映画『ラブ&ピース』あらすじネタバレ結末と感想

ラブ&ピースの概要:2015年に製作された、独特の世界観で知られる鬼才、園子温監督の最新作で初の特撮映画。「地獄でなぜ悪い」に続き園子温監督作品に出演、主演を果たしたのは長谷川博己。

ラブ&ピース あらすじネタバレ

ラブ&ピース
映画『ラブ&ピース』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ラブ&ピース あらすじ【起・承】

元売れないロックシンガーの鈴木良一は、ボロアパートに住み、うだつの上がらないサラリーマンとして働いている。
同じ職場の寺島裕子に片思い中で、亀のピカドンだけが友達。
そして未だに、有名ロックミュージシャンへの夢を諦めきれずにいる。

ある日、職場にまで亀のピカドンを連れて来ているのがバレてしまい、パニックに陥った良一は、ピカドンをトイレに流してしまう。
ピカドンは持ち主や飼い主に捨てられたオモチャやペットたちが集まる、ガラクタ天国にたどり着く。
そこの主の老人に、他のペットやオモチャ同様、喋れるようになるための飴をもらう。
しかしピカドンがもらったのは、願いが叶う代わりに体が大きくなる飴で、ピカドンは良一の夢が叶うことを望む。

良一はピカドン恋しさに亀の形のギターを持った男性に縋りつくが、その男性とバンド仲間に見世物にされてしまう。
そこでギターを持たされた鈴木良一が歌ったピカドンへの歌が、大物女性プロデューサーの目にとまる。

ピカドンの本当の意味が原発とは知らない良一をよそに、原爆のメッセージソングと思い込んだ事務所は良一をバンド「レボリューションQ」の新メンバー、ワイルドリョウとして迎え入れる。
しかし事務所は良一に「レボリューションQ」を解散させ、その後の良一のソロプロジェクトに向けての糧にしようと企んでいた。

ラブ&ピース あらすじ【転・結】

うだつの上がらないサラリーマンから一転、人気バンドのボーカルになった良一は高級マンションに引越し、裕子との恋も実った。
「ピカドン」は封印され「ラブ&ピース」に変更されたが、それでも歌は大ヒット。
その歌は亀のピカドンの元にも届いていた。

新曲の製作に行き詰っていた良一の前に、亀のピカドンが現れて曲作りを手伝うが、すぐに姿を消してしまう。
その場面を裕子に見られた良一は、恥ずかしさから彼女と距離を置くようになる。

やがて「レボリューションQ」は計画通りに解散を発表、姿を見られた巨大亀のピカドンを守るかたちで記者会見をまとめてしまう。
ピカドンは検査に回され、一緒に外に出た人形のマリアも辛い思いをする。

ガラクタ天国ではクリスマスパーティーが行われていたが、老人が出したジュースを飲むといっせいに静かに。
連れ戻されたマリアも、サンタクロースだった老人に綺麗にされて、子供たちへのプレゼントになった。
解剖されかけていた亀のピカドンの元にもサンタクロースが現れ、飴を食べさせるとピカドンは巨大化する。

日本スタジアムでの単独ライブをしていた良一の元へ向かったピカドンは、かつての良一の言葉を語り、そして消えてしまった。
逃げ出した良一がボロアパートに帰ると、小さくなったピカドンと裕子がやってきた。

ラブ&ピース 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:117分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、ファンタジー、コメディ
  • 監督:園子温
  • キャスト:長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、奥野瑛太 etc

ラブ&ピース 批評・レビュー

映画『ラブ&ピース』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

鬼才・園子温監督の独特の世界観

原爆を意味する「ピカドン」を亀の名前にし、メッセージソングと勘違いさせて売り出すあたりは、原発に賛否両論ある今の時期に不謹慎なように思える。
しかし、有名なテレビ討論番組やトイレの落書きで鈴木の妄想を描くなど、園子温監督のオリジナリティあふれる世界観は健在。
捨てられたおもちゃやペットが行き着くというガラクタ天国も、夢があふれる世界観。

捨てられたおもちゃやペットが、サンタクロースからもらった飴玉で喋れるようになったり、鈴木の夢を叶えるために巨大化するピカドンの姿はとても可愛らしく夢がある。
B級感たっぷりの特撮だが、細部にまでこだわってVFXを駆使するようなストーリーとは思えない内容なので、凝りすぎていないのが好印象を与えている。

猫のぬいぐるみスネ公を犬山イヌコ、人形マリアを中川翔子、ロボットおもちゃのPC-300を星野源が声を担当しており、ぬいぐるみや人形の独特の雰囲気を醸し出すことに成功している。

麻生久美子がもったいない

裕子を演じた麻生久美子は、彼女らしい演技を見せることもこれといった見せ場もなく、とても影が薄い存在になってしまっていてもったいない。
良一とピカドンの友情に関しては細かく表現しているのに、憧れの存在から付き合うことになった2人の関係にはノータッチなので、ストーリー上ではおまけ程度にも見える。
サンタクロースが捨てられたペットやおもちゃに未来を与え、子供たちや良一に夢を与える部分も描いているので、恋人の設定まで入れたことで、詰め込みすぎな印象を覚える。

鈴木を演じた長谷川博己のヘタレっぷり、西田敏行のサンタクロースがとても似合っている。

ラブ&ピース 感想まとめ

凝ったVFXや細部まで街並みを再現するようなことはしていないが、鈴木のために生きる亀のピカドンが可愛い作品。
ストーリーは消化不良な部分が多く、麻生久美子が演じた鈴木の憧れの相手、寺島裕子の影が薄くなっているのがとにかくもったいない。
しかし、捨てられたおもちゃやペットが行き着く地下の「ガラクタ天国」と、おもちゃたちを生まれ変わらせるサンタクロースなど、大人でも楽しめる夢とファンタジーが詰まっている。

独特な声で、女優からナレーションまでこなす個性派の犬山イヌコの声は、耳について離れずクセになる。

Amazon 映画『ラブ&ピース』の商品を見てみる