映画『メン・イン・ブラック3(MIB3)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「メン・イン・ブラック3(MIB3)」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック3(MIB3)の概要:地球に住むエイリアン達を監視する秘密組織「メン・イン・ブラック(MIB)」を描く大人気SFコメディ。エージェントのKとJはMIBの名コンビ。しかし極悪エイリアンが脱獄、過去のKを殺そうとしていた。JはKを救うため過去に飛ぶ!

メン・イン・ブラック3(MIB3)の作品概要

メン・イン・ブラック3(MIB3)

公開日:2012年
上映時間:108分
ジャンル:SF、アクション、コメディ
監督:バリー・ソネンフェルド
キャスト:ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン etc

メン・イン・ブラック3(MIB3)の登場人物(キャスト)

エージェントJ(ウィル・スミス)
エイリアンの取り締まり組織「メン・イン・ブラック(MIB)」に勤めるお調子者の黒人エージェント。パートナーのKを救うため過去に飛ぶ。父親の記憶がない。
エージェントK(2012年:トミー・リー・ジョーンズ / 1969年:ジョシュ・ブローリン)
無口で常にしかめ面のベテランエージェントで、Jのパートナー。1969年に極悪犯ボリスを逮捕、アークネット(防御シールド)を張り地球をボグロダイト星人から守った。
ボリス(ジェマイン・クレメント)
ボグロダイト星人の最後の生き残りで、1969年に起きたエイリアン連続殺人事件の犯人。自分を逮捕し腕を撃ち落としたエージェントKを恨んでいる。手から節足動物を出して戦う。
グリフィン(マイケル・スタールバーグ)
何通りもの未来を同時に見ることができるエイリアン。1969年の時代でJに協力する。
エージェントO(2012年:エマ・トンプソン / 1969年:アリス・イヴ)
亡くなったエージェントZの後任。メン・イン・ブラックのトップを務める。過去にエージェントKといい雰囲気だったが、結局結ばれてはいない。

メン・イン・ブラック3(MIB3)のネタバレあらすじ

映画『メン・イン・ブラック3(MIB3)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メン・イン・ブラック3(MIB3)のあらすじ【起】

極悪なエイリアンを収容する銀河系刑務所から、“アニマル”ボリスが脱獄した

地球では不審な宇宙船が不時着する。メン・イン・ブラック本部では、エージェントZの告別式が行われていた。宇宙船で地球に降り立ったボリスは、ジェフリーと言う男のところに行き、タイムトラベルを依頼する。自分の腕を切り落とした男に復讐するためだ。エージェントKとエージェントJはエイリアンの違法な中華料理店を取締りに行くが、そこにボリスが現れる。ボリスの腕はKに撃ち落とされたのだ。Kはボリスとの事件の真相をJに語ろうとしない。

次の朝起きると、Kの代わりに見知らぬエージェントがパートナーになっていた。Kは40年前にボリスと戦って殉職したのだと言う。エージェントOはJがタイムトラベルの影響を受けているのだと気付く。そこへ、元の歴史では全滅したはずのボグロダイト星人が地球へ攻め込んでくる。Jはタイムトラベルのできるエイリアン・ジェフリーを問い詰め、ボリスがタイムジャンプをして歴史を変えたと知り、1969年にタイムジャンプする。

メン・イン・ブラック3(MIB3)のあらすじ【承】

1969年にタイムジャンプしたJは、ボリスの行方を追ってコニ―アイランドへ急ぐ。しかし若かりし頃のKに逮捕されてしまった。Jの事を不審人物扱いするKだったが、Jの話を聞いて、調べてみることにする。KとJはボリスに殺されたエイリアンを見つけた。しかしおかげでボリスが次に行く先を知り、2人はポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルのアトリエ“ファクトリー”へ急行する。

“ファクトリー”でKとJは、アンディ・ウォーホルとして活動しているエージェントWに話を聞く。Wはグリフィンというエイリアンの情報を提供する。彼はあらゆる未来の可能性を同時に見ることができるのだ。2人は会場内のグリフィンを見つけたが、グリフィンは色々な未来を見ながら「次に会えたら地球を守れる物をあげよう」「奇跡の試合だ!」としゃべり続けている。そこへ1969年のボリスが乱入し、グリフィンを逃がしてしまった。

2人はダイナーでパイを食べながら今後の行動を考える。グリフィンの「奇跡の試合」という言葉から、それが野球チームメッツの奇跡的優勝を指すと気付いたJは、野球場に急ぐ。JとKはグリフィンを見つけた。しかしその直後、グリフィンはボリスに連れ去られてしまう。2人はグリフィンを助け出すが、ボリスには逃げられてしまった。

メン・イン・ブラック3(MIB3)のあらすじ【転】

2012年のボリスが1969年にタイムジャンプしてきた。ボリスは1969年のボリスに会い、作戦を授ける。

グリフィンは自分の体にアークネットを隠し持っていた。これがあれば地球に防御シールドを張ることができる。アークネットを大気圏外に発射するため、J達は月へ飛ぶアポロ11号にくくりつけることになる。Kを死なせたくないJは、グリフィンにKを死なせない方法を尋ねる。しかしグリフィンは「方法はあるが、他の命を失うことになる」と告げる。J達3人はMIB本部から旧式の飛行装置を使い、発射台のあるフロリダへ飛ぶ。

アポロ11号打ち上げ前。J達は憲兵隊に止められてしまう。グリフィンのアドバイスでJは真実を話すが、3人は捕えられ大佐の前に引き出されてしまった。グリフィンが大佐の腕に触れると、大佐は何か未来を見たようだ。大佐はJ達を解放し、発射台に連れていく。グリフィンとはここで別れることになった。グリフィンは「Kがボリスの腕を撃ち落とせば、Kは死なずに済む」とアドバイスする。

メン・イン・ブラック3(MIB3)のあらすじ【結】

JとKはロケットの先端に向かう。しかし2人のボリスが妨害のため後を追ってきた。Jはタイムスリップを使って2012年のボリスを倒す。Kも1969年のボリスの腕を撃ち抜き、ロケットの先端にアークネットをくくりつけた。ロケットが発射し、2012年のボリスはその発射の炎で息絶えた。アークネットによって地球は保護された。Kと大佐はロケット発射を見つめるが、そこへ1969年のボリスが現れる。大佐はKを守って死んでしまう。Kはボリスを逮捕せず、そのまま撃ち殺した。Jは草の陰からその様子を見守っていた。そこへ大佐の幼い息子ジェームズが現れた。父と発射を見る約束をしていたのだ。Jは少年の持つ時計を見て、それが過去の自分だと気付く。Kは父を捜す少年ジェームズに「お父さんは英雄だ」と教え、それ以外の記憶を消した。

Jは2012年に戻ってきた。いつもの店に行くと、そこにはいつもと変わらないKがいた。JはKに少年の頃の礼を言い、2人そろって店を出る。グリフィンは近くの席でその様子を晴れやかに見守っていた。

Amazon 映画『メン・イン・ブラック3』の商品を見てみる

関連作品

前作 メン・イン・ブラック2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    地球上のエイリアンを監視・管理するという設定で他に類を見ない映画だが、三作が制作されてキャラクターも定着してしまった現在、今後の作品が作られるのかどうかと言うところが注目されるのだが、やっぱりという感じで4が制作されているというのはハリウッドの抜け目無さだろう。ここで止めとけばいいものをというものではなく、3を凌ぐような作品が望まれるところだが、ウィル・スミスはまだまだいけるものの、正直70歳手前のトミー・リー・ジョーンズがどこまでやれるかというところも注目されるところだろう。ハリウッドも日本でもオヤジが主役の映画が近年は多く撮られているが、できるならば彼が現役の間はこのシリーズを撮り続けていただきたいものだ。

  2. 匿名 より:

    ①1と2に比べ、シナリオが良く練られた佳作。

    1ほどのインパクトはないが、シナリオが充分に考えられたストーリー性の高い作品になった。MIBの敵となる悪者が人間型で、凶悪なキャラクター設定という部分が作品を引き締める効果を高めており、さらに29歳当時の”K”を演ずるジョシュ・ブローリンが渋い役柄を演じて、作品にいいアクセントを付けている。トミー・リー・ジョーンズの出番は必然的に少なくなるのだが、物足りなさは全く感じない。タイムトラベルで過去へ遡り、敵を消すか自分が消されるかという緊迫感が巧みに描かれ、タイムパラドックスの処理も違和感なく表現されており、シークエンスの繋ぎもよくまとめられたテンポのよい展開が、2と比較して格段にアップしている。SFXの表現もクオリティが高く、これぞハリウッド作品というエンターテインメント性が随所で展開され、まとまり方は三作の中で一番だろう。SF映画は不思議と冒頭のシーンで良作か駄作かがよく解るのだが、本作の冒頭シーンは間違いなくハプニングを予見させる場面であり、観る者を引きこむ力が最初から最後まで途切れることなく続いており、クライマックスも派手なアクションで冗長な部分を感じさせないまとめ方は見事である。

    ②若き日の”K”によりスピード感が生まれた。

    同じ制作スタッフと出演者でありながら、こうも内容が違うのかというほどレベルアップしている。2の事は忘れてくれと言わせたほど前作の評価が悪かったのだろうが、確かに3を観ると力の入れ方が違うのは手に取るように解る。コミカルな部分はさほど強調されてなく、2を観た人はしっかりとしたストーリー展開に正直驚かされるのではないだろうか。あまりにも歳を取ってしまったトミー・リー・ジョーンズには代役を登場させ、アクションもパワーアップしているところも作品のスピード感が増したと感じる要因だろう。この出来映えならソネンフェルド監督も制作総指揮のスピルバーグも、面目躍如と言ったところで旨をなで下ろしたに違いない。