映画『ミクロキッズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ミクロキッズ」のネタバレあらすじ結末

ミクロキッズの概要:物質縮小装置の光線を浴びてしまい、体が小さくなってしまった4人の子供たち。裏庭に出されてしまった彼らの大冒険が描かれる。『ジャイアント・ベビー』『ミクロキッズ3』と続編が制作された。

ミクロキッズの作品情報

ミクロキッズ

製作年:1989年
上映時間:93分
ジャンル:SF、ファンタジー、コメディ
監督:ジョー・ジョンストン
キャスト:リック・モラニス、マット・フルーワー、マーシャ・ストラスマン、クリスティン・サザーランド etc

ミクロキッズの登場人物(キャスト)

ニック・サリンスキー(ロバート・オリヴェリ)
サリンスキー家の長男。研究者である父の影響で、自分でも機械の開発をしている。
エミー・サリンスキー(エミー・オニール)
ニックの姉。美人で人気者。男の子とダンスに行く約束をしていたが、体が小さくなり行けなくなってしまう。
ラス・トンプソン(トーマス・ブラウン)
サリンスキー家の隣に住むトンプソン家の長男。体が小さく、フットボールチームを辞めさせられる。エミーに思いを寄せている。
ロン・トンプソン(ジャレッド・ラシュトン)
ラスの弟。いたずら好きで、自分の家の庭に釣り糸で罠を仕掛ける。バッティング練習をしていた際に、サリンスキー家の屋根裏部屋の窓を割ってしまう。
ウェイン・サリンスキー(リック・モラニス)
物質縮小装置の研究をしている大学教授。完成した装置は、失敗したように思われたが、実は成功しており、その装置のせいでニックたちが小さくなってしまう。
ビッグ・ラス・トンプソン(マット・フリューワー)
ラスたちの父。ウェインの研究の騒音に悩まされており、サリンスキー家との交流はほとんどない。家族で釣りに行こうとしていたが、子供たちが行方不明になり、中止にせざるを得なくなった。

ミクロキッズのネタバレあらすじ

映画『ミクロキッズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミクロキッズのあらすじ【起】

サリンスキー家の長女のエミーが、朝食を準備しながら、「夜にポールとダンスに行く」と友達と電話している。エミーの弟のニックは、研究者の父の影響で物質を消す装置を開発している。

彼らの父・ウェインは、自宅の屋根裏部屋で物質縮小装置を作っている。完成した装置で試しにリンゴに光線を当てたが、リンゴは粉々になった。

ウェインは学会で物質縮小装置の研究の発表をしたが、「成功例がない」と研究者たちに笑われた。

ニックは、リモコンで操縦する芝刈り機を友達のトニーに見せ、彼に芝刈りをしてもらおうとしている。トニーは興味を持ったが、友達と約束があるからと一旦帰った。

サリンスキー家の隣に住むトンプソン家は、家族で釣りに行く準備をしている。父は隣の騒音で不機嫌である。次男のロンは、庭に釣り糸で罠を仕掛けて遊んでいる。ロンの兄・ラスは、フットボールチームを除籍になり落ち込んでいる。

ラスは、隣の家でモップと踊るエミーに見惚れている。

バッティング練習をしていたロンは、誤ってサリンスキー家の屋根裏部屋の窓を割ってしまった。

ボールは物質縮小装置に当たり、勝手に動き出した装置は、部屋のソファを小さくした。

ミクロキッズのあらすじ【承】

ロンは、ラスに連れられ渋々謝りに行った。部屋の様子を見に行ったニック、ロン、エミー、ラスの四人は、光線に当たって体が小さくなってしまった。

発表が上手くいかず、窓ガラスが割られ、ソファまで無くなってしまったウェインは、苛立って装置を破壊した。彼がその破片を箒で掃いた際に、ニックたちも一緒に捨てられた。

体長6mmの四人がゴミ袋を破ってサリンスキー家の庭に出ると、そこはジャングルのようだった。

ニックたちは、サリンスキー家の愛犬・クワークなら彼らに気付いてくれると思い、口笛を吹いた。クワークは彼らの声に気付いて助けに行こうとしたが、隣の猫に邪魔された。

ニックとラスがクワークに見つけてもらえるよう草に登ったが、ニックが花の上に落ちてしまった。そこに蜂がやってきて、彼をさらう。ラスもその蜂に飛び乗り、二人はエミーたちとはぐれた。

帰宅したダイアンは、子供たちがいないことを心配して隣の家に確認しに行った。すると、トンプソン家の子供たちもいなくなっていた。

ウェインは屋根裏部屋に戻り、小さくなったソファを発見した。そして、装置が成功したことと同時に、子供たちを捨ててしまったことに気付いた。

ミクロキッズのあらすじ【転】

ウェインは竹馬に乗って庭を捜索した。しかし、竹馬がホースに絡まり、蛇口がひねられてスプリンクラーが作動してしまう。

水に襲われた子供たちは、庭の石の所で合流した。そこで水たまりに落ちて溺れたエミーをラスが助けた。

四人は、ニックが落としていたクッキーを見つけた。特大のクッキーに飛びつく四人だったが、そこにアリの子供が現れた。彼らはアリに乗って家まで向かうことにした。

彼らは適当な所でアリを帰すことにした。しかし、アリはクッキーをあげたロンになつき、なかなか帰ろうとしない。

ラスたちの父の捨てた煙草が四人の近くに落ち、彼らはその火で松明を作った。

サリンスキー夫妻は、隣にも事情を話した。話を聞いたトンプソン夫妻は疑心暗鬼だが、ウェインは装置の修復に取り掛かった。

レゴブロックを見つけた四人は、その中で眠ることにした。ラスはエミーに場所を譲った。エミーは今までラスのことに気付かなかったことを後悔し、二人はキスをした。そこにサソリが現れ、四人が襲われる。四人とアリの抵抗でサソリは退散したが、アリは死んでしまった。

ミクロキッズのあらすじ【結】

翌朝、トニーが芝刈りをしにやって来た。四人は芝刈り機から逃げたが、その風で飛ばされ、玄関の近くまで来た。

四人はクワークを呼び、彼の毛に捕まり家の中に入った。クワークが机に乗ろうとした際に彼らは振り落とされ、ニックがウェインの食べているシリアルのボールに落ちた。ウェインがニックを口に入れそうになったところ、クワークが吠え、ウェインはスプーンの上の小さなニックに気付いた。

ウェインが修復した装置を使ってみると、再びリンゴが粉々になった。ニックたちは「ボール」と叫ぶが、ウェインには聞こえない。彼らは身振り手振りで野球を表現し、窓から入って来たボールが力の調整をしたことを知らせた。

それを理解したウェインは調整をしたが、いきなり子供たちに当てるのは不安である。そこで、ラスたちの父が実験台を買って出て、見事成功した。大きくなる寸前、ラスはエミーにダンスを申し込んだ。無事元の姿に戻った四人は、それぞれ両親と抱き合った。

仲良くなったサリンスキー家とトンプソン家は、装置で大きくしたごちそうを囲み、一緒にパーティーを開いている。

この記事をシェアする