映画『曲がれ!スプーン』あらすじとネタバレ感想

曲がれ!スプーンの概要:「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督、長澤まさみ主演の2009年製作の映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台が基になっている。本物のエスパーが集まるカフェに、テレビ番組ADが来たことから起こるドタバタ劇。

曲がれ!スプーン あらすじ

曲がれ!スプーン
映画『曲がれ!スプーン』のあらすじを紹介します。

超常現象バラエティ「あすなろサイキック」のAD、桜井米(よね)は、不思議な現象が大好き。
ある日、上司からエスパーを探す企画「全国フシギ行脚」を任され、全国を旅する羽目に。
だが、会うエスパーはインチキばかりで落ち込んでいた。

次の取材対象とは、「カフェ de 念力」という名前の店で待ち合わせ。
しかしそこは本物のエスパーが年に一度集まるカフェだった。

マスターの早乙女は、超能力は無いけれど、エスパーに救われた経験から彼等が集まる場を作った。
電子機器を自在に操るエレキネシスの井手。
工場で働くサイコキネシスの河岡。
透視能力を持つ筧。
筧とトイレで偶然出会い「カフェ de 念力」に連れてこられた椎名が、クリスマスパーティーをするため、貸切で集まっていた。

もう1人新メンバーが来る予定で、マスターが席を立った時に偶然店の前に居た神田という男が、新メンバーと勘違いされてしまった。
だが神田は一般人で、細男というびっくり人間。
慌てて否定する4人の前で、テレポーテーションの小山が現れたため、完全にエスパーだとばれてしまう。

他人に話す気満々の神田が、米の取材対象だった事を知り、さらに慌てるエスパーたち。
自分たちの話をされないために、店内で取材をさせようと画策して引き止める事には成功する。
だが、米の名刺入れを透視した筧が、他のびっくり人間の飼っていた毒蜘蛛がいると気が付き、米を救おうと超能力を駆使する。

毒蜘蛛騒動も終わり、米は店を出て行く。
しかし米の純粋な心に触れたエスパーたちは、彼女を喜ばせたいと考える。

曲がれ!スプーン 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:ファンタジー、コメディ
  • 監督:本広克行
  • キャスト:長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹 etc

曲がれ!スプーン ネタバレ批評

映画『曲がれ!スプーン』について、感想批評です。※ネタバレあり

監督の他の作品、劇団ヨーロッパ企画を知らない場合は面白さが半減

「踊る大捜査線」にも出演したユースケ・サンタマリアが、米の担当する超常現象バラエティ「あすなろサイキック」のメイン司会者コースケ・マツイ役で、同じ本広克行監督の作品「UDON」での役名、松井香助に引っ掛けている。
”カフェ de 念力”に来る前に取材し、後の毒蜘蛛騒動の発端となったびっくり人間「へっちゃら男」役には、本広克行監督の作品でよく見かける寺島進。
他にも甲本雅祐、松重豊など、「踊る大走査線」で見かけるキャストが、エスパーたちの騒動の裏側で動いているのが面白い。
ヨーロッパ企画の舞台を基に本広克行が監督した「サマータイムマシーン・ブルース」のワンシーンが出てくるなど、様々な工夫を凝らした演出になっている。

舞台から引き続き、劇団ヨーロッパ企画のメンバーの諏訪雅と中川春樹がエスパー役で出演、上田誠が脚本など、ベースを大切にして製作された作品になっている。
しかし、重要なキャストのほとんどが他の映画、テレビ作品では脇役なので見分けが付きにくいという難点もある。
特に、長澤まさみと他の出演者の知名度の差が大きい。

舞台と映画のテンポの違いが顕著

劇団ヨーロッパ企画の舞台「冬のユリゲラー」が基になっているため、ストーリーがテンポよく進み、濃密なストーリー展開になっている。

毒蜘蛛と透視したものが「米」という文字だったなど、オチが微妙な点も見受けられる。
また、エスパーたちの話を言いふらす気でいた神田が、米を喜ばせるためのサンタ役になり真冬の川に落とされ、カフェに戻ってから健気にエスパー訓練を受ける場面は違和感を覚える。

米がテレパシーを逆利用し、誰にも言わないと伝えて大団円で終わるが、彼女がエスパーたちの正体に気が付いたきっかけには全く触れられておらず、テンポが早すぎるための問題が多少ある。
だが、神田とエスパーたちの話がかみ合っていないのにも関わらず、テンションだけでストーリーが進む展開は、有名なコント番組などに使われる手法で笑いを誘う。

曲がれ!スプーン 感想まとめ

超常現象を信じる女の子、米(よね)と本物のエスパーたち、そしてびっくり人間の、ハートフルコメディ。
エスパーの力の微妙さが面白く、トイレで紙が無くてあせった時に出会う筧と椎名のエピソードや、マスターのエスパーに助けられた話が同考えてもびっくり人間なのに、エスパーだと信じきる彼らの姿が面白い。
エレキネシスは使えるが家電に対しては上手く使えなかったり、テレポーテーションが実は時間を止めているだけなど、絶妙に使えない部分も笑いを誘う。

UFOまで呼び出してどうするんだという展開もあるが、不思議な事を信じてみてもいいかな、と思わせるラストは良くできている。
紅一点、長澤まさみの癒される雰囲気もなかなか良いのだが、びっくり人間たちの体を張っただけの”自称超能力”も面白い。

Amazon 映画『曲がれ!スプーン』の商品を見てみる