映画『マグノリア』あらすじネタバレ結末と感想

マグノリアの概要:ロサンゼルスにおける複数の男女のある1日を描く。一見するとまるで接点のない彼ら。ところがそれぞれの1日が微妙に折重なり様々な結末を辿ろうとするとき、突如天変地異が起こる。

マグノリア あらすじネタバレ

マグノリア
映画『マグノリア』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

マグノリア あらすじ【起・承】

警官ジムは事件の捜査中マンションの一室のクローゼットから死体を見つける。

リンダは自身の夫、アールが末期ガンで治る見込みない事実を受け入れられず医者にたいしヒステリックを起こす。

一方末期ガンに犯され床に伏す老人アールは看護人であるフィルにかつて捨てた息子ジャックを探すよう頼む。

ジャックは名前をマッキーと変え今では女を落とすセックスセミナーの伝道者として男性たちからの人気を確立していた。彼の人気を聞きつけ、取材に訪れた新聞記者にマッキーは頑なに過去を語ることを拒んだ。

クイズ番組の司会者、ジミーも末期ガンに犯されていた。死を前にし娘、クローディアの元を訪れる。ところが彼女は父親に会うと荒々しい態度をとり、話したくないと追い返す。

かつてクイズ番組に天才少年として出演していたドニーは職務を果たさなかったと勤めていた電気をクビにされる。彼は惚れているバーの店員が矯正していることから自身も矯正しようと決心する。

見つかった死体に関する事件の捜査をしているジム。突如現れた子供がラップ調で彼に事件のヒントを与えるもジムはそれを聞き入れない。

天才少年スタンリーは父親によって今日も熱心にクイズ番組に出演させられる。ジミーはこの番組の司会者であった。

クイズ番組の途中、スタンリーはトイレに行きたくなる。ところがそのタイミングがまったくない。

ジムは捜査の途中通報があり薬を服用しているクローディアの元を訪れる。そこで彼女に一目惚れする。二人は仲良くなる。

マグノリア あらすじ【転・結】

日が暮れ雨が降り始める。

リンダは弁護士の元を訪れアールの遺言を変えるよう懇願する。彼女はお金目当てでアールに近づき、彼を愛していなかったことを告白する。

なかなかトイレに行くことのできないスタンリー。司会が不調なジム。彼は番組の途中倒れる。

スタンリーはとうとう番組中漏らしてしまう。そして自身のこれまでの不満を訴えた後番組を抜け出す。

クローディアと出会った帰り、ジムはとある家で銃撃らしいものを受ける。その最中彼は銃をなくす。

フィルはついにマッキーを見つける。アールの元にやって来るマッキー。彼は枕元で自分を捨てた父を罵り嗚咽を漏らすだけであった。

リンダは車内でアールの薬を飲み服毒自殺を図る。

ジミーは妻にかつて自身がクローディアに何をしたか告白する。彼は実の娘に性的な悪戯を繰り返していたようだ。そして妻は出て行く。一人残され拳銃自殺しようとするジミー。

クローディアはジムと食事をする。お互いの話をしキスをする二人。そのままクローディアは去る。

ドニーはバーの店員にとうとう告白し、歯の矯正費を得るため勤めていた電気店に押し入った。

それぞれの1日が佳境を迎えるなか、空から大量の蛙が降り始める。

ジムは帰り道、ぼろぼろになったドニーと出会いお金を戻すよう言う。そして彼は再びクローディアのもとを訪れるのであった。

彼を見て穏やかにクローディアは微笑んだ。

マグノリア 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1999年
  • 上映時間:187分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
  • キャスト:ジェレミー・ブラックマン、トム・クルーズ、メリンダ・ディロン、フィリップ・ベイカー・ホール etc

マグノリア 批評・レビュー

映画『マグノリア』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

豪華なキャストと素晴らしい挿入歌

本作品のキャストは映画界屈指の名優たちを集めている。トム・クルーズ、ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマンなどなど。こうしたキャスト陣の穏やかな演技が観客の心を掴んで離さない。

また、歌手のエイミー・マンは本作品にいくつか楽曲を提供しているが、そのどれもが一度聞くと耳から離れないほど中毒性がある。

どこか寂しさをはらみながらも力強さを感じる歌声。とりわけラストに流れる「save me」がマグノリアの内容を端的に表していると言っても過言ではないだろう。

また劇中歌「wise up」に合わせて豪華キャスト陣が歌うのも、今ではなかなか珍しいことなので、1つの見所であろう。

罪は許されるのか

「人間が犯した罪はどのように許されるのか」というメッセージが本作品には込められている。

子供を捨てる、盗みを犯す、嘘をつく。

人間誰しも大小問わずなんらかの罪を犯すが、一体それを誰が許すのだろうか。

本作品のラストでは登場人物たちがそれぞれ、もうどうにもならないという状況を迎える。

その時突如空から大量の蛙が降ってくるのだ。しかもこれが意外にもエグい。窓ガラスにぶつかり血を流すのだからなかなかの恐怖である。

しかしどうであろう。先ほどまであれほど困難にあえぎ苦しんでいた人々も蛙が降ってきたことによって全て吹き飛んでしまう。

いわば大いなる事象にたいしての人間の意識などその程度のものなのかもしれない。本作品のラストはカルトっぽいと評されているが、話の筋を考えるとこれ以上にふさわしいラストはない。

マグノリア 感想まとめ

大作という名が相応しいほど上映時間が長い、というのが本作の一番の特徴である。

登場人物たちの心理描写、そしてそれぞれがどのように1日を過ごしていたかをとても丁寧に描写しているので仕方ないが、見ている方としては途中だるさを感じてしまうのも事実だ。

また作品が訴えるメッセージも抽象的であり、物語はいくつかの謎を残したまま終わってしまう。すっきりしない部分もあるが、時間のある時に是非とも見ていただきたい一本である。

Amazon 映画『マグノリア』の商品を見てみる