『水戸黄門(1978)』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

水戸黄門(1978)の概要:「水戸黄門」は、1978年の日本映画。監督はテレビ時代劇『水戸黄門』のメイン監督である山内鉄也。主演は水戸光圀役のテレビシリーズ初代黄門様、東野英治郎。共演の「助さん」こと佐々木助三郎役に里見浩太朗。「格さん」こと渥美格之進役に大和田伸也。「うっかり八兵衛」役に高橋元太郎。「風車の弥七」役に中谷一郎。他に栗原小巻、和田浩治、谷幹一、ハナ肇、植木等、谷啓、山口いづみ、鮎川いづみ、かしまし娘、竹脇無我、三船敏郎など豪華キャストが出演している。

水戸黄門

水戸黄門 あらすじ

映画『水戸黄門(1978)』のあらすじを紹介します。

加賀藩の次席家老・村井主水(安部徹)のお家乗っ取りを阻止するため、城代家老・奥村作左衛門(三船敏郎)の娘・由美(栗原小巻)は、お供の金三郎(東野英心)と共に水戸へ向かった。だが道中に鬼頭源心(深江章喜)たちの奇襲に遭い、金三郎は討ち死に、由美は深手を負うものの危く弥七(中谷一郎)に救出され、水戸光圀(東野英治郎)の西山荘で治療を受ける。由美は加賀百万石の危機を助けて欲しいと光圀に頼み込む。由美の必死の願いを聞き入れた光圀は、お家騒動を沈めるべく加賀へ旅立つ。光圀の姉が、前田綱紀(前田綱紀)の父・光高に嫁いでいる関係から、光圀と綱紀は甥と叔父の関係にあたる。

柏崎に差し掛かった一行は、代官・黒部八太夫(遠藤太津朗)と結託した、人足の元締め・権蔵(富田仲次郎)の手下たちの悪事を目の当たりにし、権蔵の地元・柏崎へ立ち寄ることになる。そこのある旅籠でニセ黄門の六兵ヱ(ハナ肇)、ニセ助三郎の助八(植木等)、ニセ格之進の格三(谷啓)たちが豪遊していた。ニセ黄門が宿泊する旅籠の玄関に「水戸御老公様御宿」の看板が掛かっており、本物の水戸黄門一行は様子を窺うためにその宿へ泊まりを願うが、本物とは知らずに納屋のような狭い部屋へ押し込められ雑な扱いを受ける。噂を聞きつけてやってきた黒部代官は偽物とは知らず光圀の機嫌を取るため賄賂を渡すが、ニセ黄門一行は居所が悪くなり夜逃げしようとしたところを、本物の助さん(里見浩太朗)、格さん(大和田伸也)に取り押さえられる。黒部代官は本物の光圀公の怒りを買うが改心することを条件に放免され、ニセ黄門一行は、光圀公の忍び旅をカムフラージュするために、そのまま本物の光圀公として江戸へ向かうよう言いつけられる。

その頃、加賀藩では正室の子息・新之助と、側室の子息・松千代の世継ぎ争いにあり、正室ながら病弱な新之介より、村井主水の孫でもあり、健康な側室の松千代を跡継ぎへとする裏工作が横行しており、加賀藩を守ろうとする城代家老の奥村は村井の陰謀により謹慎処分を受けていた。そして村井は江戸での勤めから帰る城主の前田綱紀を待ち、その御前で松千代の世継ぎを満場一致で可決したという既製事実を報告するため、正室の周辺にいた側近は全て牢屋に閉じ込めていた。そして綱紀が城に帰った日の報告の場で、村井は松千代を家中の総意で跡継ぎに推すという事を報告するが、その中で、元正室派の一人であった石川隼人(竹脇無我)が立ち上がり、村井の謀略を綱紀に訴え出る。石川の乱心だという村井はそこで彼を取り押さえようとするが、石川は刀を抜いて抵抗し側室側との衝突が始まる。そこへ綱紀帰城の歓迎に呼ばれていた、輪島の御陣乗太鼓の鬼面を被った助さん・格さんが加勢し、やがて場は一転、光圀公の登場を迎える。

水戸黄門 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1978年
  • 上映時間:88分
  • ジャンル:時代劇、ヒューマンドラマ
  • 監督:山内鉄也
  • キャスト:東野英治郎、里見浩太郎、大和田伸也、中谷一郎 etc

水戸黄門 批評 ※ネタバレ

映画『水戸黄門(1978)』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

これこそ王道娯楽時代劇

助さんの里見浩太朗は歳を取ってから黄門様になってしまったが、やっぱり助さんは杉良太郎か里見浩太朗だなぁって思う。格さんは後年の伊吹吾郎が良かったが、いずれにせよ助さん・格さんは貫禄がなくてはならない。歴代の助さんの中では役者の貫禄としては里見浩太朗だと感じる。そして三船敏郎の殺陣も貫禄であり、萬屋錦之介か三船敏郎かという豪快な殺陣は他の役者が逆立ちしても敵わないだろう。水戸黄門が年寄り向けの作品だと見向きもしない若者には是非観てもらいたい。当時の若年層にも受けた「必殺シリーズ」のような凄みは薄いが、あの印籠を出すシーンの爽快感というものを、より本作では実感できるだろう。

役者の貫禄が窺える

予言師は幼い頃に囚われて以来ずっとメムノーンのそばにいることを強要されてきました。メムノーンは予言師としての彼女だけでなく女性としても必要としていました。そんな状況にうんざりしていたとき予言師はあるビジョンを見たのです。それはマサイアスが自分を連れ出してくれるというものでした、そのためその場で殺そうとしたメムノーンに対して“自分で彼をころしてはいけない兵士に殺させてもいけない、不幸になる未来が見える”とうそを言ってマサイアスを助けてくれたのです。

水戸黄門 感想まとめ

水戸黄門で劇場用に作られたのは本作のみである。テレビシリーズでも有名なゲストは度々出演していたが、三船敏郎や栗原小巻といった大物俳優がゲストというのはそうなかったはずである。それだけ本作への意気込みが大きかったというところだろうが、どんなゲストを呼んできてもやはり黄門様より目立ってはいけない訳であり、助さん格さん以上の活躍をしてはならないのである。多分テレビでお馴染みだった人が映画を観に行っても「テレビと変わらんじゃないか」というところは痛感したのではないだろうか。上映時間はテレビの2倍であるが二週連続にすればいいだけの話であり、二作目が作られなかったのはそんな事も制作側が実感したのではないだろうか。確かにテレビでここまで人気のシリーズをわざわざ映画でやらなくてもと言う感はある。映画俳優としての三船敏郎と栗原小巻をどうしても一度使ってみたかったのかなとも思ってしまうのであるが、作品は充分に良い仕上がりである。

Amazon 映画『水戸黄門(1978)』の商品を見てみる