映画『母なる証明』あらすじとネタバレ感想

母なる証明の概要:2009年の韓国映画。日本でも韓流ブームの火付け役となった四天王の1人、ウォン・ビン主演による知的障害者の息子の事件を描いた社会的問題作である。

母なる証明 あらすじ

母なる証明
映画『母なる証明』のあらすじを紹介します。

とある静かな街。
ここで漢方を売りながら鍼治療をして、細々と暮らしている母と息子トジュン(ウォン・ビン)がいた。
息子には知的障害があり、難しい話は理解できなかった。
ただ小さい頃から母親にバカと言われたらやり返せと教え込まれていたため、その言葉だけは許せずきれてしまっていた。

ある夜、トジュンが酒を飲み帰宅している途中に、女子高生のアジョンが歩いているのを見かけた。
翌日、アジョンが他殺体で発見され、目撃証言からトジュンが逮捕されてしまう。
息子を信じ溺愛している母は、無実を証明するために独自で捜査を開始。
調べていくとアジョンは援助交際をしていたことが判明する。

そしてアジョンの携帯を彼女の祖母から借りた母は、トジュンが思い出したという記憶に残る男性の写真を発見した。
それは町外れの廃品回収業のおじいさんだった。
ボランティアを装い、男性のもとへ向かった母。
そこで衝撃的な事実を聞かされる。

事件の夜、アジョンに声をかけたトジュンは、彼女からバカと暴言をはかれ石を投げられた。そこでかっとなったトジュンが石を頭に投げつけたのだという。
その事実にショックをうけた母は男性を撲殺し、家に火をつける。

やがて真犯人だと警察が判断した人物が逮捕された。
本当は違うと知りながらも何も言わない母。

その後何ごともなく過ごし、町内の慰安旅行に出かける母の見送りにきたトジュンは焼け焦げた母の商売道具でもある鍼治療の道具を渡す。
廃品業者の男性の家の焼け跡から拾ったのだという。
動揺を隠せない母だったが、バスの中で全ての嫌な記憶を忘れるツボを針で刺すのだった。

母なる証明 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:129分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:ポン・ジュノ
  • キャスト:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン etc

母なる証明 ネタバレ批評

映画『母なる証明』について、感想批評です。※ネタバレあり

暗く重いテーマ

全体的に映像が暗い映画である。
韓国映画のサスペンスは比較的暗いものが多く、俳優の心情をうまく描いていることが多い。
本作もその手法で撮影されていて、知的障害のある息子を溺愛するがあまり間違った方向に進んでいく母親の運命を重く、暗く描いている。
母の愛情深い物語にはなっているがこれが本当に親として正しいのかを考えさせられる作品であり、韓国でも社会問題作として扱われている。
このジャンルの映画は韓国のお得意分野とも言える。
このような薄暗い心の闇はリアルで、よりミステリアスに展開させるのは非常に上手い国である。

衝撃的なラスト

ドラマでは何度か「嫌なことを忘れるツボ」という鍼治療の話が出てくる。
息子が犯人だと聞いて男性を殺してしまった母親が、息子に鍼道具を渡され動揺した結果そのツボに鍼をさすというラスト。
真犯人まで冤罪で逮捕させておいて、事実を言わない母。
その嘘に一生苦しまないといけない大きすぎる過ちを、彼女は忘れるという選択肢を選んでしまった。
あまりに罪が重く、あまりに身勝手なラストシーンに憤りを感じてしまった。

トジュンは気がついていたのか?

男性の家の焼け跡で母親の鍼道具を見つけたトジュンだったが、本当は気がついているのかいないのかわからないラストシーン。
気がついていたら殺人のことも覚えているだろう。
本当の彼の頭の中を思わず疑ってしまうような内容であり、何が本当だったのかわからない構成となっている。
そこが見ていてミステリアスであり、心に重くのしかかる。
最後は鑑賞者が決めてくれと言わんばかりのラストは、すかっとしない後味の悪いものである。
もう1度は見たくない部類の映画であった。

母なる証明 感想まとめ

近年、日本も含めアジアの映画界が注目されている。
大胆でスケールの大きい映画を製作する欧米に比べ、心情に敏感で人情味のある映画を制作するアジアの魅力が最近話題となっているからである。
四季があり小さいながらも彩鮮やかな国で制作された映画は趣があり、人を軸にした映画を作りやすい。
国土がない分、登場人物の内面をより丁寧に描くことができるのかもしれない。
本作はたまたまテーマが重くサスペンス風味の映画であったが、心情をゆっくり丁寧に映画いていることでより不安感や恐怖感を覚えさせられた。
身近では考えにくい事件ではあるが、そのくせリアルである。
ウォン・ビンのさすがの演技力がなお一層ドラマティカルにしていることもあり、流行りの韓流映画とは一味違う本物となっている。

Amazon 映画『母なる証明』の商品を見てみる