映画『耳をすませば』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「耳をすませば」のネタバレあらすじ結末

耳をすませばの概要:90年代に製作されたとは思えないほど、今でも人々の心に明確に焼き付いているラブストーリー。青春の甘酸っぱさに身悶えしながら、かつて自分も経験した懐かしい気持ちを思い出す名作です。

耳をすませばの作品概要

耳をすませば

公開日:1995年
上映時間:111分
ジャンル:アニメ、ラブストーリー、ファンタジー
監督:近藤喜文
キャスト:本名陽子、高橋一生、小林桂樹、露口茂 etc

耳をすませばの登場人物(キャスト)

月島雫(本名陽子)
本をこよなく愛する中学三年生。ある日偶然訪れた「地球屋」で天沢聖司と運命の出会いを果たす。
天沢聖司(高橋一生)
ヴァイオリン職人を志す中学三年生。イタリアへの留学が決まっている。
西司朗(小林桂樹)
アンティーク屋「地球屋」のオーナーで聖司の祖父。2人の夢を応援する理解者。

耳をすませばのネタバレあらすじ

映画『耳をすませば』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

耳をすませばのあらすじ【起】

市立図書館に勤める父親を持つ中学三年生の月島雫は、父親の影響もあってか友達にからかわれる程読書をこよなく愛する読書家でした。学校の図書館や父親の勤務する市立図書館で本を借り、現実では体感することのできないその空想の世界に飛び立つのが雫の日課でした。

ある日雫はいつものように図書館で本を借りようとしていました。そして何となく貸し出しカードを見てみると、そこには雫よりも前に”天沢聖司”という人物が本を借りたという記録が残されていました。その時は何とも思わなかった雫でしたが、次に借りた本にも、そしてその次に借りた本にも、雫よりも前にその名前が残されているのでした。

今迄気に留めていませんでしたが、実は今まで自分が借りてきた本の大半に、その”天沢聖司”の名前は記されているのでした。自分と似通った趣味だと思われる、また、読書家と自負している自分よりも早く全ての本に手をつけている”天沢聖司”という存在に、雫は興味を持ち始めます。

耳をすませばのあらすじ【承】

暑い夏が訪れ、学校は夏休み期間に突入しました。雫の友人達は中学三年生という事もあり受験や、そして年頃の女の子らしく恋バナに花を咲かせています。しかし放任主義である雫の家ではあまり親に勉強しろと言われる事もないため、受験をあまり差し迫ったものとして感じることはなく、さらに恋らしい恋の経験も憧れ自体もあまりない雫はイマイチ友人達の話に乗ることができません。

その分雫は、所属している部活動や、趣味の読書に熱意を注いでいました。ある日、雫がいつものように図書館へと向かっていると、その道中少しブサイクな太々しい猫と遭遇しました。ブサ可愛いその猫に思わず興味を惹かれた雫は、その猫を追いかけることにしました。

そして狭い路地や裏通りを通った先にあった一軒のアンティークショップの前で猫は足を止めました。その店、『地球屋』はまるで御伽噺や物語の中から出てきたような雰囲気を醸し出している店で、その佇まいに雫の心は一気に引き込まれます。

耳をすませばのあらすじ【転】

思わずその店の門をくぐった雫は、店を経営する1人の老人、西司郎と出会います。仏頂面で一見気難しそうな司郎でしたが、純粋な雫とは比較的早くに打ち解け雫に様々な話を聞かせてくれるようになります。それから地球屋は静かにとってお気に入りの場所となり度々足を運ぶようになるのでした。

するとある日、店内で見慣れない1人の青年の姿を見かけます。自分と同年代であるという青年は司郎の孫で、何と雫がずっと気になっていた”天沢聖司”だったのです。ヴァイオリン職人になるという夢を持っている聖司は、地球屋の地下を借りて日々ヴァイオリン制作に勤しんでいたのでした。

色々とあって、あまり良いとは言えない第一印象の2人でしたが、ですが雫は将来の夢を持ちそのためにしっかりと行動をしている聖司を素直に尊敬します。一方で、自分と同い年の聖司が夢に向かって突き進む姿を見て、今まで自分は何も考えずに日々をただ過ごしてきた事に気付き、雫は悩み始めます。

耳をすませばのあらすじ【結】

そして自分には何が出来るのかと考え始めた雫の頭に浮かんだのは、やはり大好きな本でした。今迄は読者として空想の世界に飛び込んでいましたが、今度は自分がその世界を他者に贈る、書き手側の人間になってみようと思い立つのです。

地球屋、そして学校で顔を合わせるたび、聖司と雫の距離は縮まっていきます。しかし、聖司は本格的に職人としての経験を積むため、イタリアへの留学を決意しました。そしてイタリアへと経つ早朝、聖司は雫の家を訪れ彼女をとある丘へと誘いました。そして日の出に染まる中、自分が一人前の職人になったら結婚してほしい、と雫にプロポーズするのでした。そもそも聖司はしっかりと面識が出来る前から雫に惹かれており、少しでも雫の目に止まろうと雫の読みそうな本を片っ端から借りていたのです。

雫は静かに頷き、そして聖司はイタリアへと旅立って行きました。イタリアと日本、そしてヴァイオリン職人と作家という違う場所、道ですが、いずれ2人の道が交差することを信じそれぞれが将来に向かって歩み出すのでした。

Amazon 映画『耳をすませば』の商品を見てみる