映画『マスター・アンド・コマンダー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「マスター・アンド・コマンダー」のネタバレあらすじ結末

マスター・アンド・コマンダーの概要:ナポレオン戦争時代、数々の海戦にて勝利を収めてきたサプライズ号の名艦長に、フランスの私掠船を太平洋に出すなという任務が与えられる。世界の海を航海し続け、様々な犠牲を出しつつも、サプライズ号は新型船である格上の私掠船へと挑んでいく。

マスター・アンド・コマンダーの作品概要

マスター・アンド・コマンダー

公開日:2003年
上映時間:139分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、アドベンチャー
監督:ピーター・ウィアー
キャスト:ラッセル・クロウ、ポール・ベタニー、ビリー・ボイド、ジェームズ・ダーシー etc

マスター・アンド・コマンダーの登場人物(キャスト)

ジャック・オーブリー艦長(ラッセル・クロウ)
英国海軍サプライズ号の艦長。頭が切れて、指示も的確。自分の意志を押し通す強さがある。勇壮で時に優しく、乗組員にも友好的。誰もが慕う存在。
スティーブン・マチュリン軍医(ポール・ベタニー)
腕の立つ医師でジャックの親友。唯一、ジャックに物を申せる存在で博物学者。チェロを嗜む。知的で物静かだが、戦闘の腕も良い。
トーマス・プリングス副長(ジェームス・ダーシー)
ジャックの右腕的存在。察しが良く頭の回転も良い。好青年。ジャックを慕っている。

マスター・アンド・コマンダーのネタバレあらすじ

映画『マスター・アンド・コマンダー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マスター・アンド・コマンダーのあらすじ【起】

1805年4月、ヨーロッパ征服を狙うナポレオンによる英国侵略が開始。英国海軍はこれに抵抗し、世界の海は戦場と化していた。

ブラジル北岸沖を航行中の英国海軍所属、サプライズ号の名艦長であるジャック・オーブリーに、海軍本部より指令が下された。撃沈、捕獲等手段は問わずフランスの私掠船である、アケロン号の太平洋進出を阻止せよというものだった。

朝方の深い霧の中、船影を見つけて即座に戦闘準備へ入ったサプライズ号。ジャックは小舟を3艇出して、偵察へ向かわせたが、霧の中で赤い光が点滅。彼はすぐさま、伏せるように指示した。相手側から激しい砲撃があり、現場は一気に緊迫。
相手の船はアケロン号。撃沈対象の船であったが、舵板を損傷したサプライズ号は、浸水の窮地に追い込まれる。ジャックは3艇の小舟に戦艦を引っ張らせ、運良く霧の中へ逃亡した。

アケロン号の速力も火力も、サプライズ号より明らかに上だった。作戦会議では、応急処置をして帰国しようと意見が出るも、ジャックは浅瀬で船の修理を行い、航海を続けると宣言。敵を南太平洋へ渡らせるのを阻止したかった。

サプライズ号には、腕の立つ軍医スティーブン・マチュリンがいる。彼の手にかかれば、命だけは生き永らえることができ、ジャックの親友でもあった。2人は夜毎、ヴァイオリンとチェロの協奏で、一時の安らぎを得る。

船の修理は急ピッチで行われ、無事に航海を再開。若い船員がアケロン号の造船に関わったと、アケロン号のミニチュアを作って提出。ジャックは彼らを労った。
アケロン号のデザインは実にスリム。スピードを重視した設計だった。正に新型の船である。対抗するには格上の相手だが、弱点はどの船にもあるはずだ。

近くの島へ補給に寄ったサプライズ号。最新の情勢を入手。アケロン号は先へ進んでいるようだ。こちらも急いで追いかけなければならない。

マスター・アンド・コマンダーのあらすじ【承】

船には砲礼の日というものがあった。この日ばかりは船員を労い、酒を飲ませる。一時の楽しみだ。
翌朝、敵艦に不意打ちされたサプライズ号。ジャックは全速力で逃亡。日没までの5時間、砲撃の射程圏内へ入らなければ、逃げ切れる。日が暮れて辺りが暗くなった頃、囮の筏を出し無事に逃げ切ったジャック。

翌朝には敵船の後ろに回り、形勢逆転。天気は台風並みに荒れ狂い、ジャックの味方をしているかのようだった。強い雨風に晒されたサプライズ号が悲鳴を上げる。ジャックの指示に船員も命がけで従う。しかし、マストの1本が倒壊。若い船員が1人、海へと投げ出された。折れたマストが障害となり、このままでは船自体も沈没しかねない。船員はマストにしがみついていたが、ジャックはやむを得ず、彼を切り捨てることにした。苦渋の決断だった。

船は北へ向かい、雪がちらつき始めた。風も強まりこれ以上の北上は難しい。ジャックは進路をガラパゴス諸島へ向ける。ナポレオンは英国侵略への軍資金を欲しがっている。だから、アケロン号は捕鯨船団を狙うだろう。

ガラパゴス諸島へ到着。乗組員が島々に沸いている間、ジャックは周辺の海を望遠鏡で見渡し、捕鯨船の生き残りを救出した。彼らが言うには、すでに捕鯨船団は襲われた後。
当初、ジャックはこのガラパゴス諸島に2、3日滞在すると言っていた。その間に動物や昆虫の研究ができると思っていたスティーブン。進路を急に変更した艦長と軍医は口論となり、スティーブンは怒鳴られ肩を落とした。

サプライズ号は軍艦である。遊覧に来たのではない。敵艦が近くにいたら、戦うのが仕事である。ジャックは乗組員に檄を入れ、砲撃の訓練を行った。

マスター・アンド・コマンダーのあらすじ【転】

その後、サプライズ号は不運に見舞われる。無風のせいで船は進まず、更には雨も降らない。やがて、乗組員にも不満が出始める。スティーブンは、ジャックに乗組員を働かせ過ぎていると忠告。しかし、ジャックは軍規違反をした乗組員に、厳しい罰を下した。これはある意味、見せしめでもある。このせいで、若い班長が精神的に追い詰められてしまい、彼は思い悩んだ末に深夜、砲弾を持って海に身を投げてしまった。

すると、海に風と雨が戻ってくる。乗組員はたちまち生気を取り戻し、歓声を上げた。
そんなある日、人懐こい鳥が船へ舞い込み、兵士の1人が鳥を撃ち落とそうとして、スティーブンを誤射してしまう。早く手当をしなければ、彼は死んでしまうだろう。
そんな時に限って、敵船アケロン号を発見。ジャックは悩んだ末、スティーブンが望んでいたガラパゴス諸島へ戻った。

地上にテントを張り、そこで治療を行う。軍医は鏡を見て、自分の腹を自分で処置すると言い出す。ジャックは彼の補助として、傍らで手伝った。名医でもあるスティーブンは、無事に処置を完了。大切な親友でもある名医の命が助かった。
ジャックは乗組員に休暇を与える。歩けるまでに回復したスティーブンは、ジャックにいつまで島に滞在するかを聞いた。すると、彼は1週間程滞在し、平和になる前に帰国しようと言うのだった。

念願だった島の探索に出たスティーブンは、丘の上に立った際、奇しくもアケロン号を発見してしまう。彼は捕獲した動物を逃がし、帰路を急いでジャックに知らせた。
艦長はスティーブンの探索が中途半端に終わったことを不憫に思いつつ、その成果を聞く。枝に擬態する昆虫を知ったジャックは、スティーブンのお陰で船を擬態させようと思いついた。

マスター・アンド・コマンダーのあらすじ【結】

サプライズ号は捕鯨船に擬態。船内では戦闘の準備が急いで行われた。船の指揮は副長のプリングスに任せ、ジャック自らが捕鯨船員に成り代わる。数々の海戦で勝利を手にして来たジャックは、乗組員の希望である。名艦長は彼らを鼓舞し、細かい指示を出して作戦の開始を告げた。

タイミングを計ったジャックが、号令を送ると砲撃開始。アケロン号はまんまと罠に嵌り、サプライズ号は敵船のマスト破壊に成功。これで、奴らの逃亡は防がれる。敵船の折れたマストを伝い、アケロン号へ乗船したジャックだったが、奴らもただでは倒れない。
船上で近接戦に突入。砲弾と銃弾が飛び交う中、海兵隊と乗組員は必死に戦った。

捕鯨船の船員を救出。彼らも攻撃に加わる。そうして、敵国は降伏。
静かになった船室で船長を捜し、ジャックは治療所へ。しかし、アケロン号の船長は、すでに息絶えた後だった。ジャックは船医から、アケロン号の船長からだと剣を受け取る。こちらの被害も相当数に上り、優秀で若い命が幾つも散った。

ジャックは彼らを手厚く弔い、海へと葬った。
その後、艦長は副長のプリングスへアケロン号を託し、彼に艦長を任せる。サプライズ号はガラパゴス島へ戻り、補給とスティーブンの探索を行う予定だった。
その夜、スティーブンから、アケロン号にまともな船医がいないことを知らされたジャック。急遽、進路を変更。またもスティーブンの期待を潰した。だが、彼らは気心の知れた親友でもある。
今夜はクラシックではなく、2人は気分を変えて軽快な音楽を奏で合うのであった。

Amazon 映画『マスター・アンド・コマンダー』の商品を見てみる