映画『迷子の警察音楽隊』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「迷子の警察音楽隊」のネタバレあらすじ結末

迷子の警察音楽隊の概要:公演のためにイスラエルを訪問したエジプト警察の音楽隊は、手違いから目的地とは違う田舎町へ辿り着く。国籍や宗教観の違いを超え、音楽隊は町の人々とごくあたりまえのように交流し、喜びや悲しみを共感する。

迷子の警察音楽隊の作品概要

迷子の警察音楽隊

製作年:2007年
上映時間:87分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:エラン・コリリン
キャスト:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サレ・バクリ、カリファ・ナトゥール etc

迷子の警察音楽隊の登場人物(キャスト)

トゥフィーク(サッソン・ガーベイ)
エジプト警察のアレクサンドリア音楽隊団長。厳格で真面目な指揮者。
カーレド(サーレフ・バクリ)
若い楽団員。女好きの美青年。トランペット担当だが、バイオリンも弾く。
シモン(カリファ・ナトゥール)
楽団員副団長。オーボエ担当。交響曲を作曲している。
ディナ(ロニ・エルカベッツ)
イスラエルの田舎町で食堂を経営する女主人。好奇心が強く明るい性格。離婚歴がある。
イツィク(ルビ・モスコヴィッチ)
ディナの店の常連客。妻子、妻の両親と共に暮らしている。失業中。
パピ(シュロミ・エイブラハム)
ディナの店で寝泊まりしている青年。女性経験が無い。

迷子の警察音楽隊のネタバレあらすじ

映画『迷子の警察音楽隊』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

迷子の警察音楽隊のあらすじ【起】

エジプト警察のアレクサンドリア音楽隊は、予算難による解散の危機に追い込まれている。音楽隊団長のトゥフィークは、イスラエルのアラブ文化センターでの公演を成功させ、楽団存続に繋げたいと考えている。

イスラエルの空港に着いた一行は、迎えも無く待ちぼうけをくらう。大使館に電話をしてもまともに相手にされず、トゥフィークは、ペタハ・ティクヴァのアラブ文化センターまで自力で行こうと考える。トゥフィークの命を受けて、団員のカーレドが案内係からペタハ・ティクヴァ行きのバスについて聞き出す。

バスに乗り込んだ一行は、首都テルアビブから離れた田舎町に辿り着く。トゥフィークが町の食堂の女主人ディナに現在地を尋ねると、そこはペタハ・ティクヴァとよく似た名前のベイト・ハイクヴァだと判明する。

トゥフィークは、カーレドの不注意を叱責する。丸一日何も口にしていなかった一行は、ディナの店で食事をとる。

翌日の公演は夕方からの予定だが、移動しようにもその日のベイト・ハイクヴァ発のバスは全て出てしまっている。ディナは、宿に困ったトゥフィーク達に、自分の家、常連イツィクの家、店の居候パピの部屋に泊まるよう勧める。トゥフィークは始めは遠慮するが、ディナが現在は独身だと知り、彼女の好意を受けることにする。

トゥフィークとカーレドはディナの家に、副団長のシモンを含む3人はイツィクの家へ、他3人はパピの部屋に宿泊する。

迷子の警察音楽隊のあらすじ【承】

ディナはトゥフィーク達を家へ招き入れた後、町案内を申し出る。ディナがトゥフィークに興味を持っていることに気付いたカーレドは、気を利かせて一人家に残る。トゥフィークとディナは、車で街中へ向かう。

イツィクの自宅では、イツィクの妻の誕生日会が催されており、シモン達は歓迎されず気まずい空気が流れている。晩餐の席で、イツィクはシモンが作曲していることを家族に話す。音楽の話を介して、一同は少し打ち解ける。

シモンに同行している団員アジムは、公衆電話から大使館に電話をかけ、助けを求める。

トゥフィークとディナは町のレストランで食事をとる。音楽隊の演奏について尋ねてきたディナに対し、トィフィークは、現代人は日々の喧騒に巻き込まれて音楽を忘れている、と語る。

店の前で友人と待ち合わせているパピの前に、カーレドが現れる。カーレドは、自分も一緒に夜の街に行くと言い、パピの友人ツェルゲルとその恋人、ツェルゲルの従妹ユリアとのダブルデートに参加する。パピは、ツェルゲルから紹介されたユリアが自分の好みではないことに落胆する。

迷子の警察音楽隊のあらすじ【転】

ディナは、偶然同じ店にやってきた元恋人の男をトゥフィークに紹介する。トゥフィークは、明るく振る舞うディナが実は心に孤独を抱えていることに気付く。

カーレド達はスケートリンクへ遊びに行く。滑れないカーレドとパピを余所に、ツェルゲルは恋人との時間を満喫している。ユリアがパピにスケートを教えようとするが、パピはユリアに冷たい態度を取る。パピがデート慣れしていないことに気付いたカーレドは、パピとユリアが上手くいくようフォローする。

ディナとトゥフィークは、公園のベンチに座って他愛の無いことを話して打ち解けるが、子供の話題になった途端に、トゥフィークは口を噤んでしまう。堅苦しい雰囲気のまま、二人は帰路につく。

夜中、シモンはイツィクに、誕生日の邪魔をしたことを詫びる。イツィクは、シモンが作曲している交響曲のラストについてのアイデアを出す。作曲に行き詰まっていたシモンは、イツィクの言葉からインスピレーションを得る。

アジムは、公衆電話で大使館からの連絡を受け取り、翌朝ベイト・ハイクヴァまで迎えに来てもらえるよう手配する。

迷子の警察音楽隊のあらすじ【結】

ディナの家の前まで辿り着いたとき、トゥフィークは、妻と息子の死の真相についてディナに打ち明ける。

何事にも厳格なトゥフィークは、息子の些細な失敗を酷く叱責し、そのことを苦にして息子は自殺した。悲しみのあまりに、妻も息子を追って自ら命を絶っており、トゥフィークは、二人が繊細な心を持っていたことに気づかなかったことをずっと悔やんでいる。

ディナは、産めたときには時間がなく、産みたくなったときには遅かったと、子供を持たなかったことを後悔している。トゥフィークとディナは、悲しみを分かち合う。

同時にカーラドも家の前に到着し、3人は部屋に入る。ディナはトゥフィーク達にワインを勧めるが、トゥフィークは断って就寝する。

真夜中に目が覚めたトゥフィークは、ベッドで睦み合っているディナとカーラドを目撃する。

翌朝、音楽隊はディナの店の前に整列する。団員を代表して、トゥフィークはティナに丁重に礼を述べる。トゥフィーク達はディナに手を振り、別れを告げる。

無事ペタハ・ティクヴァに到着した一行は、アラブ文化センターのステージに上がる。大勢の観衆を前に、トゥフィークは楽団員の演奏に合わせてアラビア語の伝統曲を歌う。

Amazon 映画『迷子の警察音楽隊』の商品を見てみる