映画『見えない目撃者』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『見えない目撃者』のネタバレあらすじ結末

見えない目撃者の概要:事故の後遺症で盲目となった女性が、巻き込まれた轢き逃げ事件で証言。しかし、目撃者の青年の証言とは食い違っていた。そんな中、2人に危険が迫る。韓国制作の『ブラインド』をリメイクした中国のサスペンススリラー。

見えない目撃者の作品概要

見えない目撃者

公開日:2015年
上映時間:112分
ジャンル:サスペンス
監督:アン・サンフン
キャスト:ヤン・ミー、ルハン、ワン・ジンチュン、リウ・ルイリン etc

見えない目撃者の登場人物(キャスト)

ルー・シャオシン(ヤン・ミー)
警察官の実習生だったが、3年前に持ち場を離れ、交通事故を起こした事から学校を退学。事故の後遺症で盲目になると同時に最愛の義弟を亡くす。周囲の状況を体感と匂いや音で、瞬時に把握する事が出来るよう常に心掛けている。
リン・チョン(ルハン)
ローラーブレードを乗りこなす若者。茶髪でちゃらちゃらしているが、実は優しく誠実。
ルー刑事(ワン・ジンチュン)
老け顔の35歳。犯罪課の刑事。お茶目な面もありつつ、推察力に優れている。
リャン・ツォン(リウ・ルイリン)
シャオシンの義弟。3年前、ミュージシャンを目指して学校を退学。連れ戻しに来た姉と帰る途中、交通事故で亡くなる。ネット上には、彼の曲が残されており今も尚、高い人気がある。
タン・ジェン(チュウ・ヤーウェン)
連続殺人事件と轢き逃げ事件の犯人。美容整形医。美しい妹を溺愛していたが、スマホアプリにより変貌していく妹を、誤って殺害した過去がある。

見えない目撃者のネタバレあらすじ

映画『見えない目撃者』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

見えない目撃者のあらすじ【起】

ルー・シャオシンは3年前、ミュージシャンを目指す義弟を連れ戻す途中、抵抗した義弟により悲惨な交通事故を起こした。その事故の後遺症で自身は盲目となり、最愛の義弟を亡くした上に規律違反をした為、警察学校も退学処分となった。今は生活にも慣れ、盲導犬のツォンツォンと暮らしている。警察学校への復学を希望しているが、規律違反は許される事ではないと復学は叶わなかった。その帰り、通りがかった人の気配で横断歩道を渡った彼女だったが、四方八方から車がやって来て怖い思いをする。盲目の為、信号が赤である事も分からない。全てを音や気配、肌で感じる感覚と匂いで察するしかなく、見えない恐怖を痛感。ようやく帰宅したシャオシンは、警察官になる為の参考書などを片付け始める。優しく誠実な盲導犬のツォンツォンだけが唯一、彼女の心の拠り所だった。

世間を女子大生殺人事件が騒がせる中、シャオシンの元へ母親が訪ねて来る。昔、家族で住んでいた家を売りに出すそうで、荷物を引き取りに行く事になった。義弟との記憶が幾つも蘇る。それと共にあの痛ましい記憶も思い出され、シャオシンは家を去ろうとする。心配する母親は彼女へ優しい言葉を掛けるが、シャオシンは自責の念に駆られ、3年前の事故で義弟と一緒に死ぬべきだったと、母親の静止も聞かずに家を出た。自分にとっては、昼も夜も同じだと言って。

その夜、タクシーを呼んで自宅に帰ろうとしていたが、雨のせいで混んでいるのか、待てど暮らせどタクシーは来ない。そうしている内に、待合所には誰も居なくなった。ようやく予約したタクシーがやって来る。気さくに声を掛ける運転手。シャオシンはその車へ乗った。寒いでしょうとヒーターをつけてくれたが、変な匂いがする。彼女は窓を開けるも、運転手は雨が入り込むからと閉めてしまう。暖かいコーヒーを手渡され、ありがたく頂いた。車のシートが本革と気付いたシャオシン。高級なタクシーだと話題を振るが、運転手は何も答えない。目が不自由である事を明かすと、運転手はコーヒーの蓋を開けてあげると言う。自分で出来ると言い合いになった。次の瞬間、車に衝撃が走る。何かを轢いたようだ。シャオシンは自分の荷物を掻き集めて車を降りる。彼女には衝撃音の大きさから、ガラスが割れた事まで分かっていた。運転手は犬を轢いたと言うが、明らかにおかしい。彼女は警察に通報しようとスマホを取り出す。しかし、運転手が怒り出してスマホを払い除けた。別の車のライトが後続から迫っていた。運転手はシャオシンを無理矢理車へ乗せようとしたが、彼女は護身術を駆使して抵抗。地面へ突き飛ばされ、タクシーは走り去った。シャオシンはスマホをようやく拾い上げる。

警察署で事情を話した。だが、その場所に事故の形跡はないと言われる。シャオシンは一先ず、自宅へ帰る事にした。

見えない目撃者のあらすじ【承】

次の日、警察が訪ねて来る。シャオシンの言う通り、女性が1人行方不明だそうだ。担当のルー刑事の体格と年齢を言い当てたシャオシン。警官達は驚いて彼女の証言を信じた。犯人の身長は183cm。車の車種は分からない。激しい降雨だった為、ナンバーも恐らく見えにくかったと思われる。シャオシンは夜9時頃にタクシーへ乗車。それから西に10分走った時、人が当たった音と表示灯が壊れる音がした。大型犬でもあのような音はしない。右手に時計をしていた為、左利きと思われる。そこまで聞いて警官は一旦、署へ戻った。

高級タクシーの運転手は全部で568名。その中から左利きを探すとなると重労働だ。ルー刑事は何かがおかしいと感じる。そこで携帯が鳴った。事故の目撃者からだった。署に現れたのは若い男性。シャオシンも呼び出された。若者は、轢き逃げしたのはタクシーではないと言う。2010年式のゴルフ6だと車種を断言する。盲目のシャオシンをからかう若者。彼は撥ねられた女性は、後部座席へ乗せられたと話す。だが、シャオシンは後部座席には自分が乗っていて、撥ねられた女性はトランクへ乗せたと言う。リン・チョンという若者は、報奨金目当てだと思われ、憤慨して帰って行った。

左利きのタクシー運転手の抜粋が完了し、彼らの声を1人ずつ確認する作業へ入る。だが、シャオシンが聞いた声は現れない。ルー刑事のスマホにリンから電話がある。車の車種は絶対にゴルフ6だと叫ぶ。彼は確かにあの日、撥ねた車を目撃していたのだった。ルー刑事に自宅へ送ってもらうシャオシン。刑事がゲップをした為、窓を開けた。その時、犯人の車に乗っていた時と同じ音がする。車の形状により高級タクシーではなかった事が判明。急いでリンに電話を掛けるが、若者は電話に出ない。スケートパークで約束をしていたはずだと言うシャオシンと共に、ルー刑事は急いで向かった。

約束の為にスケートパークへ来ていたリン。だが、待ち人は遅れて来ると言う。そこで、若者は背後から迫る人影に気付く。誰かが尾行していると察した瞬間、一目散に駆け出すリン。ローラーブレードで狭い所を進む。男はバイクを駆使してリンを追うが、障害物により追跡を諦めた。ほっとしたリンは、携帯で時間を確認しながら道路に出る。しかし、そこへ猛スピードで車が突っ込み、リンは轢かれてしまった。車はとどめを刺そうと、倒れた彼に進もうとする。だが、そこへ仲間の若者達が通りかかり、犯人は諦めて去った。

目的の場所へ到着したシャオシンとルー刑事だったが、スケートパークは救急車と集まった見物人で騒然としていた。救急車へ運ばれていくリンを見つける。ルー刑事が事情を聞き、病院へ向かった。リンの頭蓋骨は骨密度が高く、お陰で命に別状はないとの事。少し休んだら帰っても良いらしい。病院の休憩室で一息つく。そこでシャオシンは、強力な麻酔薬の匂いを感知。車中での匂いと同じものだ。それらの情報からルー刑事は、今回の事件と連続失踪事件は関係しているに違いないと言う。シャオシンは記憶を探る。あの時、隣の女性がアプリで約束したと言っていた。シャオシンはきっと間違われたのだ。そして、ルー刑事はシャオシンのスマホにあった無言電話から、スマホの持ち主を割り出す事にした。

見えない目撃者のあらすじ【転】

翌日、リンの意識が戻る。シャオシンは自分の思い込みで、リンを疑った事を素直に謝る。盲人である自分が目撃者になるなど、おこがましい事だったのだ。シャオシンは反省して自宅へ帰った。リンと義弟の姿が重なって仕方ない。風呂から出ると、スマホに着信がある。犯人からだった。奴はシャオシンの経歴を調べ、拾い忘れた彼女の日記を、わざわざ点字読み取り機を購入してまで読んだと言う。気に入った。奴は電話越しにそう言って、通話を切った。

シャオシンはリンの元へ向かった。だが、リンはシャオシンの言う事を聞かず、病院を出て行ってしまう。仕方なく彼女は帰る為にバスへ乗った。その姿を通りの反対側で見ていたリン。彼女の後に不審な男が乗り込むのを見る。もしかして、彼女も狙われているのか。リンは急いで次のバスへ乗り込み、シャオシンに電話する。テレビ電話にしてイヤホンを装着させ、周囲を撮らせて男の位置を知らせた。自然な様子で立ち上がり、次のバス停で降りようとしたシャオシンだったが、隣の座席に座っていた男が彼女を背後から捕える。刃物で脅されバスを降車。リンはバスを降り、ローラーブレードで彼女を追っていた。

シャオシンは隙を突いて、背後の男へ催涙スプレーを噴射して逃れる。リンの誘導によってデパートのモールへ進む。盲人用の床の表示を辿りつつ階段を下りる。ツォンツォンも軽快に走る。しかし、シャオシンは躓いて転んでしまい、ツォンツォンの手綱を放してしまう。床に座り込む彼女を犯人が発見。奴も走り出す。ツォンツォンは走り去ってしまい、彼女が呼んでもすぐには戻って来ない。リンの誘導を信じて、シャオシンは立ち上がり進んだ。飼い主を見つけたツォンツォンも彼女を追う。その後ろを犯人が追って行く。倒れ込むように犬と共にエレベーターへ乗り込むが、男に追いつかれてしまい、シャオシンは麻酔薬を注射され意識を失う。そこで、ツォンツォンが飼い主を守るべく牙を剥いた。男と犬を置いて、エレベーターの扉が閉まる。シャオシンを逃した男は犬を刺し殺した。

シャオシンを見つけたリンは、警官と一緒に彼女を病院へ搬送した。目が覚めたシャオシン。ツォンツォンの死は、彼女の心身にダメージを与えた。首輪を抱いて泣き崩れるシャオシン。傍にいたリンとルー刑事は悲しむ彼女をただ、見守る事しか出来なかった。

リンの証言を元に犯人のモンタージュが作られ、ルー刑事を中心に捜査は進んだ。容疑者のアプリIDが判明。リンのもたらした情報により、特定の歌詞から抜粋している事が分かる。リンはリャン・ツォンの歌を良く聞いており、その歌の歌詞からIDが作られていた事を、自分が見つけたのだとシャオシンへ自慢げに話す。だが、彼女は浮かない表情だ。そこで、リンはシャオシンを病院から連れ出して、ローラーブレードを体験させる。

見えない目撃者のあらすじ【結】

犯人タン・ジェンには美しい妹がいた。だが、年頃に成長した妹は出会い系のアプリで夜毎、遊び歩くようになり変貌してしまった。それが許せない兄は妹と揉み合いになり、誤って彼女を殺してしまう。そして、タン・ジェンは妹を変貌させたアプリを恨むようになり、それを使う若い女性を襲うようになったのである。

その頃、シャオシンはリンを伴い、売却される実家を訪れていた。リンは彼女へ本当の姉になって欲しいと言う。1階の居間でリンは、シャオシンがリャン・ツォンの義姉である事を知る。地下のスタジオへ。そこにはリャン・ツォンの遺影が置いてあった。リンはリャン・ツォンのウクレレで、歌を姉に聞かせる。その時、リンのスマホにルー刑事からメールが入った。

ルー刑事はタン・ジェンの山荘へ、メガネの部下と侵入。車庫にあるゴルフと偽造ナンバープレートを発見。そこで、背後から襲われるルー刑事。激しい乱闘を繰り広げる。タン・ジェンを捕縛しようとした矢先、メスで腹部を刺される。一方、メガネの部下は鍵のかかった地下室で、整形手術を施された女性達を発見。急ぎ応援を要請した。

タン・ジェンはルー刑事のスマホから、リンにメールして現在位置を確認後、その家へ向かった。雨が降って来た為、中へ戻ったシャオシン。突然、ピアノが鳴り驚いて振り向く。リンが鳴らしているのかと思ったが、声を聞いて犯人である事を知る。タン・ジェンは話し続ける。似た境遇を持つ彼女に、男は親近感を抱き運命を感じたのだった。後退りで逃げる彼女を追い詰める男。そこへリンが男に飛び掛かってシャオシンを逃がす。揉み合うリンとタン・ジェン。だが、リンは腹部を刺されて倒れてしまう。彼女は屋敷を停電させる。これで、状況は自分と同じである。部屋を抜け出したシャオシンは、追って来た男を浴室に閉じ込めた。逃げようとしたが、扉には鎖が巻かれ鍵がかかっている。その時、リンのスマホに着信があった。音の方へと近寄る彼女は、床に倒れるリンを発見。彼を引き摺って別の部屋へ。シャオシンはナイフを持って、タン・ジェンに立ち向かった。護身術で奴を倒した隙に、タンクからガソリンをかける。男から鎖の鍵を奪取した際、手に持っていた火種が落ちて炎が上がった。火傷を負い、恐慌状態に陥ったタン・ジェンに殴られ、首を絞められるシャオシン。もうダメかと思った矢先、背後に迫ったリンが男を殴り倒した。

リンに鎖の鍵を渡し、屋敷を脱出。突進して来た男によって、外へと投げ出された2人。リンは男と格闘。シャオシンは3年前の事故を思い出していた。あの時、義弟は必死に助けを求めていた。自分がしっかりしていれば、義弟を助けられたはずだった。あなたとは違う。叫ぶシャオシンに男が迫る。彼女は母親がくれた障害物探知器を手に持っていた。振動で奴との距離が分かった。タイミングを計り、手にしたウクレレで力の限りに殴る。男は昏倒した。遠くからパトカーのサイレンが聞こえていた。

1年後、リャン・ツォンの追悼ライブが開催された。そのステージで、歌を唄うリンの姿がある。助かったルー刑事とシャオシンの姿もあった。そして、シャオシンは泣きそうな表情で笑った。

Amazon 映画『見えない目撃者』の商品を見てみる