映画『ルパン三世(2014) 』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ルパン三世(2014) 」のネタバレあらすじ結末

ルパン三世(2014) の概要:人気アニメ「ルパン三世」の実写版映画。あの天才的な大泥棒であるルパン三世は、ザ・ワークスという盗賊集団の一員だった。そのリーダーが殺され、奪われた宝を奪い返すことにしたルパン達。裏切りや騙し合いを繰り返しながら、お宝の争奪戦が始まる。

ルパン三世の作品概要

ルパン三世

公開日:2014年
上映時間:133分
ジャンル:アクション
監督:北村龍平
キャスト:小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ etc

ルパン三世の登場人物(キャスト)

ルパン三世(小栗旬)
世界的大泥棒アルセーヌ・ルパンの孫。自身も天才的な泥棒であるが、女に弱い所がある。ザ・ワークスという盗賊集団のメンバー。
峰不二子(黒木メイサ)
お宝が大好きな女盗賊。ルパンを裏切り利用することが多いが、情に厚い一面もある。ルパンと同じくザ・ワークスのメンバーでもある。
マイケル・リー(ジェリー・イェン)
ルパン達と同じザ・ワークスのメンバー。父親を殺した男を恨み、復讐を考えている。

ルパン三世のネタバレあらすじ

映画『ルパン三世(2014) 』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ルパン三世のあらすじ【起】

シンガポールのとある美術館で、古代メダルを狙う泥棒達がいた。泥棒達は協力する様子はなく、誰がそのメダルを手にするかを競い合っている様だった。そのうちの1人に、峰不二子がいた。不二子は他者を出しぬいてメダルを奪おうとするが、直前にメダルの床が抜け落ち、床下で待ち受けていたルパンがメダルを奪って逃げていった。逃げていくルパンの前に、別の泥棒・マイケルが立ちはだかる。マイケルはルパンの行く手を遮った後、ルパンの携帯に電話をした。警戒したルパンが携帯を投げ捨てると、その携帯は爆発した。次にマイケルは不二子に電話をかけ始めた。観念したルパンはマイケルにメダを渡すと、マイケルは姿を消した。

事件後、香港警察の本部では銭形警部が熱弁している。シンガポールでの盗難事件は、1年前に消息を絶っていたルパン三世を始めとする、名のある泥棒達の仕業だという。その泥棒達を束ねるトーマス・ドーソンが組織した「ザ・ワークス」が動き出したのだと話す。

銭形達が監視をしている中、香港にあるドーソンの邸宅でパーティが開かれた。ドーソンは引退を考え、メダルを盗み出した者にザ・ワークスのリーダーを譲ろうとしていた。パーティでは、シンガポールで不二子を殺そうとしたマイケルが不二子と仲良く会話をしている。そこにドーソンが現れ、皆を集合させ、現在メダルを所持している者は誰かと尋ねた。すると、メダルを持っていたのは不二子だった。

ルパン三世のあらすじ【承】

ドーソンは不二子と他の泥棒達を自分の金庫に招き入れた。そして「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」というお宝の一部である光の首飾りを見せた。ちょうどその時、ドーソンを裏切っていたマイケルの仲間達が邸宅に乱入してきて、銃撃戦となった。その様子を見て、監視していた銭形ら警官隊も突入する。混乱の中で、マイケルの仲間がドーソンを撃ち殺し、マイケルは光の首飾りを奪って逃げた。

後日、ルパンと共にドーソンの墓前にいたのは、ザ・ワークスのメンバーだった次元大介と不二子だった。三人はマイケルが盗んだ光の首飾りを盗み返すことを決めた。しかし、次元は不二子のことを信用していなかった。

1年後、ルパンと次元は不二子の得た情報を元にタイにいた。そしてルパンだけが、不二子の滞在しているホテルに呼び出される。ホテルの部屋に着いたルパンは、待ち構えていた銭形警部に捕獲されしまった。不二子が自分の逮捕と引き換えに、ルパンを売ったのだった。

捕獲されたルパンは、銭形からマイケルの情報を聞かされる。マイケルは「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」の一部である真紅のルビーを所持するモムラーチャオ・プラムックという男と、光の首飾りを使って取引をしようとしていた。プラムックは裏社会のボス的存在で、世界の大物の秘密を握っているため、警察もなかなか手を出せずにいる。そこで、銭形警部はルパンに取引をもちかけた。ルパンの犯罪履歴を抹消する代わりに、「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を盗んでほしいとのこと。そうして、ルパン逮捕の名目でプラムックに近付こうと考えたのだ。

ルパン三世のあらすじ【転】

プラムックは難攻不落の要塞型セキュリティシステムであるジ・アークを孤島に所持しており、ルパン達がお宝を盗み出すのは困難に思えた。そのため、ルパンは日本にいる石川五右衛門に協力を求めた。

五右衛門を連れタイに戻ったルパンは、不二子がマイケルの手下に連れて行かれる所を見つけ尾行する。そして、マイケルと不二子の会話を聞いたルパンは驚いた。不二子は、マイケルの生き別れた妹だといのだ。そして彼らの父親は仲間のドーソンに殺され、「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」はドーソンに奪われたという。マイケルはそのお宝であるネックレスを完成させて、妹の不二子に渡すつもりの様だ。

その後、マイケルはプラムックを出し抜こうと取引会場に行くが、仲間の裏切りに合い、逆にネックレスを奪われてしまう。更に、父親を殺したのはドーソンではなくプラムックだという事実を知る。落胆したマイケルだが、プラムックからネックレスを奪い返すため、ルパン達のアジトに現れ仲間になった。

ルパン三世のあらすじ【結】

ついにルパンがジ・アークに挑む日がきた。銭形警部は、ルパンから犯行予告動画が届いているので見てほしいと、ジ・アークにいるプラムックを訪れていた。銭形警部が動画を見せるため、ジ・アークのシステムにDVDを挿入するとウィルス感染が始まり、システムがハッキングされた。実は、ルパンとマイケルが銭形警部と地元警察に変装してDVDを持ち込んでいたのだ。混乱に乗じて、ルパンとマイケルはネックレスの保管庫を目指す。それと同時に、外では不二子や次元、五右衛門がプラムックの傭兵達や幹部を倒していく。

ネックレスの保管庫に辿り着いたルパンとマイケル。保管庫の中には大きな金庫があり、それを難なく明けネックレスを手にしたルパン達。それをモニターで監視していたプラムックが、遠隔操作で保管庫の扉を施錠し、さらに保管庫内の酸素を抜き始めた。それに気付いたルパンは、大きな爆発を起こし頑丈な扉を壊そうとする。しかし、自分達の身も危険になると考えたマイケルは、ルパンに一撃を与え気絶させ、ルパンを金庫内に閉じ込めたあと、一人犠牲になり爆発を起こし死んだ。

爆風から逃れ金庫から出てきたルパンだが、プラムック達に捕まってしまう。そらに、外では仲間達が大勢の傭兵に囲まれて捕まっていた。その時、本物の銭形警部と地元警察がジ・アークにやってきた。プラムックはルパン達を引き渡そうとするが、逆に自分達が捕まってしまう。ルパン達は、ジ・アークのセキュリティをハッキングした時、同時にプラムックの犯罪に関する情報を全て警察に送信していたのだ。

お宝のネックレスはというと、銭形警部が保護したと考えていたものは別物だった。本物はルパンがしっかり持ち帰っていた。ルパンは不二子にネックレスを渡した。そして、本当はマイケルの妹じゃなかったのではと尋ねた。不二子はマイケルを利用したのだと答えたが、孤独なマイケルを癒すためについた嘘だろうとルパンは考えていた。その瞬間、不二子に呼び出されていた銭形警部が現れ、ルパンを追いかけてくる。それを横目に、ネックレスを手にした不二子は、バイクに跨り去って行った。

Amazon 映画『ルパン三世(2014) 』の商品を見てみる