映画『ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイション」のネタバレあらすじ結末

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションの概要:大人気シリーズ、ミッションインポッシブルの5作品目。前作までの人気キャラも引き続き出演しており、特にコメディ俳優のサイモン・ペグの演技が光る。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションの作品概要

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイション

公開日:2015年
上映時間:131分
ジャンル:アクション
監督:クリストファー・マッカリー
キャスト:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン etc

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションの登場人物(キャスト)

イーサン・ハント(トム・クルーズ)
IMFのエージェント。確かな実績で数多くの達成不可能と言われた任務をこなしていく。
ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)
イーサンが信頼する仲間の1人で、プログラムのプロ。ややお調子者な一面があるが、孤立無援のイーサンをサポートする。
ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
秘密組織、シンジケートのボス。一度イーサンを罠に嵌め、捉えた実績がある。
イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
シンジケートに潜入しているMI6でダブルスパイ。シンジケートの信用を得るためにイーサンを利用しようとする。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションのネタバレあらすじ

映画『ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションのあらすじ【起】

イーサン・ハントは、IMF(impossible mission force)のエージェントとして、今まで数多くの達成不可能と思われた任務をこなしてきた実力者です。そんなイーサンとIMFの次のターゲットは、シンジケートと呼ばれる巨大組織です。

シンジケートは、構成メンバーがその他のIMFなど数多くの組織からの行方不明者で構成された組織、という事以外は何も全貌が掴めない謎の組織でした。イーサンは次の動きに関して上から支持を受けるべく、テイラーに隠された秘密の小部屋に入っていきます。そこで渡されたレコード盤で任務内容を確認していると、その録音に”我々がそのシンジケートだ”との独白がありました。

その言葉と共に密閉された部屋に催眠ガスが噴出されます。実はレコード盤は偽物で、イーサンはシンジケートによってはめられたのでした。薄れゆく意識の中、イーサンは1人の眼鏡の男の姿を確認しました。一方その頃、IMF自体も危機を迎えていました。IMFは独立しすぎているはぐれ組織であるとして、CIAに合併されようとしていたのです。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションのあらすじ【承】

目を覚ましたイーサンは、複数の男に囲まれていました。囚われの身にたったスパイ、イーサンは、今まさに拷問を受けようとしていたのです。しかし、そんな彼を助けたのがその場にいた女性、イルサでした。実はイルサはMI6とのダブルスパイで、シンジケートに潜入していたのです。

何とかその場から抜け出したイーサンは、上司であるブラントに連絡を取ります。そこでIMFが事実上の解体となった事を知ると、独自で調査を続ける事を決意しました。しかしCIA長官アランは、急に姿を消したイーサンこそ全ての黒幕なのではと疑い、イーサンは指名手配されてしまいます。

それから半年後、イーサンはベンジーの協力を得て、シンジケートの末端と相対す事になります。ベンジーの身の上を心配したイーサンは、その後ベンジーに自分の事を上にチクれと伝えますが、ベンジーはイーサンと共にシンジケートと戦う事を決意します。一方その頃、イルサはシンジケートのボス、レーンからデジタル金庫から情報を盗み出す事、そしてイーサンを殺す事の二つの任務を受けていました。レーンこそイーサンがあの晩、薄れゆく意識の中で見た男でした。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションのあらすじ【転】

イルサはそのミッションを受けた事をイーサン達に隠しながらも、イーサンと共に「シンジケートの実態を暴くため」デジタル金庫からデータを抜き出す算段を立てます。イーサンを利用し、まずより困難と考えられるそちらのミッションを達成しようと考えたのです。

保管場所はミッション不可能と思えるほど強固なセキュリティの場にありましたが、そこはイーサンの実力で何とか任務を果たします。しかし、その後イルサがベンジーにAEDで電気ショックを行い、気絶したベンジーからデータの入ったUSBを奪い去ってしまったのでした。

イルサはそのまま、MI6の長官アトリーにそのデータを渡しにいきます。しかしアトリーはこっそりとそのデータを消去してしまいました。実はアトリーこそがシンジケートを発足した人物で、その情報が漏洩するとまずい立場にあったのです。データを失ったイルサは後がなくなります。レーンに最後のチャンスとして、イーサンを抹殺しろという指令が入ります。

ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイションのあらすじ【結】

また、イルサだけでなくベンジーも人質に取られてしまいます。イーサンはまず変装をしてアトリー長官に近づき、彼に自白剤を打ち込みました。そして彼に自分がシンジケートを発足したこと、現在レーンがそのボスを務めている事を語らせ、録音します。

そしてレーンが接触を図ってきました。レーンはベンジーに爆弾を巻きつけ、情報を渡さないと彼を爆発させると脅しをかけてきます。しかしイーサンは、情報の中身であるとある口座への口座番号を全て暗記し、その後破壊していたのです。その為レーンはイーサンに手を出せなくなり、イーサンとベンジーはその場から逃走します。

その途中予め用意していたトラップでレーンを捉えたイーサンは、レーンの身柄と自白テープをそのままアラン長官に手渡します。アラン長官の手柄にし恩を売ることで、IMFは解体を免れたのでした。イーサンによって助けられたイルサは、何処かに消えていきました。そしたIMFの新長官にアランが就任し、IMFも新たな”達成不可能”な任務に向かいます。

Amazon 映画『ミッション:インポッシブル5/ローグ・ネイション』の商品を見てみる

関連作品

前作 ミッション:インポッシブル4/ゴースト・プロトコル