映画『森のリトル・ギャング』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「森のリトル・ギャング」のネタバレあらすじ結末

森のリトル・ギャングの概要:アライグマのRJはアメリカグマのヴィンセントから食料を盗もうとした。しかし、途中で見つかってしまい、食料をダメにしてしまう。怒ったヴィンセントは、1週間以内に食料を集めてこいとRJを脅した。

森のリトル・ギャングの作品概要

森のリトル・ギャング

公開日:2006年
上映時間:84分
ジャンル:コメディ、アニメ、アドベンチャー
監督:ティム・ジョンソン、キャリー・カークパトリック
キャスト:ブルース・ウィリス、ギャリー・シャンドリング、スティーヴ・カレル、ワンダ・サイクス etc

森のリトル・ギャングの登場人物(キャスト)

RJ(ブルース・ウィリス)
アライグマ。口が上手く、嘘が得意。ジャンク・フードが大好き。
ヴァーン(ギャリー・シャンドリング)
ハコガメ。思慮深く心配性。
ハミー(スティーヴ・カレル)
リス。お調子者。
ステラ(ワンダ・サイクス)
スカンク。臭いおならを出すことを気にしており、恋にも消極的。
ヴィンセント(ニック・ノルティ)
アメリカグマ。凶暴な性格。
グラディス・シャープ(アリソン・ジャニー)
ヒト。垣根を挟んで、森の反対側に暮らす住人。RJ達に食料を狙われる。
ドウェイン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)
ヒト。害虫駆除業者。

森のリトル・ギャングのネタバレあらすじ

映画『森のリトル・ギャング』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

森のリトル・ギャングのあらすじ【起】

アライグマのRJは、自動販売機からお菓子を盗み出そうとしたが失敗する。仕方なく夜の闇に紛れて、アメリカグマのヴィンセントの寝床に忍び込み、蓄えてあったジャンク・フードを奪った。しかし、欲を出し過ぎた為、ヴィンセントに気付かれてしまう。しかも、奪ったジャンク・フードが崖から滑り落ちてしまい、車に轢かれて粉々になってしまう。怒ったヴィンセントは、1週間以内にジャンク・フードを集めてくることをRJに約束させる。

春になり、動物達が冬眠から目を覚ました。冬に食料を食べ尽くしてしまった為、リスのハミーは真っ先に木の実を探しに行った。しかし、不気味な物を見つけたと言って戻ってきた。それは、端が見えないほどの巨大な垣根だった。動物達は初めて見る垣根に怯えていた。その時、垣根の反対側から声が聞こえた為、ハコガメのヴァーンが勇気を出して偵察に向かった。

ヴァーンが足を踏み入れたのは、グラディスという女性の家の庭だった。しかし、何も知らないヴァーンは、初めて見る光景に怯えてしまう。そして、動き回っている内に、おもちゃや自転車に弾かれ、皆の元へと飛ばされる。ヴァーンは今見た恐ろしい光景をハミー達に話して、冬眠前にはあった木々が無くなっていることを伝えた。ヴァーン達が悲しんでいると、彼らの様子を一部始終見ていたRJが声を掛ける。

RJはヴァーン達に、森が人間達の手によって開拓されたことを説明した。そして、一緒に人間の食糧を奪うことを提案する。ヴァーンは危険だと反対するが、RJはハミー達にチップスを配って買収した。

森のリトル・ギャングのあらすじ【承】

RJはヴァーン達を連れて、庭に足を踏み入れた。そして、一先ずの食料として 庭にあったゴミ箱の残飯を漁った。そこに、グラディスの飼い猫が現れる。飼い猫はRJ達を見つけると騒ぎ出した為、グラディスに見つかり追いかけられてしまう。ヴァーン達は何とか逃げ切るが、RJを非難して寝床へと戻って行った。

RJはヴィンセントに食べられてしまう夢を見て、魘されながら目を覚ました。すると、垣根の向こう側にいる子供が、お菓子が載った荷車を引いているところを目撃する。RJは苦労して食糧を探しているヴァーン達の元へ行き、手伝わせて欲しいと申し出た。そして、ヴァーン達が家族として寄り添っている姿を見て感動したことを伝えて、亡くなった家族を思い出したと泣き落とした。ハミー達は見事に騙され、ヴァーンも仕方なくRJを受け入れる。RJはコロッと元気になると、ハミーを連れて子供のお菓子を奪いに向かった。

RJはハミーに狂犬病に感染したリスの役をやらせて、子供達の元へ送り込んだ。すると、子供達は騒ぎ出して、ハミーをやっつけようとした。それを見たヴァーンは、助けに向かう。しかし、道路を渡る時に車に跳ねられ、子供の顔面に張り付いてしまう。子供達は悲鳴を上げ、ヴァーンを叩き落として逃げた。その隙に、RJ達はお菓子を手に入れる。

森のリトル・ギャングのあらすじ【転】

RJ達はその後も皆で力を合わせて人間達から食料を奪った。その為、街は荒れ果て、害虫駆除業者のドゥエインが呼ばれた。その頃、ハミー達はRJを家族として受け入れ、家をプレゼントしていた。だが、それを見たヴァーンは、RJに居場所を奪われたように感じて1人で落ち込んでいた。

RJはハミー達を裏切っていることに罪の意識を感じ始めていた。その為、ジャンク・フードをヴィンセントに渡さないと殺されると自分に言い聞かせた。しかし、ヴァーンが人間の怒りを鎮める為に、勝手に食料を持ち出してしまう。RJは慌ててヴァーンの後を追いかけるが、グラディスの犬に繋がれていた鎖を引っ掛けて外してしまい、RJとヴァーンは追いかけ回される。何とか犬から逃げきるが、食料が木端微塵に吹き飛んでしまう。

食料が無くなり、ヴァーンはハミー達と喧嘩してしまう。それを見て、RJは心苦しくなるが何も言えなかった。しかも、RJとヴィンセントの約束の日は明日に迫っており、何も用意できておらず途方に暮れる。

RJはグラディスの家の庭に、ドゥエインが恐ろしい害虫駆除の仕掛けを設置しているのを見てしまい恐怖に震える。その時、ヴァーンに声を掛けられ、2人で話し合うことになる。お互いの胸の内を話して2人は仲直りするが、RJがヴィンセントのことを話そうとした時、グラディスの家に大量のジャンク・フードが運ばれるのが見えた。

森のリトル・ギャングのあらすじ【結】

ヴァーンはハミー達と仲直りをして、RJの作戦の元、食料を奪う計画を立てる。スカンクのステラの毛を整え、美しい黒猫の姿に変身させた。そして、グラディスの飼い猫を誘惑して、クビに付いている鍵を奪った。その鍵を使って、RJ達は家の中に侵入した。冷蔵庫の中に入っていた食べ物を皆で協力して運び出す。しかし、RJはヴィンセントに渡す為のスナック菓子を取ろうとして、大きな音を立ててしまう。グラディスに見つかり、RJ以外の動物達が捕まってしまう。

ヴァーン達は籠に入れられ、RJに裏切られたショックに落ち込んでいた。RJはヴィンセントにジャンク・フードを持って行くが、ヴァーン達が車に入れられて運ばれて行くのを見てしまう。RJは彼らを助ける決心をして、ジャンク・フードが載った荷車を崖から落として車を止めた。RJは車に飛び乗り、ヴァーン達に危険を知らせようとするが窓が分厚くて声が届かない。ヴィンセントが追い付いてしまい、彼が飛び乗った振動で車が暴走してしまう。そして、グラディスの家に突っ込んでしまう。

RJ達は垣根の森側に逃げたが、ヴィンセントが現れる。反対側ではドゥエインとグラディスが待ち構えており、RJ達は垣根の中を逃げ惑った。その時、RJとヴァーンはハミーの俊足を利用することを思いつく。ハミーは一瞬の内にグラディスの庭の装置を起動させた。そして、RJを囮にして、ヴィンセントを庭に誘い込んだ。装置は無事に起動して、ヴィンセント達は檻の中に閉じ込められた。

ヴァーンは、家族は助け合うものだと声を掛け、RJを家族の輪の中に招き入れた。それを聞いたハミー達は、新たに加わった家族を抱きしめ喜び合った。

Amazon 映画『森のリトル・ギャング』の商品を見てみる