モンスターパニック映画のおすすめランキング10選

B級作品から有名作まで、特におすすめできるモンスターパニック映画ランキング形式でご紹介します。

モンスターパニック映画は数多くありますが、当たり作というものはなかなかありませんよね。このランキングではストーリーや演出が特に素晴らしい作品ばかりを集めました。きっとハラハラドキドキのモンスターパニック映画の世界観を楽しめるでしょう。

第1位 遊星からの物体X

注目ポイント&見所

こちらの作品はCGによるVFXが確立していない1982年に製作された作品です。この映画の魅力的なポイントは「疑心暗鬼」です。なぜ疑心暗鬼なのかというと、この映画に出てくるモンスターは人間を吸収して、その人間の形に完全擬態できるのです。映画を観ているこちらも誰が人間に化けているのかわからないので、映画のラストまでドキドキが止まりません。また、この映画に出てくるモンスターはCGを使わず特撮によって撮影されているので、現在のCG技術に引けをとらないリアルさを感じれます。疑心暗鬼とモンスターの造形、この2つに注目して観ていただきたい作品です。

⇒遊星からの物体Xのあらすじとネタバレ感想

第2位 ザ・グリード

注目ポイント&見所

俗に言うB級映画と言われていますが、テンポ良く話が進んでいくので飽きる時間がありません。また、この映画に出てくるモンスターは、人間を丸呑みにしてゆっくり消化するという、何ともこんな死に方嫌だなと感じさせられるモンスター設定をしております。登場人物も個性豊かで、なんと言っても主人公の口癖「お次は何だ?」は耳から離れないでしょう。続編がなぜ作られないのか疑問に思うほど面白い映画です。

⇒ザ・グリードのあらすじとネタバレ感想

第3位 トレマーズ

注目ポイント&見所

B級映画と言われていますが、個性豊かなキャラクター、テンポ良く進むストーリー、モンスターの造形、全てが良くできた作品です。この映画に出てくるモンスターは銃などが効かない地中の中から人間を襲うのですが、モンスターを倒すために主人公たちがどんな手段を使うのかに注目です。少しコメディーよりですが、テンポ良くストーリーが進んでいくので気軽に見れるのもこの映画のポイント。続編が4まで出ているので、気に入った方はぜひ観ていただきたい作品です。

⇒トレマーズのあらすじとネタバレ感想

第4位 ディセント

注目ポイント&見所

アウトドア好きな女性グループが崩落がおき洞窟に閉じ込められ謎のモンスターに襲われるという設定のこちらの作品。映画の舞台がほぼ洞窟の中なので、閉塞感と謎のモンスターとがマッチして、観ているこちらも息が詰まる展開が続きます。狭いトンネルの中や壁をよじ登ったりと、女性登場人物たちのパワフルさに注目していただきたいです。続編の2も出ているのですが、こちらも洞窟が舞台です。家にいながら閉塞感が味わえるこちらの作品、気に入った方はぜひ観てください。

⇒ディセントのあらすじとネタバレ感想

第5位 スターシップ・トゥルーパーズ

注目ポイント&見所

軍隊vs地球外生命体「バグズ」の戦争を描いたこちらの作品。こちらの作品に出てくるバグズと呼ばれるモンスターは、まるで虫をモチーフにした形をしており、その種類の多さに注目していただきたいです。また、軍の基地に大量のバグズが攻め入ってくる戦闘シーンは見どころです。現在、3まで続編が製作されており、気に入った方は是非観てください。

⇒スターシップ・トゥルーパーズのあらすじとネタバレ感想

第6位 ミスト

注目ポイント&見所

主人公とその息子がショッピングモールに買い物に来たところ、ショッピングモールが濃い霧に包まれ、霧の中からおぞましいモンスターが襲ってくるこちらの作品。モンスターの造形も素晴らしいのですが、こちらの作品の魅力は、極限状態に追い込まれた人間ほど恐ろしいものはないということを上手く表現出来ている作品です。また、作品のラストも度肝を抜かれるのでぜひ観ていただきたい。

⇒ミストのあらすじとネタバレ感想

第7位 アナコンダ

注目ポイント&見所

ストーリーは、南米アマゾンに訪れた撮影隊がアナコンダに襲われるという、よくあるモンスターパニック映画。しかし、あまり知られてはいませんが撮影用にアナコンダのリアルな機械とCGをつかって撮影されているので、CGだけでは表現しきれないリアルさが伝わってきます。アナコンダが人間を一飲みにするシーンは必見です。続編が4まで続いているので、気に入った方は是非観てみては?

⇒アナコンダのあらすじとネタバレ感想

第8位 The FEAST ザ・フィースト

注目ポイント&見所

荒野のテキサスにあるバーが謎のモンスターに襲われるこちらの作品。主人公やヒロインらしき人物があっさりやられたりと、お約束展開を欺くB級映画感が非常に面白い作品です。コメディー色が強い作品ですが、派手な演出や先の読めないストーリーなど見どころは豊富です。おぞましいモンスターにどう対抗するか、主人公たちの少しズレた発想に注目していただきたい。続編も3まで製作されております。

⇒The FEAST ザ・フィーストのあらすじとネタバレ感想

第9位 エイリアン

注目ポイント&見所

1979年に製作されたこちらの作品。映画内の設定が2087年となっているが、船内ディスプレイがブラウン管など今観てみるとチープなところもありますが、それを除いても、宇宙船という逃れられない空間で未知のモンスターに襲われるという設定は非常に観ていて面白いです。船内の乗組員の胸からエイリアンが飛び出てくるシーンは目から離れないでしょう。また1の前日譚であるプロメテウスと続編も4まで出ており、気に入った方は是非観ていただきたい。

⇒エイリアンのあらすじとネタバレ感想

第10位 ザ・フライ

注目ポイント&見所

「蠅男の恐怖」のリメイク作品。物体転送の実験の最中に誤ってハエの遺伝子をその体に取り込んでしまった主人公。驚異的な身体能力を得て最初は喜んでいた主人公ですが、徐々に肉体が崩壊していき、おぞましいハエの姿に近づいていく過程に是非注目して観ていただきたい作品です。また、2も製作されており、前作よりも更にスケールアップしているので、気に入った方は是非観てください。

⇒ザ・フライのあらすじとネタバレ感想

まとめ

どの映画も比較的古い作品ですが、現在のCG技術に引けをとらない作品ばかり集めました。続編が出ている作品が多いですが、どの作品も前作と変わらず面白い作品ばかりです。演出、ストーリー、モンスター、どのような点が変わっているのか、前作と比較してみるといっそう楽しめると思いますよ。

関連ランキング

⇒ランキング一覧はこちら