映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のネタバレあらすじ結末

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女の概要:雑誌の編集者だったミカエルは、名誉毀損で訴えられ有罪判決を受ける。その頃、ハッカーのリスベットは彼のことを調べ、ヘンリックの弁護士であるフルーデに報告する。ヘンリックは姪の失踪事件の調査をミカエルに依頼したいと考えていた。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女の作品概要

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

公開日:2009年
上映時間:153分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
キャスト:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベッティル・トーベ、イングヴァル・ヒルドヴァル etc

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女の登場人物(キャスト)

ミカエル・ブルムクヴィスト(ミカエル・ニクヴィスト)
有罪判決を受け、失業した記者。ヘンリックからハリエット失踪事件の調査を依頼される。
リスベット・サランデル(ノオミ・ラパス)
映像記憶能力を持つ天才ハッカー。
ヘンリック・ヴァンゲル(スヴェン・バーティル・タウベ)
ヴァンゲル・グループの前会長。死ぬ前にハリエットの事件が解決することを望んでいる。
ハリエット・ヴァンゲル(少女時代:ユリア・スポーレ / 現在:エヴァ・フレーリング)
ヘンリックの姪。40年前に失踪したまま行方がわからない。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女のネタバレあらすじ

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女のあらすじ【起】

雑誌「ミレニアム」を発行しているミカエル・ブルムクヴィストは、実業家ヴェンネルストレムから名誉毀損で訴えられていた。ミカエルはヴェンネルストレムが武器の密売で利益を得ていたと批判していたのだった。有罪判決を受けたミカエルは編集部を離れることにする。

ミカエルについて調査していたリスベットは、依頼主である弁護士フルーデにミカエルの資料を渡す。フルーデがミカエルについてどう思うか聞くと、ミカエルは無実だとリスベットは答える。

ミカエルにフルーデから電話がかかってくる。フルーデの依頼人で実業家のヘンリック・ヴァンゲルがミカエルに会いたがっていた。ミカエルがヘンリックに会いに行くと、40年前の祭りの日に姪ハリエットが封鎖された島から失踪した話をする。ミカエルは幼い頃、ハリエットと面識があった。彼女はよく押し花をヘンリックに贈っていたので、毎年世界各地から押し花を送ってくるのが失踪事件の犯人ではないかとヘンリックは疑っていた。彼は、解決しなくてもいいから調べて欲しいとミカエルに依頼する。

特別後見人がビュルマン弁護士に変わったという電話がリスベットにかかってくる。彼女は新しい弁護士に出費を制限されてしまう。駅で不良たちに絡まれた時、リスベットは商売道具のノートパソコンを破損させる。

調査のため島に引っ越したミカエルは、ヘンリックに離れを借りる。彼はヴァンゲル・グループとヘンリックの三人の兄弟について調べる。三人はナチ党員だった。ヘンリックの弟ゴットフリードと妻は子供たちの世話をせず、ヘンリックがハリエットたちを引き取ったのだった。

ミカエルが別荘を調べているとハリエットの従姉セシリアが現れる。彼女は、ハリエットが失踪する前の年にゴットフリードが酔って海に落ちて死んだと話す。ミカエルはハリエットの日記から複数の暗号らしきものを発見する。彼は警察に行ってモレル警部と話すが、調査はやめた方がいいと忠告される。

その頃、リスベットはミカエルのノートパソコンをハッキングしていてハリエットの暗号を見つける。彼女は弁護士に新しいノートパソコンを買う許可をもらうために取引する。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女のあらすじ【承】

ミカエルは、ハリエットが写っている祭りの日の写真を探しに新聞社へ行く。彼は、パレードを見ているハリエットが何かを見て恐れている表情の写真を見つける。

ハリエットの兄マルティンとセシリアはミカエルを夕食に招く。ミカエルは自分の裁判について、ヴェンネルストレムの件は同級生が情報をくれたがハメられたと話す。

リスベットは金をもらうためビュルマンのところへ行くが、手錠でベッドに繋がれ、彼に襲われる。彼女はその間の様子をカメラで録画していた。

ミカエルは祭りの写真の中でカメラを構えるカップルを見つけ、二人の車に名前が書かれていたノルシェー木工店を訪ねる。そこで聞いた二人の家に行くが、夫は他界していて妻がミカエルを迎える。ハネムーンでその場にいたと話す彼女に、ミカエルは写真を見せて欲しいと頼む。ハリエットが見つめていた方向にはある男性がいた。

リスベットはビュルマンを予告なしで訪ね、復讐をする。録画したビデオを見せ、彼の腹部に不名誉な刺青を彫ると彼の部屋を後にする。彼女はミカエルのノートパソコンを再びハッキングし、更新されたハリエットの資料を読む。ハリエットの暗号を解いたリスベットは、ミカエルにメールを送る。

ミカエルが発見した写真の男性はピントがぼやけすぎていて顔がわからない。ため息をつくミカエルだったが、そこへスズメバチと名乗る人物からメールが届く。そのメールには、ハリエットの暗号が聖書のページを指していると書かれていた。

ミカエルがヘンリックの家へ向かうと救急車が来ていた。ヘンリックは心臓発作で倒れたのだった。ミカエルは病院でフルーデに、スズメバチからメールが来たことを話す。フルーデはリスベットかもしれないと考える。

ミカエルはリスベットを訪ね、追い返そうとする彼女をハッカーとして通報すると脅す。リスベットがミカエルに望みを聞くと、彼は手を貸して欲しいと頼む。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女のあらすじ【転】

ミカエルに雇われたリスベットは、一つ目の暗号が昔の未解決事件と関係があるのではないかと考える。二人は、その事件で女性が切り刻まれた牛舎を見に行く。事件は聖書の内容と一致していた。その後二人は、他の暗号も過去の事件と関連があることに気づくが、関連する事件がない暗号が一つだけ残る。

ミカエルとリスベットはヘンリックの離れに戻るが、侵入者があった形跡にリスベットが気づく。ミカエルがリスベットの記憶力を褒めるが、彼女の機嫌を損ねてしまう。その夜、眠っていたミカエルに、裸になったリスベットが跨る。彼女の背中には大きなドラゴンのタトゥーがあった。

ミカエルは、入院しているヘンリックに調査状況を報告する。ヘンリックは、最後の暗号はモレル警部の力を借りたらどうかと提案する。ミカエルがモレルに話をすると、彼は容疑者が絞り込めると言う。

ヴァンゲル一族の家族会議に呼び出されるミカエル。ヘンリックの親族たちはミカエルの調査を辞めさせようとする。フルーデがヘンリックとミカエルが契約していることを話している間、ミカエルはセシリアがハリエットの首飾りをつけていることに気づく。ミカエルがそのことを指摘すると、セシリアは妹アニタの形見だと言う。

ミカエルは、首飾りをつけて写真に写っているのがハリエットではなく、20年前他界したアニタであることに気づく。リスベットは友人のハッカーにアニタの調査を依頼する。

ランニングの最中、ミカエルは何者かに猟銃で狙われ、頭を怪我する。警察に通報すると話すミカエルに、リスベットは仕事を降りると言い出す。ミカエルに呼び出されたモレルまで、調査を中断した方がいいかもしれないと彼に忠告する。

リスベットはミカエルが暮らしている部屋に防犯カメラを取り付ける。その夜、ミカエルはリスベットの過去を知りたがるが、彼女は何も話さない。

翌朝、モレルが最後の暗号に該当する事件を発見したと言ってミカエルと訪ねる。その事件の被害者は、ハリエットの父ゴットフリードの秘書だった。ミカエルとリスベットは被害者の名前がユダヤ名であることに気づく。二人は、犯人が現在も生きているハラルドではないかと疑う。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女のあらすじ【結】

ミカエルはハラルドの家に侵入するが、ハラルドに見つかり猟銃で撃たれそうになる。騒ぎを聞き、駆けつけたマルティンがハラルドを止める。マルティンはミカエルに、モレルに電話するように言う。

リスベットは事件が起きた当時の会社の帳簿を調べる。彼女は、ハラルドではなくゴットフリードが暗号の事件発生当時、事件発生場所にいた証拠を見つける。さらに、マルティンが写っている会社の記念写真も発見する。彼の服装は、ハリエットが祭りで恐れていたと思われる男性と一致していた。

事件の犯人がハラルドだと思ったと話すミカエルに、マルティンは馬鹿げていると言う。ミカエルは彼に、リスベットが帳簿を調べていると話す。マルティンは警察に電話すると言い残し、消える。戻ってきた彼はミカエルの首に注射器を刺す。ミカエルは意識を失う。

ミカエルは地下室で目を覚まし、マルティンが犯人だと気づくが、拘束されていて身動きがとれない。マルティンは今まで何人もの娼婦や移民を殺してきたと告白する。彼はミカエルを殺して海に沈めようとしていた。

リスベットは、離れに戻るとミカエルがいないので防犯カメラの映像を調べる。映像にはマルティンの姿が写っていた。

マルティンは父親から習った方法で最初の被害者を殺していた。ミカエルに殺しの快楽を語るマルティンだったが、ハリエットは殺してないと言う。マルティンがミカエルを絞殺しようとしているところへ、リスベットがゴルフクラブを持って現れ、マルティンを殴りつける。彼女がミカエルを助けている間にマルティンは逃走しようとする。

車で逃げるマルティンをリスベットがバイクで追いかける。マルティンはトレーラーを避けようとして車を横転させる。苦しみ、助けを求めるマルティンを黙って見つめるリスベット。彼女は、過去に人に火をつけたことを思い出していた。マルティンの車は爆発する。

ミカエルは、マルティンが殺した女性たちの死後の写真を発見する。戻ったリスベットは、マルティンは事故で死んだと説明する。彼女はミカエルが警察を呼んだと知ると、地下室から出ていく。

ミカエルはマルティンが即死ではなかったのではないかと疑う。助けられたが見殺しにしたと話すリスベットに、ミカエルは自分なら助けたが、彼女の気持ちもわかると話す。

ミカエルはヘンリックたちにハリエットの事件の犯人はまだわからないと話す。ミカエルが離れに戻ると、リスベットの姿はなく、置手紙があった。手紙には、死んだアニタの他にオーストラリアに移住したアニタがいると書かれていた。

ミカエルはオーストラリアへ飛ぶと、ハリエットと思われる人物を発見する。彼はハリエットに、ヘンリックは彼女が生きていることを知らないと話す。

リスベットは施設に入っている母を訪ねる。今まで面会に来なかったことを彼女が謝ると母は、ひどい父親を選んだと言って反省する。

ミカエルはハリエットを連れてヘンリックを訪ねる。ハリエットは、父と兄に陵辱されていたことをヘンリックに話す。彼女は、父ゴットフリードを海に沈めて殺したが、それを兄マルティンに見られていた。アニタがハリエットを逃がし、生き延びたハリエットはヘンリックに押し花を送り続けていたのだった。

禁固刑を受けているミカエルに、リスベットが面会に来る。彼女はミカエルに何かを渡すと帰っていく。リスベットが置いていった物は、ヴェンネルストレムにとって不利になる証拠だった。出所したミカエルが戻ってきて喜ぶ編集部だったが、ヴェンネルストレムが自殺したというニュースが流れる。ミカエルは、ニュースで流れた監視カメラの映像にリスベットが映っていることに気づく。

Amazon 映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の商品を見てみる

関連作品

次作 ミレニアム2 火と戯れる女