映画『流されて…』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『流されて…』のネタバレあらすじ結末

流されて…の概要:ブルジョア夫人にこき使われていたヨットの船員は、彼女と2人きりで無人島に漂流し、いつのまにか熱烈に愛し合うようになる。唖然とするほどわがままで高慢ちきだったブルジョア夫人の変化が見もの。1974年公開のイタリア映画。

流されて…の作品概要

流されて…

公開日:1974年
上映時間:116分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、コメディ
監督:リナ・ウェルトミューラー
キャスト:ジャンカルロ・ジャンニーニ、マリアンジェラ・メラート、エロス・パーニ、リカルド・サルヴィーノ etc

流されて…の登場人物(キャスト)

ラファエラ・パヴォーネ・ランツェッティ(マリアンジェラ・メラート)
ブルジョア夫人。何でも自分の思い通りにならないと気が済まないわがままな女で、常に悪態をついている。ジェナリーノと無人島に漂流し、従順な女に調教される。
ジェナリーノ・カルンキオ(ジャンカルロ・ジャンニーニ)
ラファエラたちブルジョア階級の一行が貸し切ったヨットの船員。使用人なので、ヨットではラファエラのわがままを我慢していたが、無人島では暴君と化す。

流されて…のネタバレあらすじ

映画『流されて…』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

流されて…のあらすじ【起】

1970年頃のイタリアの地中海。ラファエラたちブルジョア階級の一行は、大型ヨットを貸し切り、美しい地中海でのバカンスを楽しんでいた。ラファエラの夫はかなりの資産家で、妻にも贅沢三昧のわがままを許している。もともと気の強いラファエラは、怖いものなしの暴君となり、誰に対しても高飛車な態度を取る。

ヨットの船員をしている労働者のジェナリーノは、ラファエラのわがままに振り回され、散々こき使われる。できることなら一発ぶん殴ってやりたいと思っていたが、使用人の身分なのでじっと我慢し、彼女の悪態に耐えていた。

ある晩、カード賭博をしていて夜更かししたラファエラは、翌日の夕方頃起きてきて、海水浴へ行きたいと言い出す。ジェナリーノは、風も強いし、すぐに日がくれるのでやめたほうがいいと忠告するが、ラファエラは聞く耳を持たない。ジェナリーノは仕方なく、小型のゴムボートで、彼女と海へ出る。

ところが、海の真ん中でエンジンが故障してしまい、ボートはどんどん流されてしまう。必死でエンジンを修理するジェナリーノに、ラファエラは相変わらず悪態ばかりついていた。その日はエンジンが直らず、2人はボートの上で一夜を明かす。

流されて…のあらすじ【承】

翌朝、ジェナリーノは再びエンジンと格闘する。ラファエラはそのうち助けが来るとこの状況を楽観視していたが、助けは一向に現れない。ようやくエンジンがかかったが、進むべき方向が全くわからず、最後にはガソリンが尽きてしまう。

3日目。2人は陸地を発見し、そこへ上陸する。しかし上陸の際にゴムボートはダメになってしまった。ジェナリーノは岩場に登り、島全体をくまなく見て、ここが無人島であることを確認する。しかしラファエラはそれを信じず、ジェナリーノのことを“役立たずのウスノロバカだ”と罵る。ついにジェナリーノの怒りは爆発し、ラファエラを放って、どこかへ行ってしまう。

ジェナリーノはひとりで島を歩き、小さな漁師小屋を見つける。そこにあった道具を使い、食料や水を調達し、火を起こして食事を始める。空腹のラファエラは、金を払うから食料を売ってくれと申し出るが、ジェナリーノは彼女を突き放す。“食べ物が欲しければ働け”と言われ、ラファエラは嫌々ながら、ジェナリーノに従う。

ジェナリーノは今までの仕返しに、ラファエラをいたぶり始める。金などなんの役にも立たない無人島では、2人の立場が完全に逆転する。ジェナリーノは完全に暴君と化し、暴力でラファエラを支配していく。

流されて…のあらすじ【転】

生きていくために服従していたラファエラも、体を求められた時は激しく抵抗する。しかし結局ジェナリーノに無理矢理犯され、2人は男女の関係となる。ジェナリーノは、ラファエラの全てを支配したいと思うようになっていた。

最初こそ嫌がっていたラファエラだったが、すぐにジェナリーノの野生的なたくましさの虜となり、本気で彼を愛するようになっていく。ジェナリーノも、そんなラファエラが可愛くて仕方なくなり、2人は熱烈に愛し合うようになる。

そんなある日、砂浜を歩いていたラファエラは、沖に船を発見する。しかし彼女は助けを呼ばずに身を隠し、ジェナリーノのもとへ走る。彼女は今の幸せを終わらせたくないと本気で思っていた。ジェナリーノは、彼女への愛が深くなればなるほど、この愛が本物だという証拠が欲しくなる。

再び沖に船がやって来た時、ジェナリーノは砂浜で火を炊き、助けを求める。ラファエラは帰りたくないとごねていたが、ジェナリーノは、彼女が何もかも捨てて自分のところへ戻ってくると信じていた。2人はその船に救出され、港へ帰る。ラファエラの夫は、ヘリコプターをチャーターして、船へ駆けつける。ラファエラの夫は、妻を守ってくれたジェナリーノに感謝していた。

流されて…のあらすじ【結】

港には、夫の帰りを待ちわびていたジェナリーノの妻も来る。ラファエラは、ジェナリーノに抱きついて歓喜している妻の姿を、寂しそうに見つめていた。

ラファエラの夫は、謝礼として100万リラという大金をジェナリーノの妻に渡していた。ジェナリーノは、勝手に金を受け取った妻を叱責し、その金で高価な指輪を買う。

港の高級ホテルにいたラファエラは、ジェナリーノから電話をもらう。ジェナリーノは、30分後に出航する船で、あの島まで運んでもらえることになったから、船まで来て欲しいとラファエラに伝える。

電話を切ったラファエラに、見知らぬ子供がバラの花と指輪を届けにくる。それはジェナリーノからのプロポーズだった。ラファエラは苦悩の表情を浮かべ、涙を流していた。

船の前でラファエラを待っていたジェナリーノに、さっきの子供がラファエラからの手紙を渡しにくる。それを読んだジェナリーノは、急いで埠頭の先まで走る。そこには、夫とともにヘリコプターに乗ったラファエラの姿があった。無人島を離れたラファエラは、ブルジョア夫人に戻る決意をしたのだった。

ジェナリーノは絶望し、自殺まで考えるが、結局は自分も妻と子供のいる家へ帰ることにする。

Amazon 映画『流されて…』の商品を見てみる