映画『マギー』あらすじネタバレ結末と感想

マギーの概要:ゾンビウィルスに感染し人間からゾンビに変化していく娘と、彼女に向き合う父親の姿を静かに描いた作品。主演はアクションを封印したアーノルド・シュワルツェネッガー。

マギー あらすじネタバレ

マギー
映画『マギー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

マギー あらすじ【起・承】

人間も農作物も腐らせてしまう伝染病、歩腐病ウィルスが広がりつつある世界。
外出禁止令をやぶって町に出たマーガレット・ヴォーゲルはウィルスに感染し、ゾンビ化するのを待つだけになった。

父ウェイドは娘の感染を知らされるが、マギーの親友の父、ヴァーン医師の温情で限界まで家で過ごせることになった。
幼い弟ボビーと妹モリーは家を出ることになり、義母キャロラインは神経質な態度を隠し切れない。

ある日マギーは指を怪我し、その指を包丁で切り落としてしまう。
そして庭に出たマギーは、感染して狂暴化した隣人ネイサンと娘に遭遇する。
ウェイドは2人を殺し、通報によって駆け付けた保安官からは、妻ボニーが無断で2人を匿っていたせいだと教えられる。
その晩、ウェイドを訪ねてきたボニーは、ネイサンは自ら覚悟して娘と一緒に過ごしたと言って連行されていった。

その後、ヴァーン医師の診察を受けることになるマギー。
隔離か壮絶な痛みを伴う薬か、それとも殺してしまうかという選択肢を提示され、迷うウェイド。

やがてヴァーンの娘アリーに誘われ、友人たちと一晩を過ごすことになるマギー。
感染してしまったボーイフレンド、トレントも一緒だった。

マギー あらすじ【転・結】

その後、トレントから呼び出されて彼の家に向かうと、隔離施設に入るために連行されるところだった。

マギーにも兆候が出始めていた。
ある日、罠にかかったキツネの鳴き声を聞き、助けるつもりが顔を血まみれにするような状態にしてしまった。
キャロラインは限界を感じて隔離施設に入れるよう勧めるが、ウェイドは拒否。
そしてキャロラインは家を出た。

その後、保安官が様子を見に来て、マギーを隔離施設に入れるよう強く勧めるがウェイドは話を聞かない。
乱闘になりかけた彼らを止めたのは、マギーだった。

そんなマギーに、彼女の名前の由来、ひなぎく(マーガレット)の咲いた花壇をマギーに見せるウェイド。
それを見たマギーは、父に自分の苦しみを終わらせて欲しいと頼む。
ヴァーンから隔離所で使う薬を手に入れたウェイドだったが、ヴァーンは一思いに殺してあげたほうがいい、と助言する。

もう、マギーは自分で自分を止められなくなってきていた。

眠りから覚めたウェイドは、銃に弾を詰めた。
寝ているウェイドにキスをしたマギーは、亡き母サラとの思い出を胸に屋根から飛び降りた。

マギー 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:95分
  • ジャンル:ホラー、ヒューマンドラマ
  • 監督:ヘンリー・ホブソン
  • キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、アビゲイル・ブレスリン、ジョエリー・リチャードソン、J・D・エヴァーモア etc

マギー 批評・レビュー

映画『マギー』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

アクションを封印したシュワちゃんのゾンビ映画

鍛えあげられたマッチョな体でアクションをこなす作品にしか出演しないイメージのアーノルド・シュワルツェネッガーが、一切のアクションを封印して挑んだ本作。
徐々に体が腐り、最後には人間を食料と認識してしまう、いわゆるゾンビになるウィルスに感染した娘を演じたのはアビゲイル・ブレスリン。

シュワちゃんの、寡黙だが娘を愛する父親ウェイド役が似合っていて、アビゲイル・ブレスリンの十八番ともいえる娘役もピッタリ。

脇役も演技がしっかりしていて、見ていて安心感が持てる。
継母キャロラインを演じたジョエリー・リチャードソンの戸惑い方や、マギーの変化に気付いてハサミを隠し持つなどのシーンも印象的。

静かなBGMも作風に合っている。

マギーが怪我をした指を自分で切り落とすシーンがあるが、そこまでひどい残酷描写ではない。

重く悲しいストーリー

娘がゾンビになるとしたら父親はどうするのかというテーマの作品だが、ゾンビ映画がありふれている時にゾンビウィルスを使ったのは残念なところ。
数多くあるゾンビ映画の中に埋もれてしまう可能性が高いだろう。

ゾンビ化することで自然には死ねない体になり、他人や家族に噛みついて感染させる可能性も出てくる、という設定を付け足したことで、絶望感は増幅している。

また、ヴァーンの病院でマギーが感染者だと知られた時の、周囲の対応や視線なども残酷に描かれている。
継母が幼い子供だけ他の家に預けたり、隔離施設に連絡すべきだと迷うそぶりを見せずに言い切ってしまうのも悲しい。

マギー 感想まとめ

ゾンビらしいゾンビはほとんど登場せず、病院から帰る途中で遭遇する店のゾンビと隣人ネイサンと娘のゾンビくらいしか姿を見せないため、ゾンビ映画とは思えない。
また、ゾンビになっていく娘と向き合う父という家族愛を描いたので、ヒューマンドラマに近いものがある。

隣人ボニーとネイサンの家族の形と、その悲惨な最後も描いているが、全体的に救いのない作品。

アクション俳優のシュワちゃんが、アクションを封印して挑んだゾンビ映画という話題性はあるが、父と娘の関係を描いた作品と言ったほうが正しいものになっている。

Amazon 映画『マギー』の商品を見てみる