映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』あらすじネタバレ結末と感想

刑事ジョン・ブック 目撃者の概要:ハリソン・フォード主演のサスペンス。アーミッシュの少年が殺人事件を目撃し、刑事ジョン・ブックも負傷してしまう。共演はケリー・マクギリス、ルーカス・ハース。ピーター・ウィアー監督の1985年米国映画。

刑事ジョン・ブック 目撃者 あらすじネタバレ

刑事ジョン・ブック 目撃者
映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

刑事ジョン・ブック 目撃者 あらすじ【起・承】

アーミッシュの村で暮らす、レイチェル(ケリー・マクギリス)は夫を亡くし葬式を出したばかり。葬式の場で、友人のダニエル(アレクサンドル・ゴドウノフ)は、レイチェルを励ます。

その後、レイチェルは、ボルティモアに息子サミュエル(ルーカス・ハース)と一緒に出掛けることになるが、ロンドンの駅で3時間も待たされた。その間、駅のトイレで警官が殺される殺人事件が起こり、サミュエルが犯人を目撃してしまう。

現場に駆け付けたのは、刑事ジョン・ブック(ハリソン・フォード)と相棒のカーター刑事。サミュエルの証言によると、犯人は2人組の男で、背が高いらしい。近くにいると危ないので場所を移動した。

しかし、犯人を挙げるためにジョン・ブックが強引に親子を連れまわしたので、レイチェルは不満を漏らす。面通しを署内で、サミュエルに見てもらうがここには犯人はいないと言う。

その後、麻薬捜査課のマクフィー刑事(ダニー・グローバー)の記事をじっと見入るサミュエルを見て、彼が犯人であるとジョンは気付いた。そこで、本部長のポール・シェイファー(ジョセフ・ソマー)に捜査協力を頼むが、駐車場でジョン・ブック刑事はマクフィー刑事から、銃弾を受けてしまう。

本部長ポールとマクフィー刑事がグルだと気が付いたジョン・ブックは、自宅にかくまっていたレイチェルとサミュエル親子をアーミッシュの村に逃がす。しかし、マクフィー刑事に受けた銃弾がもとで倒れてしまう。

こうして、アーミッシュの村で療養することになったジョン・ブックは、2日間眠り続けた。その後、傷の癒えたジョン・ブックはアーミッシュの仕事(乳しぼりや大工仕事)を手伝いながら過ごした。

仕事の合間に飲むレモネードは美味しく、やがてジョン・ブックとレイチェルは互いを意識するようになってゆく。

刑事ジョン・ブック 目撃者 あらすじ【転・結】

ある日、サミュエルがジョン・ブックの拳銃を手に取り遊んでいた。ジョン・ブックは慌てて、拳銃を取り上げた。”とても危ない物なんだ!絶対に触っちゃ駄目だ!”と叱った。

レイチェルもジョン・ブックの拳銃と弾丸を息子の目から隠す。アーミッシュの長老は、サミュエルに”1度手にすれば心が染まる。汚れたものに触れてはならない!”と諭すのだった。

一方、ジョン・ブックは相棒と連絡を取ろうとするが、アーミッシュの村には電話がない。そこでアーミッシュの服に着替えて、馬車に乗って隣りの町まで行った。

相棒カーター刑事に無事であることを伝えると、”血眼で探している。戻ってきては駄目だ!”と言われてしまう。街に戻るために、ジョン・ブックは車の修理をし、ラジオも復活させた。

ある夜、ラジオから流れる音楽に合わせて、レイチェルとダンスを踊った。しかし、その様子を同居しているイーライに見られてしまう。”レイチェル、掟を忘れたのか?”とイーライに忠告されるのだった。

一方、相棒は本部長のポールから、ジョン・ブックがどこにいるのか話せと脅迫されていた。”アーミッシュの村にいるんだろ。”と。しかし、レイチェルたちを見つけ出すのは容易なことではなかった。

その頃、アーミッシュの村では、リディアとエイムスの納屋作りが村人総出で行われていた。ダニエルやその親戚のモセス(ヴィゴ・モーテンセン)なども納屋作りに加わり、汗を流した。

ジョン・ブックは、再び、相棒カーター刑事に連絡を取ろうとするが、彼が殉職したと知り悲しみに震えた。

翌朝、アーミッシュの村に大勢の観光客がやってくるが、観光客の村民をばかにしたような態度にジョン・ブックは切れてしまう。観光客を殴ったのだ!その夜、息子が眠った後、ジョン・ブックとレイチェルは激しく求めあう。

夜明け前。ついにジョン・ブックらを追って、本部長のポールと2人の部下がアーミッシュの村にやってきた。ジョン・ブックは車で逃げようとするが、エンジンがかからず断念。

牛小屋に警官1人を誘きいれて、円筒の真下にいる警官に麦を落として足止めさせるのだった。もう1人の警官は銃撃して殺すが、本部長のポールにレイチェルを人質に取られてしまう。

絶対絶命のピンチだったが、アーミッシュの男達が集まってきてくれた。それを見たポールは、静かに銃を置いた。こうして、アーミッシュを巻き込んだ事件は終わった。

ジョン・ブックは、アーミッシュの村を去ることになった。サミュエルと別れの挨拶をし、レイチェルは無言で見守った。最後にダニエルとすれ違って、ジョン・ブックは、村を去っていった。

刑事ジョン・ブック 目撃者 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1985年
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ、ラブストーリー
  • 監督:ピーター・ウィアー
  • キャスト:ハリソン・フォード、ケリー・マクギリス、ルーカス・ハース、ダニー・グローヴァー etc

刑事ジョン・ブック 目撃者 批評・レビュー

映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

レモネードが飲みたくなる!アーミッシュの生活と刑事物の組み合わせが新しい

ハリソン・フォードが主演の刑事物なので、ど派手な展開があるのかと思ったが、アーミッシュの少年サミュエルのかわいさや村の雰囲気がのんびりしていて癒されます。

アーミッシュは、アメリカやカナダの一部の地域(ペンシルバニア州など)に住み、18世紀の移民当時の暮らしを保っているキリスト教派の集団です。

古いドイツ語系の言語を話し、バギーと呼ばれる馬車を使って移動します。基本的に農業や牧畜で生計を立てており、電気や電話、車は使わない。讃美歌以外の音楽は駄目といった宗教上の理由で制約、禁じている事柄が多い。

素朴な暮らしを営む一方で、近親婚の弊害として遺伝病が多く発生したり、馬車での交通事故もあるとか。現代に逆行した生活が果たしていいのかどうか疑問だが、ジョン・ブック刑事の忙しい毎日と対比して考えると面白い。

また犯人を追う側が、犯人に追われてしまうという構図やアーミッシュの少年サミュエルが殺人事件を目撃するシーンの緊迫感など最後まで飽きさせない。

見どころは、アーミッシュの仕事(大工仕事など)を手伝った後に飲む、レモネードがとても美味しそうなシーン。現代人が忘れてしまった自然と共に生きてゆく力を教えてくれる作品です。

ビィゴ・モーテンセンのデビュー作!青春のかけらを探そう

この映画は、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作でアラゴルン役を演じた、ビィゴ・モーテンセンのデビュー作としても知られています。納屋作りの後、ランチを食べるシーンでハリソン・フォードの隣りに座っています。

ジョン・ブック(ハリソン・フォード)、ビィゴ・モーテンセン、ダニエル(アレクサンドル・ゴドウノフ)と3人並ぶ様は圧巻!3人とも、大活躍しているので当時の監督やプロデューサーの目の高さがうかがえます。

また、かわいらしさと演技力を魅せつけたアーミッシュの少年を演じたルーカス・ハースも、アカデミー賞受賞作の「レヴェナント:甦りし者」(15)で、レオナルド・デカプリオと共演しています。

古い映画はつまらない!という見方を変え、従来の警察物にはない新鮮さがあります。映画好きの原点に回帰する意味でも、観てソンはないと思います!

刑事ジョン・ブック 目撃者 感想まとめ

映画を観る楽しみの一つに、人気俳優の原点になった作品を掘り起こす瞬間があります。たった1つのシーンでも強烈な個性を発揮してしまう。それこそがビィゴ・モーテンセンの才能なのだと感じました。

この映画では、主演のハリソン・フォードをはじめ、ルーカス・ハースなどその後も活躍し続ける俳優が多く出演しています。

また、アーミッシュと刑事物という異色の組み合わせが面白く、殺人事件を忘れそうになるくらいのんびりした展開がいい。

これまで、アメリカの飲み物といえば、コーヒーかコーラという印象だったが、レモネードという優しい飲み物に癒されてしまう。一味違った刑事物を楽しみたい人はぜひ、ご覧下さい。

Amazon 映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』の商品を見てみる