映画『メトロポリス(2001)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「メトロポリス(2001)」のネタバレあらすじ結末

メトロポリス(2001)の概要:ロボットと人間が共存する大都市メトロポリス。探偵助手の少年は、ひょんなことから不思議な少女と出会う。少女は高性能ロボットで、少年との触れあいで感情を学習していく。だが、少女は世界を支配するために造られたものだった。

メトロポリスの作品概要

メトロポリス

公開日:2001年
上映時間:107分
ジャンル:SF、アドベンチャー、アニメ
監督:りんたろう
キャスト:井元由香、小林桂、岡田浩暉、富田耕生 etc

メトロポリスの登場人物(キャスト)

ティマ(井元由香)
ロートン博士に造られたロボット。レッド公の娘の姿を模している。ジグラッドの中枢を担い、世界を支配するよう造られた。自分自身をロボットとは思っておらず、ケンイチを父と思っている。
ケンイチ(小林桂)
探偵ヒゲオヤジの助手で甥。優しく賢い少年。最後までティマを追い続け、救おうとする。
ロック(岡田浩暉)
レッド公の義理の息子。父親を崇拝しているが、レッド公には粗雑な扱いを受けている。信念を断じて曲げない強い意志を持つ。可哀想な青年。
ヒゲオヤジ(富田耕生)
探偵でケンイチの叔父。死に際のロートン博士から手帳を預かり、ティマとジグラッドの秘密を知る。
レッド公(石田太郎)
メトロポリスの権力者。ジグラッド建設に携わり、ティナを中枢に据え世界を支配しようとしている。

メトロポリスのネタバレあらすじ

映画『メトロポリス(2001)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メトロポリスのあらすじ【起】

大都市メトロポリスはロボットと人間が共存する都市である。世間では政界と市長の後ろ盾を持つレッド公が建設した、ジグラッドの完成に沸いていた。

探偵のヒゲオヤジとケンイチは、調査のためにメトロポリスへ赴いていた。ジグラッドとは何なのか、それすらも定かではない。
逃亡するロボットをサングラスの青年ロックが撃ち抜き、動きを止める。彼はレッド公の配下で義理の息子だった。

ヒゲオヤジとケンイチはロートン博士の調査をしている。臓器の密輸と売買の罪で逮捕状が出ていた。そのためにメトロポリスの警察へ協力を要請したのだが、人型ロボットを1体しか貸してくれなかった。

犯罪者が逃亡する場所と言えば、地下世界ゾーン1が常識らしい。街では自警団マルドゥーク党が、行動範囲を逸脱したロボットの制裁を行っていた。
ゾーン1へ到着した2人と1体はエリアの奥へと進んで行く。

その頃、ロートン博士はレッド公の援助を得て、あるものを作っていた。レッド公たっての依頼で作られた人型ロボットのティマは、精巧な作りで博士の最高傑作だった。
ロックは義父が去った後、嫉妬から博士を殺害し装置を破壊した。

ロボットによって消火活動がただちに開始される。爆発した廃工場に、ロートン博士が度々出入りしていたという情報を得た、ヒゲオヤジとケンイチは2手に分かれて捜索を開始。燃え盛る工場へと入った。
そこで、ケンイチは青白く発光する少女と出会う。脱出の際、ケンイチと少女は倒壊するビルの瓦礫に巻き込まれ、地下へ落下した。

メトロポリスのあらすじ【承】

義父とはいえ、ロックに対するレッド公の態度は酷いものだった。ロックがロートン博士のラボを破壊したのには、復讐もあったのかもしれない。レッド公はティマを失い、肩を落とした。
ロックは工場の焼け跡を訪れ、ティマの姿が見当たらないことに気付く。高性能ロボットが火事で破壊されるとは考えにくかった。

ゾーン1より更に下層のゾーン3へ落ちたケンイチと少女。幸い怪我もなく、ゴミ回収のロボットの助けを借りて、一先ずは安全な場所へ。そこで少女と会話するも、彼女は何も覚えていない様子。ケンイチは少女に少しずつ様々なことを教えた。

レッド公はジグラッドを発動させ、太陽に巨大なビーム砲を照射。これにより太陽に黒点を作り出し、磁場を操って都市のロボットを暴走させる。人々に影響はないものの、ロボットが暴走。実験は成功した。
メトロポリスでは元々、ロボットと人間との間に諍いが生じている。このことがきっかけとなり、諍いは増々激化した。

ゾーン3は下水処理とゴミ処理を目的とした層だった。ロックはそこで、ケンイチとティマを発見し、殺そうとする。ケンイチは危険を察知し、少女と共に壊れたロボットに隠れた。逃げることに成功した2人は、働く人々に交じって外へ出ようとするが、再びロックが現れる。世話になったロボットが身を挺して庇った。爆発に乗じて逃走に成功する2人だったが、ロックとマルドゥーク党はしつこく追いかけて来る。

少女を連れたケンイチは自転車で逃げる。街中を暴走した挙句、ゴミの山に落下した。すぐさま捜索が開始されたが、2人は再び地下へ逃げ込んだ。危ないところを助けてくれた、ロボット反対勢力の世話になることになったケンイチと少女。

メトロポリスのあらすじ【転】

下層には貧困層が住んでいる。配給で暮らしていたが、その配給も滞っているようだった。ケンイチは反対勢力のリーダーに、ジグラッドの意味を教えてもらう。古代バビロニアで建てられたバベルの塔を意味するらしい。古代バビロニア王は、バベルの塔で神になろうとしたが、怒りに触れて命を落としたと言われている。リーダーはレッド公もそうなると断言した。

ケンイチはようやく少女の名前を知る。少女ティマは自発的に文字を覚えようとしていた。限りなく人に近く作られた高性能ロボット。特別製のティマには、ロボット制約など課せられていないのだった。

反対勢力を指揮するリーダーは、ジグラッドへ乗り込む計画を立てた。クーデターを知ったヒゲオヤジは、援軍を要請。
その頃、マルドゥーク党は市長と政界の議員を殺害。レッド公はとうとう、メトロポリスの指揮系統を把握するに至った。

戦争が始まったメトロポリスに雪が降り始めた。人々とロボットが賑わいを見せていた街は様相を変え、今や破壊された車やロボットで路上は埋め尽くされていた。
そんな中、ケンイチとティマはヒゲオヤジと再会後、ロックと対峙する。

銃を向けられたケンイチ。反論したヒゲオヤジが撃たれた。ケンイチは咄嗟にロックへと飛び掛かる。ティマが落ちた銃を手に取った。ケンイチを気絶させたロックは、ティマへと静かに歩み寄る。人間を撃てるのかと声を掛けるも、駆け付けたレッド公に止められた。

ティマの姿を見たレッド公は、ロックに詰め寄る。ティマが無事だと、報告にはなかったからだ。ロックは毅然とした態度で、ジグラッドの中枢を担うのはレッド公で、ロボットのティマではないと公言。しかし、レッド公はロックの愚かな発言に怒りを露わにし、彼から一切の権限を剥奪。
ティマはレッド公に連れていかれ、ケンイチはマルドゥーク党に連行されてしまった。

ヒゲオヤジは軍にケンイチの救出を訴えるも、相手にされず。下層階で酒をかっ食らっていたが、ロックの姿を見かけて彼を密かに尾行することにした。
一方、ティマは豪奢な部屋で、ひたすらケンイチの心配をしていた。そこへ、使用人からケンイチと思われる人物からの手紙を受け取る。待ち合わせ場所へ案内されて行くと、待っていたのはケンイチではなくロックだった。

メトロポリスのあらすじ【結】

ロックに問い掛けられたティマは、自分のことをロボットではないと否定、ケンイチは自分の親だと言った。思わず失笑するロック。彼女はいずれ超人として崇められる存在となるはずだったが、それすらもバカバカしいと感じる。彼は帰ろうとしたティマを羽交い絞めにし、彼女の電源を強制的に落とした。

ティマを解体して秘密を知ろうとしたロックは、尾行して来たヒゲオヤジに倒されてしまう。ヒゲオヤジは工場の火事場でロートン博士から手帳を受け取っていた。ティマの秘密を知ったヒゲオヤジは、彼女を救出して電源を復旧。彼はケンイチを助けるため、少女にジグラッドの情報網へ侵入し、居場所を突き止めるよう要請。

ティマは電話回線を通して、ケンイチの居場所を突き止めた。だが、あまりにも強いエネルギー波であったため、すぐに逆探知されてしまい追手がかかる。ヒゲオヤジとティマは連行された。

ジグラッドの中枢。そこへは、意識を奪われ人形のようにされたケンイチも連れて来られる。ティマはレッド公に自分の存在を問い掛ける。自分は人間なのか、ロボットなのか。レッド公は彼女を崇高で絶対的存在である超人だと言う。しかし、ジグラッドと一体化してしまったら、彼女は感情も記憶も全て失ってしまうのだった。

そんな中、使用人に扮したロックが姿を現し、ティマを銃で撃ってしまう。だが、ティマは撃たれても平気だった。胸の傷を目にしたティマは、自分の存在を認識。意識が戻ったケンイチが目にしたのは、感情を失いそうになったティマだった。
彼女は内部装置に意識を乗っ取られ、ジグラッドと一体化してしまう。

膨大な情報を蓄えたティマは暴走を始め、人類を滅亡させようとする。ケンイチはティマを救うために、彼女の元へ向かった。電撃で攻撃されても諦めず、一体化を深めるティマの体を引き剥がす。彼女の体はボロボロだった。ジグラッドの屋上へケンイチを投げ出すティマ。

その時、レッド公を救おうとしたロックがジグラッド崩壊のボタンを押す。次々に崩壊していく中、支配から逃れたティマをケンイチが助けようとする。記憶を取り戻したティマだったが、私は誰かと問いだけを残して、彼女は落下して行った。

後日、ビルの残骸へティマを捜しに来たケンイチ。ロボット達からティマの心臓を受け取る。涙した彼は帰国せず、メトロポリスに残ることにした。

Amazon 映画『メトロポリス(2001)』の商品を見てみる