き残っていた。
サイード・ジャラー(ナヴィーン・アンドリュース)
負傷するが、テンプルで復活する。
ベンジャミン・ライナス(マイケル・エマーソン)
以前の尊厳はなく、ロックと行動をともにする。
ジュリエット・バーク(エリザベス・ミッチェル)
核爆発に巻き込まれ、絶命してしまう。
道厳(真田広之)
テンプルを治めるリーダー。

LOST シーズン6のネタバレあらすじ

海外ドラマ『LOST シーズン6』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

第1話 LAX, Part1

オーシャニック815便の中でジャック(マシュー・フォックス)は過去の筋書き通りに酒を飲みながら他の乗客と話をしていた。そこで飛行機を激しい揺れが襲うが、揺れは収まり過去にはなかった会話が発生する。そして機内にはデズモンド(ヘンリー・イアン・キュージック)の姿もあり、ジャックは他の乗客に得体の知れない親近感を覚える。ハーリーは宝クジを当てた事実は変わらないものの、不幸な事件は起きずに投資家として成功していた。そして遂に飛行機はロサンゼルス国際空港に着陸する。未来はジャックの求めた通りに変わりはしたが、彼らの未来ではなく、平行世界の未来が変わっていたのであった。

ケイト(エヴァンジェリン・リリー)は島の木の上で気を失っているところから目を覚ます。彼女は現状を探るために島を探索しているとジャック、ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)とマイルズ(ケン・レオン)を発見する。サイード(ナヴィーン・アンドリュース)は打たれた傷が深く、ジン(ダニエル・デイ・キム)はジャックを呼びに行く。ジャックの元ではソーヤーがジャックのアイディアが原因でジュリエット(エリザベス・ミッチェル)が死んでしまったことに腹を立てていた。そこにジュリエットの声が聞こえると、彼女の生存を確認する。しかし、彼女は現在でも最終的には絶命してしまう。ハーリー(ホルヘ・ガルシア)は殺されたはずのジェイコブ(マイク・ペルグリノ)に出会うとサイードを救うためにテンプルへ連れて行くように伝える。

ロック(テリー・オクゥイン)とベン(マイケル・エマーソン)はジェイコブを殺害した翌日のテンプルにいた。キャンプにはサンの姿もあった。ベンはリチャードの元へと向かうと、そこにはなんとさっきまで一緒にいたはずのロックの遺体があった。しかしテンプルには生存しているロックの姿があった。ジェイコブの守護者達はロックに発砲するが彼の姿はなくなり、代わりに例の黒い煙の姿があった。

第2話 LAX, Part2

ソーヤーは亡くなったジュリエットの遺体を埋めようとしていた。しかし、彼のジャックに対する憎しみは強まる一方のようだった。ソーヤーとマイルズを残した彼らはサイードの命を救うためにテンプルの入り口へとやってきた。すると突然何者かにテンプルで襲われてしまい、テンプルまで連行される。そこには日本人の道厳(真田広之)と出会うと、泉に連れて行くと伝える。しかし、サイードは息を吹き返すことはなく道厳は彼の死を告げる。そして道厳はジェイコブについてハーリーに尋ねると、ジェイコブの死を道厳は知ることになる。すると道厳は突然焦り出し、あたりは騒がしくなる。

平行世界ではケイトが保安官の目を盗み逃走に成功する。ジャックは空港内のアナウンスで窓口に呼ばれると、彼の父親の遺体が行方不明になっていることを知らされる。空港に着いたジンは税関で大量の現金の所持で事情聴取されてしまう。ケイトも保安官に見つかり逃げ出すが、その際に乗り込んだタクシーの中にはクレア(エミリー・デ・レイヴィン)の姿があった。

一方、別の時間軸に飛ばされていいたベンはロックの正体について探るが、彼はロックの姿をした何かであり、ロックではないことしか情報が掴めない。ロックの姿をした何かはリチャードの元を訪れると、彼に暴行を加えどこかに連れ去ってしまう。

現在ではテンプルで未だに騒がしさが続いていたが、ある出来事があたりに一旦の静寂を与える。サイードが生き返ったのだった。

第3話 彼女の心情

息を吹き返したサイードに驚きと喜びが隠しきれないジャック達だったが、道厳もそれは予期していなかったようであった。ソーヤーはその騒ぎの中でテンプルからの逃亡を企てていた。洞巌がサードの元へとやってくると、サイードと話す質問があると伝えると彼をテンプルの中へと連れて行く。ソーヤーはその騒ぎに乗じてテンプルを逃げ出してしまう。洞巌は彼を連れ戻す必要があると言うと、ジンとケイトに彼を連れ戻すように伝える。洞巌はサイードと話をするわけでもなく、拷問を彼に施し、試験を通過したとだけ伝えた。

ソーヤーを追っているケイトは一緒に来ていた他の者達を出し抜き、同じく逃亡を試みる。その際に彼らは例の黒い煙とたたかっていて、ジャック達を助ける存在だと伝えていた。ケイトは彼らが以前に滞在していたキャンプに向かうとソーヤーを発見する。彼はジュリエットの死を受け入れようと苦悩しているのだった。

平行世界のケイトは未だに逃亡を続けていた。手錠を外し、クレアから奪った荷物から着替えを探していると彼女の鞄からはベビー用品が大量に見つかり、ケイトは罪悪感に苛まれる。ケイトはクレアの元に荷物を返しに向かうと、クレアの目的を手助けしようとする。すると突然クレアは腹部を抑えて苦しみ出してしまう。

現在ではケイトと別れ、テンプルに向かっていたジンが命を狙われていた。そこに現れて彼を助け出したのはクレアであった。

関連作品

前作 LOST シーズン5