映画『メイン・テーマ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「メイン・テーマ」のネタバレあらすじ結末

メイン・テーマの概要:幼稚園で働く小笠原しぶきは、園児の父である御前崎渡に淡い思いを寄せていた。だが、渡は仕事の都合で大阪に転勤することが決まってしまう。小笠原は偶然出会った大東島という青年の車に乗り、渡を追いかけて大阪に行くことを決める。

メイン・テーマの作品概要

メイン・テーマ

製作年:1984年
上映時間:101分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
監督:森田芳光
キャスト:薬師丸ひろ子、野村宏伸、財津和夫、渡辺真知子 etc

メイン・テーマの登場人物(キャスト)

小笠原しぶき(薬師丸ひろ子)
19歳。幼稚園の先生。園児の父である御前崎渡に思いを寄せる。真面目で頭でっかちな性格。大阪に転勤した渡を追いかけて行くなど、並外れた行動力を持っている。
大東島健(野村宏伸)
マジシャン。女好き。マジックの腕を磨くため、車に乗って全国を旅している。明るく陽気な青年。
御前崎渡(財津和夫)
既婚者。妻との間にカカルという名の息子がいる。夫婦関係は破たんしており、伊勢雅世子と長年付き合っている。
伊勢雅世子(桃井かおり)
ジャズシンガー。飄々としていて、つかみどころがない性格。渡と付き合っているが、長く続く不倫関係に疲弊している。

メイン・テーマのネタバレあらすじ

映画『メイン・テーマ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メイン・テーマのあらすじ【起】

小笠原しぶきは幼稚園の先生として、園児相手に奮闘する日々を送っていた。ある日、密かに思いを寄せる園児の父親(御前崎渡)が、仕事の関係で大阪に転勤することが決まる。小笠原がそのことにショックを受けているとき園児が殴ってきたため、無意識の内に頬を思いっきり殴り返してしまう。

渡は愛人の伊勢雅世子に転勤のことを報告した。伊勢が奥さんの元に帰るつもりだろうと悲しそうに呟いたため、渡は必死に否定し、子供を預けるつもりでいることを話した。渡は一緒に大阪に行かないかと誘うが、伊勢は何も答えなかった。

小笠原が海を見ながら黄昏ていると、車に乗った大東島健に声を掛けられる。大東島はマジシャンの見習いとして全国を回っていた。小笠原が大阪に行くつもりであることを話すと、一緒に行こうと誘われる。だが、小笠原は一旦家に戻って荷物を準備したかったため、とりあえず別れて再度落ち合う約束をした。一方、渡は伊勢に会うためクラブを訪れていたが、伊勢は店を辞めて行方をくらましてしまっていた。

小笠原は大東島の車で大阪を目指していたが、途中で大東島の父の知り合いであるマジシャンの四日市に会うため、浜松に寄ることになる。小笠原は不満を抱くが、運転してもらっている身のためどうすることもできなかった。大東島が四日市に会いに行くと、相棒の女性が蒸発して困っていた。四日市は女性の当てはあったがステージを空けて会いに行けないとのことだったので、大東島が代わりにその女性(伊勢雅世子)を連れて来ることにした。大東島は迎えに行った伊勢を車に乗せて会場へと急ぐが、途中で誘惑されたため、思わずステージのことを放ってキスに夢中になってしまう。ステージに立っていた四日市は偶々宴会場にやって来た小笠原を相棒にし、マジックを続行した。ステージ終了後、小笠原は大東島と伊勢と共にホテルに帰ることになるが、伊勢にすっかり心を奪われている大東島に腹を立てる。

メイン・テーマのあらすじ【承】

大阪に到着したため、小笠原はお礼の品を大東島にプレゼントした。大東島はこの後、沖縄に戻るとのことだった。小笠原は大東島に別れを告げ渡の家を訪ねるが、渡は仕事でいなかった。しかも、渡の妻の由加は買い物に出掛けていておらず、元教え子のカカル君が1人で留守番していた。

小笠原は帰って来た渡に誘われ、夜の町に出掛けることになった。由加は買い物から戻ってきていたが部屋から出て来ず、帰宅した渡のことを出迎えることもなかった。小笠原はそのまま渡の家に泊まり家の用事を手伝うが、由加から出て行って欲しいと頼まれる。夜、小笠原が渡と出掛けたことに気づいていたのだ。小笠原は渡やカカル君に別れを言えぬまま家を出た。

小笠原は姉夫妻を頼り、沖縄に向かった。一方、沖縄にいた大東島は、偶然店にいた伊勢と再会を果たしていた。大東島は伊勢のことが忘れられなかったため思いを打ち明けようとするが、はぐらかされてしまう。その代わり、伊勢は大東島と今夜会う約束をした。その頃、渡も伊勢を追い、沖縄に来ていた。

メイン・テーマのあらすじ【転】

小笠原は海を眺めている際に、大東島と再会する。一緒にウィンドサーフィンを楽しむが、濡れた髪を乾かすためにモーテルに行こうと大東島からデリカシーのない言葉で誘われ、腹を立てる。小笠原が1人で家に帰ると、渡が待っていた。嬉しくなった小笠原は思わず好きだと告白し目を瞑って身を任せようとするが、渡は用事があると言って小笠原のおでこにキスをして帰って行ってしまう。

大東島は伊勢に会いに行くが、予定が入ったから遊べなくなったと断られる。約束を反故されたことを非難するが、伊勢は大東島のことを気にせず去って行った。大東島が伊勢の姿を目で追うと、伊勢は車に乗り込み男性(御前崎渡)と抱き合っていた。大東島はショックを受ける。

小笠原は渡が伊勢と仲睦まじく肩を寄せ合いながら食事をしているところを目撃してしまい、ショックを受ける。その後、大東島と伊勢が腕を組みながら歩いている姿も目撃してしまい、後を追いかけた。そして、伊勢が大東島と、キスをしようとしていたところを止めた。小笠原は男を股に掛けて遊んでいる伊勢を非難するが、逆に大東島と渡のどちらが好きなのか質問される。小笠原は妻子ある渡のことが好きだと言えなかったため、思わず大東島だと答えてしまう。伊勢は大東島に対してそこまで思いを寄せていた訳ではなかったため、あっさりと2人の元を去って行った。その後、伊勢は電話で渡に対しても別れを告げた。

メイン・テーマのあらすじ【結】

伊勢は小笠原をカフェに呼び出し、渡と別れたことを告げた。小笠原がなぜ別れを選んだのか尋ねると、伊勢は長く付き合うにつれ渡の周りの人とも交流を持たなくてはいけなくなり、続けることができなくなったことを話した。逆に渡のことをまだ好きなのか聞かれるが、小笠原はもう渡に対して何の思いも抱いてはいなかった。小笠原は新しい幼稚園に再就職し、仕事のことで頭が一杯だった。大東島のことも聞かれるが、小笠原は嫌いだと答えた。すると、お似合いなのにと残念がられる。伊勢は自分が歌うジャズクラブのコンサートに、大東島と来るよう小笠原を誘った。

小笠原の誕生日の日、大東島が車に乗って小笠原が勤める幼稚園に現れる。そして、マジックを使って誕生日を祝った。小笠原は喜び、伊勢のアドバイスに則って深く考えることを止め、大東島の誘いに乗ってホテルに行くことを決心する。だが、ホテルに向かう道中渋滞に捕まり、移動できなくなる。小笠原はそのとき伊勢のコンサートのことを思い出し、ラジオのチューニングを合わせて伊勢の歌声を聞いた。

大東島はホテルに行けなかったことを謝罪し、もっと素敵なところに連れて行くことを小笠原と約束した。小笠原がもうマジックは終わりなのかと呟くと、大東島はまだ用意していることを話した。大東島が小笠原にキスをすると外で噴出花火が点火し、人々がダンスを踊った。

伊勢は地元の石垣島に戻り、畑仕事を行っていた。すると、渡がやって来る。伊勢は微笑み、渡と抱き合った。一方、小笠原は大東島と共に素敵なホテルを訪れていた。

この記事をシェアする