映画『皆殺しの流儀』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『皆殺しの流儀』のネタバレあらすじ結末

皆殺しの流儀の概要:悪党同士で殺し合いはするが、住民からは愛されている元ギャングの親父たちが、節操のない現代のギャングを一掃する。ロンドンを舞台にしたイギリス製のギャング映画で、親父たちの悪党ぶりが渋い。

皆殺しの流儀の作品概要

皆殺しの流儀

公開日:2014年
上映時間:94分
ジャンル:フィルムノワール、アクション
監督:サシャ・ベネット
キャスト:イアン・オギルビー、アリソン・ドゥーディ、スティーヴン・バーコフ、ジェームズ・コスモ etc

皆殺しの流儀の登場人物(キャスト)

リッチー(イアン・オギルビー)
元ギャング。現在はギャングを引退し、スペインで優雅に暮らしている。年頃の娘がいる。兄のチャーリーを殺され、昔の仲間と一緒に若者のギャング団に復讐する。
テイラー(アリソン・ドゥーディ)
ロンドン警察の警部補。チャーリー殺し事件の捜査責任者。娘のローレンと2人暮らし。ローレンはE2ギャング団のリーダーに弄ばれ、ギャングたちにレイプされかける。
リジー(リセット・エリソン)
ロンドンで暮らすチャーリーの友人の女性。若い頃からリッチーのことを好きだった。
チャーリー(スティーブン・バーコフ)
リッチーの兄。弟とともに、一昔前のロンドンを仕切っていたギャング。レイプされそうになっていたローレンを助け、E2ギャング団に殺される。
アーロン(ダニーボーイ・ハッチャード)
ロンドンのギャング団「E2」のリーダー。仲間たちと極悪非道な悪さばかりしている。

皆殺しの流儀のネタバレあらすじ

映画『皆殺しの流儀』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

皆殺しの流儀のあらすじ【起】

ロンドンのギャング団「E2」は、極悪非道な悪さばかりして、住民たちを困らせていた。警察は彼らを積極的に取り締まろうとせず、住民も報復を恐れて彼らの悪事を通報できない。そんな状況が続き、E2ギャング団はますます図に乗っていた。

スペイン在住のリッチーとロンドンで暮らすチャーリーは、一昔前のロンドンを牛耳っていた有名な元ギャングの兄弟だ。リッチーは、明日の兄の誕生日に再会できるのを楽しみにしていた。馴染みのパブで近所の友人たちと飲んでいたチャーリーは、リッチーから電話をもらい、今日は早めに帰ることにする。

パブを出たチャーリーは、E2ギャング団が若い女性をレイプしようとしている現場に遭遇する。チャーリーは大勢の若者相手に一歩もひるむことなく女性を助け、自分が若者たちに殺されてしまう。チャーリーと一緒に飲んでいたリジーは、路地裏でチャーリーの遺体を発見する。

通報で駆けつけたロンドン警察のテイラー警部補と助手に、リジーは“E2ギャングの仕業だ”と訴える。リジーは、路地裏から出てくるE2ギャング団を目撃していた。

チャーリーからリッチーの連絡先を聞いていたリジーは、リッチーにチャーリーの訃報を伝える。テイラーはE2ギャング団のリーダーのアーロンに昨夜のアリバイを聞く。チャーリーが死んだことを知ったアーロンは、レイプしようとした女性ローレンを脅しに行く。ローレンは、テイラー警部補の娘だった。

皆殺しの流儀のあらすじ【承】

ロンドンへ戻ったリッチーを、昔の仲間が迎えてくれる。2人はすぐにチャーリーが殺された路地裏へ向かい、現場検証をしていたテイラーたちと遭遇する。テイラーはリッチーに、“捜査の邪魔をしたら刑務所にぶち込む”と忠告する。

リッチーは、リジーの甥が見つけたという闇サイトの動画を見せてもらう。それは事件の様子を撮影した動画で、犯人の顔も確認できた。動画によって、チャーリーがレイプされかけたローレンを助けて殺されたことがわかる。リッチーは、この事実を警察には伝えず、自らローレンに会いに行く。

アーロンに脅されていたローレンは話すことを怖がっていたが、リッチーがチャーリーの弟だと知ると、アーロンと顔見知りのギャングの名前を教えてくれる。

チャーリーの葬儀には、昔馴染みの元ギャングが3人集まる。リッチーと3人の元ギャングは、E2ギャングの若者たちに自分たちの手で制裁を加えることにする。4人とも見た目は初老を迎えたおじさんだったが、殺しや拷問にかけては筋金入りの腕を持っていた。

リッチーは顔馴染みの前警視正に、警察の内部情報を回してくれるよう話しに行く。2人は昔、持ちつ持たれつの関係だった。E2ギャング団は、リジーやローレンに再び脅しをかける。テイラーは、娘の様子がおかしいことに薄々気づいていたが、まさかローレンがこの事件に関わっているとは夢にも思っていなかった。

皆殺しの流儀のあらすじ【転】

前警視正から受け取った資料により、1人のギャングの住所がわかる。リッチーたちは、彼を待ち伏せし、2人のギャングを拉致する。リッチーはアーロンの居場所を聞くが、彼らは威勢良く反発する。リッチーたちを怒らせたギャングはひどい拷問を受けて絶命し、“アーロンを呼び出す”と嘘をついたギャングは、リッチーに撃ち殺される。

2人と連絡が取れなくなり、アーロンは苛立っていた。リジーは、男らしいリッチーに30年前と同じような恋心を抱く。リッチーもリジーに好意を持っており、彼女を食事へ誘う。

リッチーはさらなる情報を求めて、再びローレンに会いに行く。レイプされている時の写真をネタに脅されていたローレンは、それをばらまかれることを恐れていた。リッチーは、穏やかに話をしてローレンを安心させてやり、彼女の電話番号を教えてもらう。しかし、そこへテイラーが現れ、リッチーはすぐに退散する。テイラーとローレンが親子だったことは、リッチーにとっても驚きだった。

リッチーたちは、駐車場で薬物を売っていたギャングを追い詰め、そいつを拉致する。逆さに吊るされたギャングにアーロンの居場所を聞くが、相手はなかなか口を割らない。調子に乗ってチャーリーを侮辱したギャングにリッチーは激昂し、そいつを殴り殺す。しかし興奮しすぎて心臓発作を起こしてしまう。

皆殺しの流儀のあらすじ【結】

命に別状はなかったが、リッチーは入院することになる。リッチーは、E2ギャングとカタをつけるため、彼らを病院へ呼ぶことにする。リッチーから連絡を受けたローレンは、アーロンに尽くすふりをして、リッチーの入院先を伝えに行く。仲間が次々と消え、警戒を強めていたアーロンは、仲間全員分の銃を入手していた。

ローレンは、E2ギャング団を病院へ連れ出すことに成功する。しかしアーロンは用心のため、ローレンも一緒に連れて行く。

最初に病室へ行った2人のギャングは、待ち構えていたリッチーたちにあっさり撃ち殺される。E2ギャング団はかなりの人数がおり、病院内で壮絶な撃ち合いが始まる。エレベーターに閉じ込められていたローレンは、電話でテイラーに助けを求める。

病院には警察や機動隊の特殊部隊もやってくる。追い詰められたアーロンはローレンを人質にし、リッチーたちに銃を捨てるよう迫る。4人は銃を捨ててアーロンの前に出て行く。しかし、ローレンに恋していた仲間がアーロンを襲い、アーロンは銃を落としてしまう。リッチーはアーロンにわざと弾切れの銃を握らせ、警察に彼を射殺させる。

テイラーは、娘を救ってくれたリッチーに感謝し、4人を見逃してくれる。スペインに帰るとテイラーに約束したリッチーは、リジーをスペインに誘う。しかし地元を愛しているリジーは、迷いながらもその誘いを断る。

いろいろ考えたリッチーは、ロンドンに残ることにする。リッチーは悪党退治を天職だと感じており、他の3人もその意見に同意する。次は老人の金を奪った銀行を懲らしめようと、4人の親父は楽しそうに相談を始める。

Amazon 映画『皆殺しの流儀』の商品を見てみる