映画『マイアミ・バイス(2006)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「マイアミ・バイス(2006)」のネタバレあらすじ結末

マイアミ・バイス(2006)の概要:マイアミ警察のソニーの元に、情報屋のアロンゾが助けを求める電話を掛けてきた。だが、詳細を聞く前に、アロンゾが電話を切ってしまう。ソニーはアロンゾが現在協力しているFBIに連絡を取り、何が起きているのか確認した。

マイアミ・バイスの作品情報

マイアミ・バイス

製作年:2006年
上映時間:132分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:マイケル・マン
キャスト:コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス etc

マイアミ・バイスの登場人物(キャスト)

ジェームズ・ソニー・クロケット(コリン・ファレル)
マイアミ警察の刑事。潜入捜査でイザベラと出会い恋に落ちる。
リカルド・タブス(ジェイミー・フォックス)
マイアミ警察の刑事。ソニーの相棒。ソニーの良き理解者でもある。
イザベラ(コン・リー)
麻薬組織のボスであるモントーヤの愛人。組織の経理も担当している。17歳の頃から裏社会で働いていた。
トゥルーディー・ジョプリン(ナオミ・ハリス)
マイアミ警察の刑事。リカルドの恋人。イエロの手下に誘拐され、瀕死の重傷を負う。
ホセ・イエロ(ジョン・オーティス)
コロンビア人。麻薬組織の中間マネージメントを行っている。ソニー達があまりに有能な運び屋だったため、常に疑いを持っていた。
モントーヤ(ルイス・トサル)
麻薬組織のボス。滅多に姿を現さない。仕事をミスした者や自分を裏切った者には容赦しない残忍な性格。
ジョン・フジマ(キアラン・ハインズ)
FBI捜査官。麻薬組織の捜査を指揮している。捜査関係者の中から情報が漏れていたため、顔が誰にも割れていないソニーとリカルドに協力を求める。
アロンゾ(ジョン・ホークス)
ソニーとリカルドの情報屋として捜査に協力していた。FBIに協力していたときに、麻薬組織に妻を人質に取られてしまい、情報を全部バラしてしまう。妻が殺されていたことを知り、自殺する。

マイアミ・バイスのネタバレあらすじ

映画『マイアミ・バイス(2006)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

マイアミ・バイスのあらすじ【起】

マイアミ警察のソニーの元に、アロンゾが震える声で電話を掛けてきた。アロンゾの動揺が激しかったため、ソニーはアロンゾの身に何が起きているのか理解することができなかった。詳しく話を聞こうとすると、アロンゾは妻のことを頼むと話し電話を切ってしまう。アロンゾはソニーと同僚のリカルドが懇意にしていた情報屋で、現在はFBIに協力しているはずだった。ソニーはFBI特別捜査官のジョン・フジマに連絡を取り、アロンゾが助けを求めてきたことを話した。

ソニーとリカルドは車で逃走していたアロンゾを発見する。アロンゾはロシア系のFBI捜査官を、麻薬組織に引き合わせる仕事を請け負っていた。だが、妻が麻薬組織に拉致されたことで状況が一変する。アロンゾは妻を助けるため、自分が知っている情報を麻薬組織に全て話していた。だが、アロンゾが話す前に、麻薬組織はなぜかロシア系のFBI捜査官が潜入していることを知っていた。アロンゾが家に帰ろうとしていると、先に家に向かっていた警備隊から、アロンゾの妻が既に亡くなっているとリカルドの元に連絡が入る。ショックを受けたアロンゾは道路に飛び出し、自殺してしまう。

ソニーとリカルドは上司の呼び出しを受け、フジマと対面を果たす。フジマが指揮を執っている今回の事件は共同特別捜査で、FBI・麻薬捜査局・ATF・税関が捜査に関わっていた。しかも、管理システムが何者かによって侵されており、どこから情報が漏れたのか分からない状況だった。フジマは誰にも顔が割れていないソニー達に協力を求めた。

マイアミ・バイスのあらすじ【承】

ソニーとリカルドは運び屋として潜入するため、密売人のホセ・イエロに接触することになった。ソニー達は嘘の犯罪歴と偽名を用意し、準備を整えた。イエロは2人の能力を図るため、今まで関わった仕事相手を尋ねた。だが、2人はその答えを煙に巻き、相手は明かさないと突っぱねた。イエロの手下に銃を突きつけられ殺されそうになるが、ソニーが爆弾を握り締め対抗した。一触即発の空気になるが、イエロが手下を下がらせたことで事なきを得る。詳しい仕事の話をした後、ソニー達は合否の連絡をホテルで待つことになった。

ソニー達はイエロのボスに会うことになった。車で移動していると、妨害電波の影響で携帯が使えなくなる。それは、CIAが行う手法と全く同じだった。ソニー達は危機感を感じながらも、イエロの手下の指示に大人しく従った。ソニー達は車の中で組織のボスのモントーヤに会い、仕事を任されることになった。モントーヤは2人に、金の管理をしているイザベラを紹介した。その時、ソニーはモントーヤとイザベラが、同じ腕時計をしていることに気づく。

ソニー達は仕事の完了をイエロに報告した。その時、不審者に襲撃され、彼らが隠し持っていた大量の麻薬を発見したと嘘を吐いた。実はその麻薬は、ソニー達が2週間前にイエロの元から盗んでいた麻薬だった。ソニー達はどこかから情報が漏れているとイエロに話した。イエロはソニー達を疑うが、何も証拠はなかった。ソニー達はタダで麻薬を返す代わりに、仕事の継続を求めた。イザベラが承諾したため、仕事が継続されることになった。

ソニーとイザベラはお互い惹かれ始めていた。2人はバーで酒を飲んだ後、一夜を共にした。お互いこの関係は長く続かないと分かっていたが、思いを止めることはできなかった。ソニーはイザベラに警察官だと告げられないことに苦しむが、職務を途中で投げ出すことはできなかった。ソニーはリカルドと共にフジマと上司に会い、イエロが組織の中間マネージメントを行っていることと、ボスがモントーヤであることを報告した。そして、ソニーは運搬ルートと資金洗浄の組織を洗い出すため、イエロを泳がしておいて欲しいと頼んだ。フジマの答えはノーだったが、上司が場を取り成してくれたおかげで、潜入捜査が続行されることになった。リカルドはソニーの味方をしながらも、イザベラに傾倒しているのではないかと心配していた。

マイアミ・バイスのあらすじ【転】

イエロはあまりに仕事が出来過ぎていることから、ソニー達の疑いを拭い切れずにいた。モントーヤにそのことを伝えるが、聞き入れてはもらえなかった。モントーヤはイザベラがソニー達のことを信用していたため、疑ってはいなかったのだ。だが、イエロはイザベラとソニーが仲良く体を寄せ合って踊っている姿を見てしまい、2人の関係に気づいてしまう。

ソニー達は貨物船を使い、積み荷を運ぶことになった。リカルドはフジマに電話を掛け、警報を出して欲しいと頼んだ。そして、税関には月曜日、FBI本部には火曜日、マイアミ支部には水曜日、麻薬取締局には木曜日、沿岸警備隊には金曜日、と伝えてくれと頼んだ。どこから情報が漏れるか確認するためだった。その後、リカルドはイエロから“密輸の警報が出た”とのメールをもらう。曜日は火曜日だった。

何者かがリカルドの恋人のトゥルーディーを誘拐し、ソニーの携帯に電話を掛けてきた。犯人は積み荷の中の“ブツ”を要求してきた。ソニー達は同僚達の手を借り、電話で聞こえた音やトゥルーディーが話した内容を頼りに捜索を始めた。この誘拐劇はイエロが裏で手を引いていた。ソニーはイザベラに電話を掛け、この件を報告した。イザベラはイエロがソニー達を殺す気でいることを知っていたため、指示に従わないよう忠告した。

ソニー達は犯人宅を割り出し、無事にトゥルーディーを救出する。だが、イエロが犯人宅に仕掛けていた爆弾のスイッチを押したため、爆発に巻き込まれてトゥルーディーが酷い怪我を負ってしまう。トゥルーディーは病院に運び込まれ治療を受けるが、予断は許さない状態だった。その頃、イエロはソニーとイザベルが体を寄せ合ってダンスを踊っている映像を、モントーヤに見せていた。

マイアミ・バイスのあらすじ【結】

ソニーはイエロと連絡を取り、“ブツ”の返還と報酬の引き渡しを行うことにした。ソニーはこの機会にイエロ達を逮捕することを決意する。報告を受けた上司は、相手の狙撃手を確認し援護できる準備が整うまで“ブツ”を見せないようソニーに指示を出した。

ソニー達は準備を整え、取引現場に向かった。イエロも現れるが、イザベラを人質に取っていた。ソニーとの関係を知ったモントーヤが、イザベラを見捨てたのだ。ソニーは“ブツ”の確認役にイザベラを指名し、近くに来たところを救助した。ソニーの仲間が狙撃手を撃ったことで、取引現場は激しい銃撃戦となった。イエロの仲間達は、次々と射殺されていった。イザベラはソニーが警官だと知り、ショックを受けて激しく取り乱した。ソニーがイザベラを連れて逃げるのを、リカルドは黙って見送った。

ソニーはイザベラの逃亡準備を整えた。2人は悲しみを堪えながら、別れのときまで静かに寄り添った。そして、ソニーはイザベラが船に乗って旅立って行くのを見送った。一方のリカルドも、トゥルーディーのベッドに寄り添っていた。トゥルーディーが意識を取り戻したため、看護師を呼んだ。

この記事をシェアする