映画『マレーナ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「マレーナ」のネタバレあらすじ結末

マレーナの概要:第二次世界大戦中のシチリア島で、美しい人妻に恋をした12歳の少年は、密かに彼女を追い続けることで、人間の残酷性や生きることの厳しさを知っていく。「ニュー・シネマ・パラダイス」で知られるジュゼッペ・トルナトーレ監督による青春映画。主演女優モニカ・ベルッチの美しさは神がかり的。

マレーナの作品概要

マレーナ

公開日:2000年
上映時間:92分
ジャンル:青春、戦争、ラブストーリー
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
キャスト:モニカ・ベルッチ、ジュゼッペ・スルファーロ、ルシアーノ・フェデリコ、マティルデ・ピアナ etc

マレーナの登場人物(キャスト)

マレーナ・スコルディーア(モニカ・ベルッチ)
27歳の女性。耳の不自由は父親を連れ、シチリア島のニノ・スコルディーアのところへ嫁に来たが、わすか2週間で夫が出征してしまう。あまりにも美しいため男たちに注目され、女たちの嫉妬を買う。そのせいで辛い思いをする。
レナート・アモローソ(ジュゼッペ・スルファーロ)
島で暮らす12歳の少年。マレーナに恋をして、密かに彼女を追い続けている。早く大人になって彼女を守りたいと願っている。マレーナの父親が学校の先生。

マレーナのネタバレあらすじ

映画『マレーナ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マレーナのあらすじ【起】

第二次世界大戦時のイタリア・シチリア島。1940年の春、12歳半になるレナートは、自転車を買ってもらい、年上の少年たちの仲間に入れてもらう。今、彼らが夢中になっているのは、マレーナという美しい人妻で、レナートも彼女に一目惚れする。

27歳のマレーナは、この島で暮らすニノのもとへ嫁いで来たばかりだった。しかしニノは結婚して2週間で出征してしまい、マレーナは孤独な日々を送っている。学校でラテン語教師をしている耳の悪い父親も一緒に島へ来たが、住まいは別だった。

マレーナに恋をしたその日から、レナートは早く大人になりたいと熱望するようになる。半ズボンを子供っぽいと感じたレナートは、父のズボンを勝手に仕立て直して自分用の長ズボンにしてしまう。そのせいで父親から厳しく叱責されるが、レナートはくじけない。

夜、マレーナの家を覗きに行くと、彼女は夫の写真を胸に抱き、音楽に合わせて踊っていた。レナートはそのレコードを手に入れ、音楽を聴きながら彼女のあれこれを妄想する。

マレーナは仕事を探していたが、よそ者で浮いた存在の彼女を、雇ってくれる人はいない。美しいマレーナが街を歩くと、男たちの視線を一身に集める。女たちは、そんなマレーナを悪い女と決めつけ、敵意をむき出しにする。マレーナには、すでに愛人がいるという噂まで立っていた。

マレーナのあらすじ【承】

レナートはマレーナの後を追い続け、彼女の真実を目にしていく。彼女は一途に夫を愛し、老齢の父親を気にかける優しい女性だった。

戦況が激しさを増し、年給や恩給の支払いは延期されるようになる。そんな時、ニノが戦死したという電報が届く。マレーナは絶望のあまり、ニノの追悼会にも出られなかった。

レナートは、マレーナのパンツをかぶって寝ているところを父親に見つかってしまい、部屋に監禁される。レナートは断食をして抵抗し、自由を勝ち取る。

学校で教鞭をとっていたマレーナの父親に、“あなたの娘は町中の男と寝ている”という嫌がらせの電報が届く。レナートは、マレーナのことをからかった友人と大喧嘩をする。

カデイ中尉は、未亡人になったマレーナを口説き落とし、とうとう彼女をものにする。しかし女好きの歯医者も彼女を狙っており、彼女の自宅前で2人が鉢合わせして大喧嘩となる。歯医者の妻は激怒し、夫とマレーナを裁判に訴える。そのせいでマレーナの父親は、学校をクビになってしまう。父親にまで拒絶され、マレーナはますます孤独になる。レナートは彼女のことが心配でたまらなかった。

マレーナは裁判に勝つため、やり手だがブ男のマザコンとして有名なチェントルビ弁護士を訪ねる。チェントルビはマレーナ目当てで、弁護を引き受ける。裁判は、チェントルビの活躍により、マレーナが勝訴する。チェントルビは高額な弁護費用をタダにする代わりに、マレーナを自分のものにする。レナートは、薄汚いチェントルビに汚されていくマレーナを見て、悔し涙を流す。

マレーナのあらすじ【転】

チェントルビはマレーナと結婚したがっていたが、母親に猛反対されて結婚は実現しない。そして2人は別れる。

ニノを亡くし、父親にも絶縁され、マレーナの生活は困窮していく。さらに、イタリア南部では連合軍による空襲が続き、人々は不安な日々を送っていた。マレーナの父親も、ある日の酷い空襲に巻き込まれ、命を落としてしまう。

食べるものにも事欠くようになったマレーナは、アントニオという男の斡旋で、売春婦になる決意をする。仕事も後ろ盾もないマレーナが生き残る道は、もはやそれしかなかった。

マレーナは自ら長い黒髪を切って、派手な赤毛に染める。明らかに商売女となったマレーナに男たちは群がり、女たちは憎しみを募らせる。

男たちは貢物を持ってマレーナの自宅を訪ね、彼女を抱く。どんどん転落していくマレーナを見て、レナートは自分の無力さを痛感する。マレーナがドイツ兵とまで寝ていると知り、レナートは気絶してしまう。

母親はそんな息子を心配し、悪魔祓いをしてもらう。しかし父親はレナートが男になる時期なのだと察し、息子を売春宿に連れて行ってやる。レナートが選んだのは、以前のマレーナに似た黒髪の売春婦だった。

マレーナのあらすじ【結】

戦争が終わり、ムッソリーニ政権は終焉を迎える。シチリア島にもアメリカ軍がやってきて、ファシストたちは弾圧されていく。ドイツ兵を客にしていたマレーナも弾圧の対象となり、町の女たちに路上へ引きずり出され、リンチを受ける。

マレーナは公衆の面前で裸にされ、殴る蹴るの暴行を受け、髪を丸刈りにされてしまう。酷い怪我を負って震えているマレーナに、誰も手を差し伸べようとはしない。それからすぐ、マレーナは汽車に乗って町から出ていく。レナートは黙って彼女を見送り、あのレコードを海に投げる。

しばらくして、右腕を失くしたニノが帰ってくる。ニノの戦死は誤報で、彼は生きていた。ニノはすぐに自宅へ帰るが、自宅には避難民が住み着き、マレーナの姿はなかった。町の人々はニノに真実を伝えられずにいた。

レナートはマレーナを探し求めているニノに匿名で手紙を書く。レナートは手紙で、マレーナはニノだけを愛していたが、町の人々は悪意に満ちており、彼女は生きていくために仕方なく売春婦をしていたのだとニノに伝える。そして彼女がメッシーナ行きの汽車に乗ったことも教えてやる。

それから1年後。町にニノとマレーナが帰ってくる。つらそうなマレーナを、ニノがしっかりと支えていた。町の女たちもようやく彼女をシチリア女と認め、彼女の存在を受け入れる。レナートは買い物帰りのマレーナに、“お幸せに マレーナさん”と初めて声をかける。マレーナは不思議そうにレナートを見つめていた。

レナートはそれだけ言って、逃げるようにペダルを漕いで彼女から遠ざかっていく。その日レナートは、少年時代と初恋の女性と決別したのだった。

Amazon 映画『マレーナ』の商品を見てみる